scroll

BFD Deluxe
Tracked at Steve Albini's Electrical Audio studio.

製品の説明

スティーブ・アルビニによる、生々しいドラム。

BFD拡張音源の第3弾は、ニルバーナ、ピクシーズ、ナイン・インチ・ネイルス等のサウンドで世界に衝撃をあたえた、スティーブ・アルビニのエレクトリカル・オーディオ・スタジオで収録。

ドラム・マニアも唸るキット・ピースの数々、スティーブ・アルビニならではのマイク選び、最大127段階で収録された表現力にあふれたサンプル。再び、生ドラム・サウンドに革命をもたらす名作の、誕生です。

20150219_fxpansion_BFDDLX_banner


グランジ・ロックの立役者、というイメージに惑わされないでください。

20150219_fxpansion_BFDDLX-Drum-PhotoBFD 1、BFD XFLが収録されたエルドラド・スタジオにくらべ、タイトな作りのエレクトリカル・オーディオ・スタジオで収録された音源は、これまで以上にパンチのある高精細な音に結実しています。そして、スタジオの性格以上に大きな影響を与えているのが、スティーブ・アルビニが長年にわたる経験で積み上げてきたレコーディングのノウハウ。

Josephson e22、c42、c609、Royer R122からAltec 150まで駆使したマイク選びや、「スタジオを歩き回ってよく聴こえるポイントを探す」と語るマイク配置にも、そのセンスが生きています。

「グランジ」という文脈で語られることの多いスティーブ・アルビニですが、純粋にクリアで、表現力に富んだ高精細なレコーディングを行う、職人気質のエンジニアだということがわかるでしょう。


歴史ある音楽の街、シカゴならではの貴重なドラムの数々。

ブルーズ、ロック、ハウス、音響派と、新しい音楽の中心となってきた音楽の街、シカゴで収録されたDeluxe Collectionには、期待通り多様なドラムが収録されています。伝説のLudwigキット、タム6個と2つのキックを装備した1970s Vistalite、1965 Clubdateといったビンテージ・キット。

Sonor Designer、Yamaha Pro Tour、DW Black Oyster、Gretsch USA Mapleといった近代的な名キット。本セッションのために特別に取り寄せたBackYardのプロトタイプ・キット。Yamahaマヌ・カッツェ・スネア、Ludwig Supraphonicスネア、Bisonメイプル・ピッコロ。14″/15″ New Beatsを含むZildjianハイハット、13″ Z Dynobeat。Sabian、Paiste、Wuhanのシンバル。シカゴという街の歴史と、スティーブ・アルビニの人望のみが可能にした、贅沢なドラムを自由に組み合わせてお楽しみください。

スティーブ・アルビニの選んだ、マイク達。

20150219_fxpansion_BFDDLX-KitSize10-Big

Deluxe Collectionは、スティーブ・アルビニによって選択、配置されたマイクにも特徴があります。すべてのマイクは、エレクトリカル・オーディオ・スタジオのトレード・マーク、カスタム・メイドのNeotekコンソールのプリアンプを使って収録。使用マイクの一例は、下記の通りです。

  • Kick In: Shure SM98。ヘッドのビーター側に配置。
  • Kick Out: AKG D112 A。Urei 1176リミッターを使って収録。
  • Snare Bottom: Shure SM98。
  • 6 Snare Top: Sony C37P。NTI EQ3で40Hzと2.5kHzを1 dB上げて収録。
  • Hihat: Josephson C42 。BFD、BFD XFLに比べ遠めの配置。
  • Toms: Josephson e22S( スティーブ・アルビニが設計に参加したモデル)。トップ/ボトムに配置したものをコンソールでミックスして収録。
  • Cymbals: Josephson C609。BFD、BFD XFLに比べ遠めの配置。
  • Overhead: Royer R122。Urei 1178リミッター、カスタムUrei EQで10kHzを6dBロールオフ。
  • Room: AKG C24。Mid/Side収音したものをM/Sデコーダー経由で収録。
  • PZM: Altec 150(21Dをはめた通称「コーク瓶」)。キックから約60cm離れた床に設置。

20150219_fxpansion_BFDDLX-Drumkit-Rear

特徴

20150219_fxpansion_BFDDLX-Box

  • 合計約55GBの生ドラム・サウンド。
  • スティーブ・アルビニのエレクトリカル・オーディオ・スタジオで収録。
  • 前代未聞の、高精細なサウンド。
  • ベロシティレイヤーは最大127段階。
  • 1970s Vistalite、1965 Clubdate、Ludwig Supraphonic”ボンゾ”スネア。
  • シカゴならではの貴重なドラムの数々を収録(収録の全キット・ピース詳細はこちらから)。
  • PDFマニュアル(日本語版、英語版)付属

BFD3/2 Expansion Pack: Deluxe

通常価格
¥19,548

仕様・動作環境

FXpansion 動作環境

  • Mac OS X 10.9-10.11
  • Windows 7-10
  • AU、VST (2.4)、AAX 64bit Native、RTAS、スタンドアローン対応*
  • Intel Core iシリーズ以上(Core i5/i7以上を推奨)
  • RAM4GB以上 (8GB以上を推奨)
  • 画像解像度 1280×900以上(ご利用のホストアプリケーションに準じます)
  • *要Core Audio(Mac)/ASIO(Win)ドライバー対応のインターフェース

*Apple GrageBand 10以降には非対応となります。

特別に記載のない限り、製品は必要なファイル、インストーラーをダウンロードするダウンロード版でのご提供となり、ご利用には高速インターネット環境が必要となります。

BFD Expansions拡張音源はBFD3/BFD2専用となります。製品のご使用にはBFD2/BFD3/BFD Eco本体が必要です。BFD Ecoではドラム単体のみ読込みが可能です。快適にご利用いただくため、BFDシリーズの音源は7200回転以上の独立したHDDへのインストールを推奨いたします。

その他、基本的な動作環境は、各ホスト・アプリケーションの動作環境に準じます。製品の仕様・動作環境、および価格は、予告無く変更となる場合があります。

TOPへ