scroll

Red 4Pre

製品の説明

58入力/64出力Thunderbolt 2/Pro Tools HD対応
Danteオーディオ・ネットワーク接続もサポートするオーディオ・インターフェイス

Thunderbolt / Pro Tools HD接続

RedシリーズはFocusriteの製品群の頂点となるインターフェイス・シリーズです。Red 4Preは、デジタル・コントロールと”Air”機能を持つ、4つのFocusrite “Red Evolution “マイクプリを搭載しています。Thunderbolt 2および2つのmini-DigiLinkを搭載し、CoreAudioおよびPro Tools HD環境に、最高のワークフローをもたらします。Pro Tools | HDとThunderbolt 接続されたDAWの切り替えも簡単に実行可能です。”パラレルパス・サミング”コンバージョンと、美しく強固なデザインを備えるRed 4Preは、エンジニア、プロデューサーがFocusriteに求める高品位なサウンドと多用な能力を、最高のバランスの機能・フォームファクターで実現しました。

 

20170912_focusrite_4pre

 

多彩な接続方式

58入力/64出力を誇るRed 4PreはThunderbolt 2接続をサポートし、最も低いラウンド・トリップのレイテンシーをあらゆるDAWで可能にします。録音からオーバーダビングまで、お気に入りのプラグイン・エフェクトをリアルタイムに使いながら作業できるため、よりシンプルなワークフローを実現できるでしょう。また、2つのDigiLinkポートを搭載しているため、既存のAivdインターフェイスとともに、Pro Tools | HDシステムへシームレスに組み込むことが可能です。Thunderbolt 2も2ポート用意されているため、対応のハードディスクやディスプレイなど、追加の機器をデジーチェインで接続することもできます。さらにRed 4Preはそのままネットワーク・オーディオ対応機としても機能します。2つのイーサネットポートはDante audio-over-IPネットワークをサポートしており、イーサネットによる最大64チャンネルまで拡張、ネットワーク録音・再生を低レイテンシー・低コストで実現します。他のRedシリーズやDante対応機器をイーサネットで接続し、単一の機器に頼ることなくRed 4Preのチャンネル数を拡張することが可能となっています。

 

複数DAWをシンプルに切り替える

Pro Tools | HDとHost ModeでThunderbolt 接続されたDAWは、同梱のFocusrite Controlソフトウェアで切り替えられます。Pro Tools | HD から Ableton、Logic、そしてまたPro Toolsへ。どちらのインターフェイスも接続した状態で、必要なときはいつでも、素早く、簡単にDAWの切り替えを実行できます。

20170912_focusrite_8pre-1

 

Red Evolutionマイクプリ

Red 4Preに搭載されたRed Evolutionマイクプリは、–129 dB EIN、63dBゲインという、清廉かつ極めて低ノイズなオーディオ・パフォーマンスを誇ります。外部プロセッサーとの組み合わせにも十分なヘッドルームで対応することができます。マイクプリはデジタル・コントロールされ、設定の保存・リコールをFocusrite Controlソフトウェアで行うことができます。さらに独自の”Air”エフェクトを搭載し、ISAおよびオリジナルのRedシリーズといったトランス・ベースのマイクプリの質感・サウンドを再現します。”Air”を有効にすることでマイクのインピーダンスは 2.1kΩ下がり、わずかにサウンドの中高域がブーストされます。この処理はすべてアナログ領域で行われます。

20170912_focusrite_4pre-1

 

最高のパフォーマンスを持つコンバーター

Focusriteは数十年にわたりマスタリング・クオリティのデジタル・オーディオ・コンバーターの設計・開発に携わってきました。Red 4Preには、今までで最も優れたパフォーマンスを持つコンバーターが搭載され、”パラレルパス・サミング”コンフィギュレーションによりノイズフロアがさらに抑えられています。高いパフォーマンスと正確なコンバージョンを可能にするチップ、サウンドクオリティを極限まで高めるための高品質なコンポーネントが選び抜かれ、それらが先進の設計により最適化された基板レイアウトに配されています。Red 4Preのコンバーターは、サウンドのクオリティを最適化するために、ダイナミックレンジ、歪みやノイズフロア、コンバージョン・レイテンシーなど、複数の要素が高度で正確なバランスで釣り合うよう設計されました。24bit/192kHzのサンプリング・レート性能、限りなく速いパフォーマンス、118dB AD/121dB DAのダイナミックレンジ、≤0.0009% THD+ノイズ、20Hから35kHzまで±0.25 dBというフラットな特性は、ハイレゾ・オーディオの時代に最適な性能といえるでしょう。重要なのは、これらのスペックがチップのデータシートから引用した理論上のものではなく、Red 4Preが現実のセッションでお届けすることのできるサウンドであるということです。

 

ラウンド・トリップでも超低レイテンシー

低レイテンシーは、Focusriteの目指す具体的なゴールの一つです。Red 4Preのレイテンシーは非常に低く抑えられており、お気に入りのプラグイン・エフェクトをリアルタイムに使用したり、インストゥルメントをレコーディングすることが可能です。一つのDAWセッションでレコーディングからオーバーダブ、ミキシングまで同じプラグインを使いながら作業する、よりシンプルなワークフローを実現できるでしょう。

20170912_focusrite_4pre-2-1

 

真に正しい拡張性

Red 4PreはイーサネットベースのDanteネットワークにより、1本のケーブルでオーディオとクロック情報を送受信し、最大で64チャンネルの入出力を追加することが可能です。Thunderbolt、DigiLink、Danteと接続方式を問わず、例えばRedNet A16Rを2台=32チャンネル・アナログIO、RedNet MP8Rを4台=32チャンネル・マイクプリ、またはDante対応の機器をイーサネット・ケーブルで接続できます。マイクプリを演奏する場所に設置し、必要となる場所にサウンドを出力する、イーサネットによるネットワークで自在な配置に対応します。Thunderboltのディジーチェインとは異なり、Danteは低レイテンシー、低コストで追加チャンネルの長距離伝送を実現します。

20170912_focusrite_4pre-3-1

 

収録ソフトウェア

Red 4PreにはFocusrite Controlソフトウェアが同梱され、分かりやすく直感的なミックス、モニタリングのセットアップを提供します。マイクプリのコントロールやセッティングのリコール、ステレオ・ペア設定、ゲイン調整から、ハイパスフィルター、ファンタムのオン・オフといった機能も利用できます。Pro Tools | HDとHost ModeでThunderbolt接続されたDAWもここで素早く切り替えが可能です。さらに、SoftubeのTime and Tone Bundleが付属、Softube による4つのプロクオリティのプラグインが収録されています (Drawmer S73 Intelligent Master Processor、TSAR-1R Reverb、Tube Delay、Saturation Knob)。FocusriteのクラシックEQおよびコンプレッサーを精緻にモデリングしたRed Range 2、3を含むFocusrite Red Plug-in Suiteも収録しました。

20170912_focusrite_8pre-4

 

 

Redシリーズについて

Focusriteフラッグシップ。最高水準の音質と機能性をスタジオに。
クリエイティブな作業に集中すること。Focusriteは音楽制作をシンプルにそして高品位な音質により、レコーディング、制作に没頭できる環境をユーザーに提供します。

 

Thunderbolt / Danteネットワーク / Pro Tools |HD対応かつ、拡張性に優れたインターフェイスにフラッグシップを象徴する音質、そして、デジタル・リモート対応プリアンプにはトランス・ベースのISA サウンドを再現するアナログ・エフェクト” AIR ” を搭載、加えて、Pro Tools | HDと他のDAWをソフトウエアでのシンプルなスイッチングで切り替え可能。クリエイティブな機能と優れた音質。プロフェッショナル・スタジオの要求以上のフローを提供します。

 

ケーブル、シンク、システムの互換性の管理は「音楽制作」ではありません
革新的な新技術により最高水準の音質とディーオなコントロール性を実現。
Focusriteは「オープン・エンド」接続とワークフローの優位性を重要視。ハードウエア、ソフトウエア上の制限を可能な限り排除。

Red 4 PRE

通常価格
¥324,000

Red 4 PRE

通常価格
¥324,000

TOPへ
Exact matches only
タイトルを検索
本文を検索
製品をさがす
Search in pages
ブランド名
コンテンツ
ソリューション提案
サポート情報