scroll

Pianoteq Add-ons
ピアノだけに留まらない、アドオン拡張音源

製品の説明

Pianoteq はアコースティック・ピアノだけではなく、Rhodes、Wurlitzer、Clavinetといったエレクトリック・ピアノやヴィブラフォンも再現する事が可能です。

これらは単純にパラメーターを変えて”似た音色”に仕上げたのではなく、新たに開発された専用モデルにより、アコースティック・ピアノ同様、ハンマーやマレット、共鳴板・共鳴管といった各部のふるまいをモデリングした、全く新しい音源として作られています。

アド・オンを有効にするには、オンラインストアでライセンスを購入し、Pianoteq にライセンスを入れるだけと手軽です。ライセンス購入前でも、Pianoteq を起動するだけで新たにインストールなどを行わずに数分間デモ・モードで試奏できますので、音・演奏感をじっくり確認する事が出来ます。デモ・モードはPianoteqを起動する度に再度お試しいただけます。

 

Add-onオプション

 

Harpsichords Hans Ruckers II add-on

Ruckers家によって製作されたハープシコードは、一家の楽器の音色に関する深い造詣が反映され、その優れた音質で称讃を集めました。これはバイオリンにおけるストラディバリウスに匹敵するといっても過言ではありません。Pianoteq Ruckers IIは、Matthias Griewischによって再現された実際のHans Ruckers II le Jeune (1624)ハープシコードをベースに再現されたPianoteq拡張音源です。元になった楽器の製作者はJoannes Ruckersとして知られ、Hans Ruckersの二人の息子のうち、一家の楽器制作の技術を受け継いだ一人でもあります。この音源ではオリジナルの楽器の音域をオクターブ半から6オクターブ半へ広げています。そして現実世界ではほとんど不可能ともいえる鍵盤構成、下段8’、上段8’そして4’の3段に拡張。さらにサステインペダル、バフ・ストップ・ペダルに加え、ストリングに触れる度合いを調整してミュート音やノイズの響きを作りだすバスーン・ペダルを搭載しています。

Model B grand piano

世界的な巨匠 マリア・マルタ・アルゲリッチが2014年7月9日にSteinway ハンブルグ工場にて選出し、サインを施した特別な25台のModel B-211 グランド・ピアノを再現。「パーフェクトなピアノ」と評され、Steinway の中で最も人気のBモデルを忠実に再現しています。レコーディング・スタジオや中規模会場に最適なサウンド。ピアニッシモから激しいクレッセンドまで幅広い表現が可能です。

D4 Grand Piano add-on

モデリングの完成度を高めるため、ハンブルクからSteinway Dグランドピアノを取り寄せ、リファレンスのピアノとして使われました。このピアノがフィジカル・モデリングのベースとなるキャラクターとしてシミュレートされ、新しいグランドピアノ音源D4が生まれました。Pianoteq 5のモデリング・エンジンでは、響板のモデルが改良され、そこからの音の放射には、積分方程式を使った構造分析モデルが使われています。この改良により、大幅にサウンドにリアリティーが高まりました。さらに、ノート一つ一つに対して、あたかも実際のピアノ工場で行なわれるような調律が施されています。

Kremsegg Collection 1 & 2 add-on

オーストリアのKremsegg Schloss博物館の協力により、18世紀から19世紀後半の美しい歴史的価値のあるピアノ・モデルが加わりました。クラシックの時代の音楽を表現するには、他に変わるものがない貴重なモデルです。これらの楽器はより最近の曲にも使えるでしょう。特に、19世紀後半のピアノは、現代のピアノと同じデザイン・アプローチが取られているので、ジャズなどの現代音楽を華麗に彩ります。

  • Kremsegg Collection 1に含まれるモデル
    • J. Dohnal(1795)、I. Besendorfer(1829)、S. Erard(1849)、J.B. Streicher(1852)
  • Kremsegg Collection 2に含まれるモデル
    • J. Broadwood(1796)、I. Pleyel(1835)、J. Frenzel(1841)、C. Bechstein(1899)

K2 Grand Piano add-on

Pianoteq 5のために開発された新しいGrand Piano K2は、複数のピアノから最高の要素を組み合わせた複合モデルです。このモデルに採用された211cmのキャビネットから生まれるサウンドは、暖かみと鮮やかさを絶妙なバランスで兼ね備え、K2の壮大なピアノ・サウンドの重要な要素となっています。

U4 Add-on: U4 Upright piano add-on

U4はピアノの様々なスタイルを表現可能な21のプリセットを搭載し、Pianoteqにアップライト・ピアノのキャラクターを加えます。良質なアコースティック・ピアノの美しい音色に加え、高域の調和が不完全なプリセット、Blues, Vintage, Honky Tonk, Detuned, Ruined, Bierkeller, Tacky, Wavy, Weathered, Clubなどを搭載。独特の調和が魅力的な個性豊かなモデルも収録しています。コンパクトなサイズのため小規模音楽ホール、パブ、一般家庭などに幅広く浸透しているアップライト・ピアノ。スコット・ジョップリン、ジョージ・ガーシュイン、デューク・エリントン、セロニアス・モンク、ジェリー・リー・ルイス、リトル・リチャードなど伝説的な作曲家もピアニストも、その始まりは皆、アップライト・ピアノだったのです。U4 Upright piano add-onを使用するには、Pianoteq 4以降のライセンスが必要です。

Blüthner Model 1 add-on

世界初 Blüthner(ドイツ)公認! ラフマニノフ、ブラームスに愛用されBeatles Let It Beのピアノでもある、最高峰のピアノのひとつ、Blüthner製グランド・ピアノがPianoteqのフィジカル・モデリングにより再現。Blüthner は1853年ライプチヒにて創業の名門ピアノ・メーカーで今も創業家、Blüthner家によって経営されています。Blüthner はまた、ピアノの歴史の中でアリコート方式の発明を発明したことで良く知られています。アリコート方式は共鳴のために第四の弦を使用し、音色を心地よく豊かにします。 Blüthner Model 1 add-on ではそのアリコート方式もモデリング。アリコートのセッティングをも自在に操り、理想の音色を実現します。Pianoteqのフィジカル・モデリングによりBlüthner Model 1の温かく、丸みのある音色を忠実に再現。煌く高音と力強い低音が奏でられます。優しいピアニッシモから、ダイナミックなプレイまで多彩な表現が可能です。Blüthner Model 1 add-onを使用するには、Pianoteq 4のライセンスが必要です。

Electric Pianos add-on

ローズ/ウーリッツァー・サウンドを再現するPianoteq 追加モデル。伝説的な2つのエレクトロ・アコースティック・ピアノをPianoteq で再現。「Rhody」「Wurly」と2つのモデルを用意。ハンマー、ピックアップ、共鳴板といったエレクトリック・ピアノ各部のふるまいまで再現。p/m/fそれぞれのハンマーの硬さ、ピックアップの位置なども調整可能。エレピ・サウンドには欠かせないトレモロ、リミッターといったエフェクトも内蔵しています。

Xylo add-on: Xylophone and Bass Marimba

クラシックだけでなくミニマルなフレーズを繰り返す現代音楽、映画音楽からダンス・ミュージックまで、今日の音楽でも多用されているマリンバとシロフォン。マレットによって叩かれた木製の音板の振動、金属管による共鳴用ので増幅させることで生まれる歯切れの良さと豊かな響きを両立したサウンドは、各要素の振動、共鳴現象をモデリングしたこのアドオンでも健在です。シロフォン、バス・マリンバと、2種類の木琴モデルを収録。3オクターブ半のフランス製シロフォン・モデルや5オクターブのフランス製バス・マリンバ・モデル。マレットのストライク・ポイントがランダムに変化するヒューマナイズ機能のほか、マレットの硬さ、マレット・ノイズの大きさ、ストライク・ポイントも調整が可能です。

Celeste add-on: Celesta & Glockenspiel

金属板をフェルト巻きのハンマーで叩いて音をだすチェレスタ。鉄琴のように並んだ音板を真鍮など硬いマレットで叩くグロッケンシュピール。チャイコフスキー『くるみ割り人形』、モーツァルト『魔笛』から、ヴェルヴェット・アンダーグラウンド「日曜の朝」や現代のポスト・ロック系アーティスト達まで、多くの音楽で使われている楽器をモデリング。5オクターブのドイツ製チェレスタ・モデルや4オクターブに拡張されたフランス製グロッケンシュピール・モデルを収録。マレットのストライク・ポイントがランダムに変化するヒューマナイズ機能のほか、マレットの硬さ、マレット・ノイズの大きさ、ストライク・ポイントも調整が可能です。

Hohner Collection

Electra-piano、Clavinet D6、Pianet N、Pianet Tを収録。スティーヴィー・ワンダー、コモドアーズ、ELP、レッド・ツェッペリンなど1970年代のファンク、ソウル、ロック、ディスコ、レゲエにかかせない楽器だったクラビネット。ゴム・チップのついたハンマーが弦を金床に叩きつけることで生まれる歯切れのよいサウンドはリズムを刻む大切な要素となっていました。 PianoteqにHohner Collectionを追加して、ファンキーなリフを生み出してください。ハンマーの硬さ、倍音/共鳴の量、ミュート・バー、ピックアップ・ミックスなども調整可能。実機のF0-E5を超えてC0-C6で演奏が可能です。実機では不可能なサスティン・ペダル表現も実現。ファンキーなプレイに欠かせないワウ、トレモロも搭載しています。

Rock Piano YC5 add-on

ステージ、スタジオ定番の日本製ピアノを再現するPianoteq追加モデル。ポップス、ロック・バンドのライブ、レコーディングで定番となっている日本製グランド・ピアノのモデルを追加します。YC5 Stage:ロック・バンドの中でプレイされても他の楽器に埋もれない、明るく抜けの良いモデル。YC5 Chamber: 艶がありフレーズがよく歌う音色で、ソロ演奏に映えるモデル。YC5 Studio:スタジオ・レコーディングのように強く存在感のあるモデル。

Vibes add-on

2種類のヴィブラフォンを再現する、Pianoteq 追加モデル。ムッサー、そしてベルジュローのヴィブラフォン・モデルをPianoteq に追加します。「V-M」や「V-B」など2つのモデルを用意。マレット、音板、共鳴管といったヴィブラフォン各部のふるまいをまで再現し、p/m/fそれぞれのマレットの硬さ、ピックアップの位置なども調整可能。音域は3オクターブから5オクターブの間で調整が可能です。ヴァイブと相性の良いトレモロ、リバーブといったエフェクトも内蔵。

Steelpans add-on

トリニダード・トバゴ発祥の楽器、スチールパン、スティール・ドラム、スペース・ドラム、ハンドパン、タンク・ドラムの音色を再現するPianoteqの追加モデル。Pianoteqのフィジカル・モデリングは、4オクターブの音域をカバーし、スティール・パンの個性的な音色を豊かに再現することができます。薄いスティール・パンの素材から生まれる明るく響く倍音もリアルに再現。各楽器そのものを忠実にモデリングしたプリセットと複数のバリエーションを収録しています。スペース・ドラムとハンドパンは、マレットと手で叩いたサウンドをモデリング。厚い鉄板から作られたタンク・ドラムは、3と1/2オクターブをカバーしています。

Concert Harp add-on

Salviコンサート・グランド・ハープを物理モデリング。コンサート・ハープは47弦を両手を使って演奏。各弦の減衰が長いため特別な響きを持った楽器です。弦のピッチを可変するフット・コントロールを搭載。フラジオレット、グリッサンドも演奏可能。本製品Concert Harp add-onではダイアトニック・モードも搭載し、ハープの複雑な響きを忠実に再現します。


無償で利用可能なアドオン拡張音源

Pianoteqユーザー・エリアでは、無償でダウンロードできるAdd-onが公開されています。

Erard製グランド・ピアノやYamaha CP-80といった人気の高い機種から、オーストリアのSchloss Kremsegg。ドイツのHandelhausなどの博物館との共同プロッジェクト「KIViR (Keyboard Instruments Virtual)」による貴重なピアノフォルテ。古くは聖書にも記述があり、ピアノの前身となる歴史的に貴重な楽器ツィンバロム。さらにはハープシコードやチューブラーベルまで、多種多様な追加音源をご用意しておりますので、ぜひ追加してお楽しみください。

 

フリーAdd-onオプション

 

Grand piano

Grand piano: Pleyel

1926年製のPleyelグランドピアノをフィジカルモデリングしたモデルです。Pleyelのピアノはショパンが愛用したことで有名ですが、製造者であるカミーユ・プレイエル自身も著名なピアノ奏者でした。またドビュッシー、ラヴェル、ストラヴィンスキーや、ショパンの研究で有名なアルフレッド・コルトーも、Pleyelピアノを好んで用いました。丸みや暖かみ、それに官能的な響きといった特徴を持つ音質は、ショパンが「心身の状態が良く、自分の音楽を追求したいときにはPleyelのピアノが必要だ。」と評したことでも知られています。

Grand piano: Erard

2mのハーフグランド・サイズのピアノ、Sébastien Erard(1922年製造, シリアルナンバー: 109 933)を、フィジカルモデリングによってバーチャルに再現したものです。非常に暖かく色彩豊かなサウンドが魅力的ですが、機能としては繊細なuna corda pedal(ソフトペダル)を装備しています。低音域の弦における特徴など、可能な限りオリジナルの楽器に近づけました。この楽器を愛したLisztの曲を演奏するのに適しているでしょう。

Grand piano: Bechstein

2.1mのハーフグランド・サイズのピアノ、Carl Bechstein(1896年製造, シリアルナンバー: 79 676)を、フィジカルモデリングによってバーチャルに再現したものです。強く透明感のあるサウンドは、クラシック音楽の傑作やポップミュージックの演奏の両方に向いています。オリジナルの楽器の持つキャラクターは、Bechsteinの歴史を支えてきた特別な調整方法などによって生み出されていますが、それらを忠実に再現しています。

Electro-acoustic

Electro-acoustic piano: CP-80

Yamaha CP-80(シリアルナンバー 1982)をフィジカルモデリングしたモデルです。CP-80は、ユニークなサウンドと本物のグランドピアノと同じハンマーアクションなどから、1976年から1985年くらいまでの間に非常に人気を博した機種です。Yamahaはツアーなどに持ち運びしやすく、グランドピアノの音を電気的に増幅させた機種として、CP-80を開発しました。本機は高品質と信頼性で有名となり、電気ピアノの中で「ロールスロイス」的な位置付けの機種として評価されています。

Harpsichord

Harpsichord: Grimaldi

1697年製のハープシコード・Carlo Grimaldiを、BexleyのAndrew Woodersonが2007年に復刻したものをフィジカルモデリングしたモデルです。イタリア製の小型の楽器の典型的であり、粒立ちの良いアタックと透明感のある音色は、コンティニュオ奏法(バロック音楽において、低音部の旋律に即興で和音を付加すること)に用いるのに理想的ですが、17〜18世紀のイタリア、ドイツの作曲家による独奏曲にも良く合います。2つに分かれたレジスターは個別に演奏することも、同時に演奏することもできます。

Harpsichord: Blanchet

François-Etienne Blanchetが1733年に製作したハープシコード・Château de Thoiryを、英国Frampton CotterellのAnthony Galeが復刻したものをフィジカルモデリングしたモデルです。スカルラッティ、バッハ、ヘンデルなどバロック音楽の偉大な作曲家たちの想像をかき立てた、とても繊細なサウンドを持っています。

Pianoforte

Pianoforte: Walter

Anton Walter(1752-1826)によるピアノフォルテを、フィジカルモデリングによって再現したものです。Anton Walterは著名かつ重要なウィーンの楽器職人であり、友人であるモーツァルトはAntonが作ったピアノフォルテをコンサートによく用いていました。揺るぎない品質により、ベートーベンなど多くの音楽家からの賞賛を得ました。Walter氏は、ウィーンのピアノフォルテのアクションを改善し、それによって競合製作者のピアノフォルテに比べ、よりパワフルなサウンドを得ることに成功しました。Walterのピアノフォルテは、今日では復刻モデルを製造するためにしばしば用いられています。

Pianoforte: Schŏffstoss

Anton Walter(1752-1826)によるピアノフォルテを、フィジカルモデリングによって再現したものです。Anton Walterは著名かつ重要なウィーンの楽器職人であり、友人であるモーツァルトはAntonが作ったピアノフォルテをコンサートによく用いていました。揺るぎない品質により、ベートーベンなど多くの音楽家からの賞賛を得ました。Walter氏は、ウィーンのピアノフォルテのアクションを改善し、それによって競合製作者のピアノフォルテに比べ、よりパワフルなサウンドを得ることに成功しました。Walterのピアノフォルテは、今日では復刻モデルを製造するためにしばしば用いられています。

Pianoforte: Schmidt

1790年頃にザルツブルクで製造されたピアノフォルテ、Johann Evangelist Schmidt(ドイツのHalle市、D-06018にあるHandelhaus博物館所蔵)をフィジカルモデリングによってバーチャルに再現したモデルです。このハンマーフリューゲルの改良製品は、美しく均一なサウンド、気品ある外装と低価格によって高く評価されました。

Pianoforte: Schantz

1790年頃にウィーンで製造されたピアノフォルテ、Johann Schantz(オーストリアのKremsmünster市、A-4550にあるSchloss Kremsegg博物館所蔵)をフィジカルモデリングによってバーチャルに再現したモデルです。近代のピアノに用いられているものに比べてかなり小さなハンマーと細い弦を用いており、同時代に製造された多くのフォルテピアノと同様、非常に軽量です。ベートーベンはSchantzのピアノフォルテを素晴らしく、また耐久性に優れたものとして評価し、彼の友人達に勧めたと言われています。

Pianoforte: Graf

1826年にウィーンで製造されたピアノフォルテ、Conrad Graf(オーストリアのKremsmünster市、A-4550にあるSchloss Kremsegg博物館所蔵)をフィジカルモデリングによってバーチャルに再現したモデルです。Grafのピアノフォルテは当時非常に高い評価を得ており、最も卓越した機種として、ウィーンそして帝国全域においての名声を得ました。ベートーベンが特に好んだピアノフォルテです。

Cimbalom

Cimbalom: Kovács

Cimbalomは、聖書にも記述がある、Zitherに似た古代の弦楽器プサルテリウムを祖先とする楽器です。ジプシー・オーケストラでの使用が有名ですが、19世紀には足、ペダル、ダンパーが追加され、フランツ・リストなどの貢献によりコンサート楽器としても使われるようになりました。鍵盤を押した時にダンパーが上がるピアノとは異なり、ペダルを踏まない限りダンパーが上がらない仕様なので、鍵盤を弾いだだけではすぐにダンピングされます。このPianoteq Add Onでは、1970年製のCimbalom、Balázs Kovácsを、忠実にモデリングしました。

Bells and carillons

ヨーロピアン・ベル協会所蔵のベルとカリヨンをバーチャルに再現したモデルです。キリスト教の教会においてベルが使用され始めたのは6世紀のことでした。カンパーニアのNola地方の司教、St. Paulinは教会に熱心な信者を呼ぶために青銅製の楽器を用いたという汚名を着せられています。当初、この楽器を暗示するために付けられた名称が”nola”や”campana”であったのは、以上のような理由からとされています。

Tubular bells

ベルジェロ18音チューブラーベル(コンサート・チャイム)をモデリングしたAdd-on です。チューブラーベルは長さを調整してクロマチック・スケールにチューニングされた金管にて構成された楽器です。19世紀の終わりにイングランドに初登場して以来、主要な交響楽の一角を占めています。このAdd-onでは音域が通常の1½オクターブから5オクターブに拡張された3タイプが収録されています。

Clavichord

14世紀初頭に誕生したクラヴィコードはピアノの前身であり、近代楽器クラヴィネットはクラヴィコードを電気化したものです。ルネサンスからバロック期の音楽を演奏する楽器として一般的であると同時に現代音楽の様々なスタイルでも演奏されており、オスカー・ピーターソン、キース・ジャレット、トリ・アモス、ビートルズのアルバムでもその音を聞くことができます。クラヴィコードのアクションは他の鍵盤楽器とは異なる独特なものです。ブラス、もしくは鉄製の弦をタンジェントという小型金属片によって叩き、発音します。クラヴィコードはプレイヤーがアタック、デュレーション、ヴォリューム、更には鍵盤を押す強さを変えることで生み出すヴィブラート「ベーブング」などのエフェクトまでコントロール可能で、最もミュージシャンに密接な関係といえる豊かな表現力を持つ楽器です。
このAdd-onではキーボードのアフタータッチ機能を使用してオリジナル・クラヴィコードのベーブングをシミュレート可能です。物理モデリング方式のため、このAdd-onではダブル・コーラス・バージョンも収録、更には88鍵に拡張されています。また、このクラヴィコード・モデルはBjörkのアルバムでクラヴィコードを演奏しているプロデューサーGuy Sigsworthによるテストを経て完成しました。

仕様・動作環境

MODARTT Pianoteq 動作環境

  • Mac OS X 10.7-10.12
  • Windows 7-10
  • Intel Core iシリーズ以上
  • RAM空き容量1GB以上
  • AU、VST (2.4/3) 各32/64bit、AAX64bit Native、スタンドアローン*

*要Core Audio(Mac)/ASIO(Win)ドライバー対応のインターフェース

製品のインストールには40MB以上のハードディスク空き容量が必要です。その他、基本的な動作環境は、各ホスト・アプリケーションの動作環境に準じます。製品をご使用頂くにはインターネット接続環境が必要です(インストーラのダウンロード、およびオーサライズ時)。製品の仕様・動作環境、および価格は、予告無く変更となる場合があります。 

Pianoteqのバージョンについて

Pianoteqシリーズには3つのバージョンが用意されています。異なるのはパラメーターの編集(または再現)機能のみで、すべてのバージョンで同じ音色、楽器(ピアノモデル)、演奏性を備えています。

88鍵盤それぞれのノートに対して膨大なパラメーターを個別に設定可能なPianoteq  PROから、フィジカルモデリングの編集やマイクポジションの調整が可能なPianoteq Standard、そして最もシンプルなPianoteq Stageまで、好みに合わせてお選びいただけます。

上位版へのお得なアップグレードも用意していますので、最もシンプルなPianoteq 5Stageからお使いいただいた場合も、それまで作ったプリセットを無駄にする事無く、より高機能なStandardやPROへステップアップすることができます。

Pianoteq 6 バージョン比較表

機能 PIANOTEQ Stage PIANOTEQ Standard PIANOTEQ PRO
登録時に2つのインストゥルメント・パックを選択可能
KIViRの歴史的な楽器を収録
VST、AU、AAX、スタンドアローン対応
プリセットの読み込み ● *1 ● *2
オーディオ・エフェクト
ピアノモデルの編集  
マイクロフォンの調整  
リバーブのインパルス解析データのロード  
88鍵各ノート単位の編集    
サンプルレート192kHz対応    

*1 上位版で作成したプリセットをPianoteq STAGEに読み込むことはできますが、Pianoteq STAGEのインターフェース上に表示されているパラメーターのみ適用され、ノート毎のエディット情報(PRO)、ピアノモデルの編集情報(Standard、PRO)などは再現されません。
*2 Pianoteq Standardでは、Pianoteq PROのみの機能(88鍵盤それぞれのパラメーター調整情報など)を使ったプリセットも完全に再現することができます。

TOPへ
Exact matches only
タイトルを検索
本文を検索
製品をさがす
Search in pages
ブランド名
コンテンツ
ソリューション提案
サポート情報