scroll

VisLM-H 2 Loudness Meter
True Loudness Metering

製品の説明

 デジタル放送の普及にともない大きな問題となってきたチャンネル、番組、CM、放送素材間による音量差。そこで問題となるのは、デジタル信号のピーク値ではなく、人が「うるさい」と感じる音量に近いラウドネス値です。そんな問題に対応するため、デジタル放送で許容されるラウドネス値を標準化し、放送時の音量感を統一しているのが、いわゆるラウドネス基準です。

VisLM-H 2 Loudness Meter は、日本のARIB TR-B32、NAB T032の準拠するITU-R BS.1770-2の他、EBU R128、ATSCなど様々な規準に準拠、世界中の放送局、ポストプロダクションを中心に導入されているDAW用のラウドネス・メーターです。


 Vis-LM-H2の新機能

メーター表示の自由なカスタマイズ

VisLM-H 2では、表示のカスタマイズとサイズ変更機能が強化され、ユーザーのニーズにあった表示をカスタムで設定することが可能になりました。

  • プログラム・ラウドネス、ショートターム、モーメンタリー、LRAを一つの画面で表示。
  • ラウドネスの推移とトゥルー・ピークのクリップ履歴を確認するヒストリー表示。
  • タイムコードにそってヒストリーをズーム/スクロール可能に。
    ラウドネス「マクロ」オーバービュー。簡単にサマリーを表示するウィンドウ。
  • ラウドネス値の数値またはグラフ表示。
  • モーメンタリーとショートタームのメーターのバーを入替可能に。

ReMEM
リライタブル・メモリー・エディット・モードVisLM-H_ReMEM

このReMEMモードは、プログラム全体のラウドネスの推移を、最大12時間まで、タイムコードとともにプラグイン内に保存するので、部分的に編集した部分だけを再計測すれば、プログラム全体のラウドネス値を瞬時に再表示します。今までは編集を加えるたびにプログラム全体を再計測する必要がありましたが、このReMEM機能の追加により、ラウドネス計測にかかる時間を驚異的に短縮することが可能になりました。

このビデオ(英語)では、ReMEMモードでラウドネス値をオーバーダブ計測する方法を解説しています。


 400ms 平均値を示すモーメンタリー・ラウドネス、3 秒間の平均値を示すショートターム・ラウドネス、無音部分による平均値の誤認識をゲートで回避したうえで、測定期間全体の平均値を示すインテグレーテッド・ラウドネス、プログラム全体の主な振れ幅を示すラウドネス・レンジを表示します。また、サンプル間のピークまで表示するトゥルー・ピーク・メーター、ヒストリーの表示、ログの書き出しにも対応しています。

VisLM Loudness MeterはMac/WindowsのAU/VST/RTAS/AudioSuiteプラグインとしても、WindowsまたはMac OS Xでスタンドアローンのアプリケーションとしても動作する(IntelMac、VisLM-Hのみ)ので、DAWで作業するポスト・プロダクションの現場、放映時に規準をクリアするために行われるレベル操作を避けたいコンテンツ・クリエイターまで、広範囲な制作プロセスの標準化に欠かせないツールとなるでしょう。

7.1サラウンドの計測に対応

ゲーム業界のラウドネス管理の要望に応えるべく、VisLMラウドネスメーターが7.1サラウンドのラウドネス計測に対応、Xbox® One consoleとPlayStation向けコンテンツのリファレンスとなっているAudio Standards Working Group (ASWG)の基準を満たしています。この新バージョン1.7では、7.1chのサポートに加えて、最新のVisLMはVST3プラグインにも対応、スタンドアローン・モードでのルーティングが改善されています。

特徴

主な仕様

  • 日本のARIB TR-B32、NAB T032の準拠するITU-R BS.1770-2の他、EBU R128、ATSC A/85(CALM Act)OP-59、AGCOM 219/9/CSP、Portaria 354、DPPなど、多くのモードを用意。今後の各国規準設定時も、アップデートで対応予定。
  • NEW  映画の予告篇製作等で規定されているLeq(m)測定にも対応。
  • 400ms 平均値を示すモーメンタリー・ラウドネス・メーターの表示。
  • 3 秒間の平均値を示す、ショートターム・ラウドネス値の表示。
  • プレイ/ ポーズ・ボタンで指定した測定期間全体の平均値を示すインテグレーテッド・ラウドネス値の表示。
  • NEW  ReMEM(リライタブル・メモリー・エディット・モード)の搭載により、編集した部分を再計測するだけで、プログラム全体のラウドネス値を再計算。
  • NEW  メーター表示の自由なカスタマイズ機能。長尺のプログラム全体のラウドネス推移も容易に確認が可能に。
  • NEW  オフラインのラウドネス計測結果を、リアルタイムメーターに読み込み可能に。
  • 無音部分による平均値の誤認識を回避するゲートも、ITU-R、EBU各モードに対応。
  • サンプル間のピークも逃さずに表示する、トゥルー・ピーク・メーター。
  • -24LKFS 以上が10 秒継続した時、-60LU 以下が30 秒継続した時など、自由に設定可能なアラート表示。
  • 絶対値(LUFS)、相対値(-23 LUFS = 0LU など)による表示を切り替え可能。
  • 30 秒から12 時間までズーム変更可能なラウドネス・ヒストリー・ディスプレイ。
  • 表計算ソフト等でインポートできる.CSV ログ・データを書き出し可能。
  • -1dBTPを超えたチャンネル名等アラートの書き出しも可能。
  • モノラルから5.1、ゲームのコンテンツ制作用に7.1まで対応。
  • リアルタイム処理のAU/RTAS/VST/AAX Nativeの他、ファイル単位で処理できるAudioSuite にも対応。
  • DAW上のプラグインと同様に、スタンドアローンのアプリケーションでもリアルタイム計測が可能。(要CoreAudio(Mac)、ASIO(Windows)対応オーディオ・インターフェイス)

VisLM-H 2

通常価格
¥58,212

VisLM-H 2 with DSP extension

通常価格
¥71,172

仕様・動作環境

NuGen Audio プラグイン・エフェクト動作環境

  • Mac OS X 10.7-10.11
  • Windows 7-10
  • CPU – Intel Core Duo 1.66GHz以上
  • AU、VST(2.4/3)、AAX Native & AudioSuite(LM-CorrectはAudioSuiteのみ)、RTAS(Pro Tools 10)スタンドアローン*
  • *スタンドアローン対応: VisLM-H、LM-Correct
  • VisLM-H DSP、Halo Upmix: 要iLok2 USB Smart Key(別売)および接続用のUSBポート×1基
  • 他の製品はハードディスク/iLok2からオーサライズの選択が可能

その他、基本的な動作環境は、各ホスト・アプリケーションの動作環境に準じます。本製品をご使用いただくにはインターネット接続環境が必要です(インストーラのダウンロード、およびオーサライズ時)。製品の仕様・動作環境、および価格は、予告無く変更となる場合があります。

 

VisLM-H 2

通常価格
¥58,212

VisLM-H 2 with DSP extension

通常価格
¥71,172

TOPへ