scroll

[生産完了] Oplab
From MIDI to CV to USB. All scenarios covered.

製品の説明

MIDIもCVもUSBも。自由な発想で拡張できる、音楽実験ボード。

Oplabはあらゆるタイプの電子楽器と音楽ソフトウェアを接続する音楽の実験用ボードです。もう、MIDI、CV、USBそれぞれに別々のインターフェースを用意する必要はありません。それぞれの端子に合うケーブルを接続して、様々なデバイスをOplabでシンクさせましょう。

 

Oplabには以下のポートが装備されています。

  • 2 x USB ホスト・ポート
  • 1 x USB デバイス・ポート
  • 2 x CV入力またはアナログ入力
  • 2 x CV出力またはアナログ出力
  • MIDI In / Out / Thru
  • Sync 24
  • プログラム選択スイッチ

 

20150330_te_oplab1_300

 

ドラムパッドからiPadまで。

20150330_te_oplab_drumpadOplabにはUSBホスト・ポートが2つと、mini USBデバイスポートが1つ装備されています。USB経由でMIDIを送信するiPadなどのモバイル・デバイスやコンピューターは、Oplab経由でトリガー信号を送信したり、シンセサイザーのスレーブになったりします。

MIDIからCVの簡単なコンバージョン、303と606などのRoland SYNCも使えます。 
 

ライトをお願い。

20150330_te_oplab_lightbulb2 x 12 bitのスイッチ可能なデジタル入力と出力には、ライト、LED、ブザー、モーター、センサーなど、楽器ではないものを相互に接続することができます。これらのデバイスが、音楽とシーケンサーからのMIDIデータでコントロールできるなんて、夢がひろがります。 

 

 

 

インストゥルメンタル・ジャンク?

「まわりに転がっているおもちゃや部品をつないで、電子楽器とシンクさせてみたい。」と思ったことはありませんか?壊れたハードディスクを分解して接続、スクラッチパッドにしてしまう。マウスを接続して、ピッチベンダーにする、など。音楽を演奏するデバイスが、楽器以外にもひろがります。

20150330_te_oplab4_1280

 

オリジナル・シンセを作ろう。

20150330_te_oplab_own-synthノブ、Pot(ポテンショメータ)、LEDを繋いで、ちょっとしたプログラミングのスキルがあれば、Oplabを中心に、オリジナルのMIDI入出力付き「発音マシン」を作ることができます。開発キットは近日リリース予定です。

 

もちろんOP-1も。

Oplabは、もちろんOP-1の良き相棒です。MIDI IN, OUT, THRUを使って外部の鍵盤から演奏することはもちろん、大切なOP-1ユーザーにもっと喜んで貰うために、クールな機能を「アンロック」するOP-1 OSのアップデートも予定されています。

 

20150330_te_oplab3_1280

 

デモビデオ

Overview

Oplabの各端子の名称と基本的な接続を解説します。

 

Sensors

発売予定のTap、Flip、Pokeセンサーの使い方。

 

Triggers

キッチンの道具でドラムマシンを鳴らしたり、金属のテープで木琴を作ります。

 

Sensors 202

オフィスによくある素材でリボンコントローラーを作り、シンセサイザーを演奏します。

 

Human Rhythm Composer

Oplabはどんな物体でもMIDIの楽器に変えます。友達がドラムキットになったり、ソーセージを木琴にしたり?

 

仕様・動作環境

20150330_te_oplab_oplab-new-slide1s

端子

  • 2 x USB ホスト・ポート
  • 1 x USB デバイス・ポート
  • 2 x CV入力またはアナログ入力
  • 2 x CV出力またはアナログ出力
  • MIDI In / Out / Thru
  • Sync 24
  • プログラム選択スイッチ

寸法

  • W 92 X H 92 X D 20(mm)
  • 取り付け穴の中心から中心まで、82 x 82(mm)
TOPへ
Exact matches only
タイトルを検索
本文を検索
製品をさがす
Search in pages
ブランド名
コンテンツ
ソリューション提案
サポート情報