scroll

LM-Correct 2
Automatic quick-fix compliance

製品の説明

LM-Correct 2はAvid ProTools、Media Composerで動作するAudioSuiteと、スタンドアーローンでのファイル・ベース処理に対応したプラグインです。

モノ〜7.1chサラウンドのオーディオ・リージョンのラウドネス値を瞬時に解析し、ARIB TR-B32、EBU R128、ITU-R B.S 1770-2などの国際規格に合わせたラウドネスレベルのファイルを自動的に生成します。VisLM-H 2などのラウドネス・メータープラグインと合わせて使用することで、ラウドネス管理の精度が向上し、作業時間の短縮にもつながります。


LM-Correct 2の新機能

dynapt5a-circle2015年4月に発表されたLM-Correctのバージョン2では、7.1chサラウンドまでのラウドネス計測と補正に対応、ダイアログ・ゲート機能が追加されました。

さらに、LM-Correct DynApt Extensionを追加することで、例えば、ダイナミックレンジの非常に大きい映画のオーディオトラックを、送出するメディアに合わせて、自動で最適化、単にラウドネス値だけをターゲットに合わせるのではなく、自然な結果を得ることが可能になります。

DynAptアルゴリズムはオーディオ・トラック全体を解析し、トランザクションを解析、ダイアログのあるセクションを特定します。そのあと最新のレベル・ライディング・アルゴリズムを使ってダイアログの明瞭度を確保しながら、ダイナミクスを圧縮、トランザクションも保持します。さらに特定の最大LRA、プログラムの平均ラウドネスなど、ラウドネスのターゲットにも自動的に合わせることができます。


 Pro ToolsやMedia Composer上での使用に加え、LM-Correctはスタンドアローンのアプリケーションとしても動作します。コンピューターやサーバーにあるモノ〜7.1chまでのオーディオ・ファイルを解析、必要な平均ラウドネス値に補正したファイルを生成することが可能です。

LM-Correctは最終段階のセーフティネットとしての役割も果たします。完成したファイルに、ラウドネス仕様を満たさないエラーが発見された場合、これをその場で補正することができます。

LM-Correctを使用することで、現在のプロジェクトやエディット環境を離れることなくオーディオの測定や補正を行うことができます。モノ、ステレオ、マルチ・チャンネルを問わず、高速なラウドネス処理が可能です。

特徴

  • ファイルベースで正確にラウドネス値を分析/補正
  • ラウドネス値分析にかかる時間を大幅に短縮
  • トゥルー・ピーク値の計測とリミッティング
  • NEW モノ/ステレオ/5.1/7.1チャンネルサラウンドに対応
  • ARIB TR-B32、EBU R128、ITU-R B.S 1770-2、ATSC A/85国際基準に対応
  • NEW  映画の予告篇製作等で規定されているLeq(m)測定にも対応
  • ターゲットのインテグレーテッド・ラウドネス値、トゥルー・ピーク値は任意に数値を入力して指定可能
  • AudioSuiteおよびスタンドアローン・アプリケーションとして使用可能
  • NEW LM-Correct DynApt Extensionを追加することで、送出メディアにあわせて自然なダイナミクスの変化で求めるラウドネス値に合わせることが可能に

 

LM-Correct 2

通常価格
¥51,732

特価 : ¥38,799

LM-Correct 2 DynApt Extension

通常価格
¥38,772

特価 : ¥29,079

仕様・動作環境

NuGen Audio プラグイン・エフェクト動作環境

  • Mac OS X 10.7-10.12
  • Windows 7-10
  • CPU – Intel Core Duo 1.66GHz以上
  • AU、VST(2.4/3)、AAX Native & AudioSuite(LM-CorrectはAudioSuiteのみ)、RTAS(Pro Tools 10)スタンドアローン*
  • *スタンドアローン対応: VisLM-H、LM-Correct
  • VisLM-H DSP、Halo Upmix: 要iLok2 USB Smart Key(別売)および接続用のUSBポート×1基
  • 他の製品はハードディスク/iLok2からオーサライズの選択が可能

その他、基本的な動作環境は、各ホスト・アプリケーションの動作環境に準じます。本製品をご使用いただくにはインターネット接続環境が必要です(インストーラのダウンロード、およびオーサライズ時)。製品の仕様・動作環境、および価格は、予告無く変更となる場合があります。

 

LM-Correct: スタンドアローン、AudioSuiteのみ対応

 旧バージョンとの機能比較

  LM-Correct LM-Correct 2
平均ラウドネス値の計測/修正 O O
世界各国の基準に合わせたプリセット O O
モメンタリー最大値の計測/修正 (Linear Offset) O O
シュートターム最大値の計測/修正 (Linear Offset) O O
トゥルー・ピークの計測/修正 O O
1クリックで計測 O O
1クリックで補正 O O
モメンタリー最大値の計測/修正 (Dynamic correction) X O
シュートターム最大値の計測/修正 (Dynamic correction) X O
1 クリックで計測と補正 X O
LRAの計測と補正(*DynAptオプションが必要)  X O
EBU R128 S1サポート X O
ゲーム用のオーディオ (ASWG 7.1サラウンド) X O
インターフェイスの最小化 X O
インターフェイスの拡張 X O
オプション・パネル X O
テキスト・ファイルでのログ書き出し X O

LM-Correct 2

通常価格
¥51,732

特価 : ¥38,799

LM-Correct 2 DynApt Extension

通常価格
¥38,772

特価 : ¥29,079

TOPへ
Exact matches only
タイトルを検索
本文を検索
製品をさがす
Search in pages
ブランド名
コンテンツ
ソリューション提案
サポート情報