Exact matches only
タイトルを検索
本文を検索
製品をさがす
Search in pages
ブランド名
コンテンツ
ソリューション提案
サポート情報
  • TOP
  • Promotion
  • 今月の逸品 – Lewitt 最高峰サウンド LCT940を特別価格で
scroll

今月の逸品 – Lewitt 最高峰サウンド LCT940を特別価格で

2021.06.30

TUBE & FET を自在にブレンド可能

2021年は毎月、テーマ別でLewittマイクをご紹介します。7月はLewittの最高峰モデルLCT 940。なめらかで温かいサウンドのTUBEサウンドと、クリアなFETサウンドを自在にブレンドできます。また指向性パターンもカーディオイド、無指向性、双指向性などの代表的なパターンと、それぞれの中間の特性を合わせた全9パターンを選択可能。1インチのラージダイアフラムが捉える声、楽器のサウンドは伝統文化と新しい技術を融合したLewittならでは。「現在におけるヴィンテージデザイン」サウンドを堪能いただけます。

プロモーション期間は7月31日まで。Lewittフラッグシップ・モデルをぜひこの機会にお買い求めください。

期間:2021年7月1日(木) 〜 2021年7月31日(土)

対象製品のご購入方法:全国のLewitt取り扱い販売店またはMIオンラインストアにてお求めいただけます。

%e3%81%8a%e7%94%b3%e8%be%bc%e3%81%bf%e6%96%b9%e6%b3%95

ヴィンテージの未来 - 革新と伝統がひとつに

古いものと新しいもの、伝統文化と新しい技術とが融合。芳醇な真空管サウンドを大事にするのと同時に、正確性やクリアさも欠かせません。クリアでクリスプなFETサウンドと、ウォームでリッチな真空管サウンド、そしてそのブレンドされた音色を一本のマイクで実現しました。

 

一本のマイクで無数のマイクロフォンを実現

LCT 940は、特大ダイアフラムのFETコンデンサーマイクロフォンと、最高品質の真空管マイクロフォンを1つの筐体に収納。「TUBE」からはクラシック、ウォームで豊かな真空管サウンドが、「FET」からはLEWITTコンデンサー・マイクの高評価の理由であるニュアンス豊かなクリアなサウンドが得られます。「TUBE」と 「FET」の2つを自由にブレンドして、お気に入りのサウンドを手に入れることができます。

 

多彩なサウンドを支える技術

TUBEサウンドの核をなすデュアルトライオード構成の真空管12AX7は、滑らかな高周波帯域と暖かく快適なサウンドを提供しながら、キレのあるミックスを維持します。低セルフノイズと高ダイナミックレンジにより現在における「ヴィンテージデザイン」サウンドを創出します。

また1デュアルダイヤフラムは、3ミクロンの薄さで金メッキされた軽量ダイヤフラムを使用。演奏のあらゆるニュアンスを逃さず捉えます。ボーカルからフルオーケストラまであらゆるサウンドの録音が可能です。

LCT940では一般的な5タイプの指向性(オムニ、カーディオイド、フィギュアー 8、ワイド、スーパー・カーディオイド)に加えて4タイプの中間パターン、合計9タイプの指向性を搭載し、用途ごとに、または狙うサウンドのニュアンスごとに切り替え可能です。

 

関連記事(外部サイト)

 

対象製品

LCT 940

Lewitt最高峰。TUBE & FET サウンドを自在にブレンド

通常価格:¥178,200

税込価格 ¥150,700



LEWITTとは?

teamlewitt_groupshot-03

Lewitt GmbH(ルウィット・ゲーエムベーハー)社 は、2009年、音楽の都ウイーンを本拠とする欧州の代表的マイク・メーカーでキャリアを積んだRoman Perschonが自身のビションを活かした新しいマイクを生み出すべく同地にて設立。
ウイーン本社の開発拠点とアジアに持つ高度な技術を有する自社生産施設により、高品位なマイクを驚異的なコスト・パフォーマンス生み出すことを実現しました。
豊かな歴史に裏打ちされたメジャー・ブランドの確かな技術。真空管とFETの共存を筆頭とする新しいアイディアの具現化。設立からわずかにして、世界中のプロフェッショナルな現場、市場で高い地位を獲得。今ではLewittのマイクロフォンにより、世界18カ国でチャート1位を獲得したアルバムも生みされています。

Lewitt製品の取扱い販売店

対象の販売店はこちらから(lewitt.jp 外部サイト)

 

TOPへ
Exact matches only
タイトルを検索
本文を検索
製品をさがす
Search in pages
ブランド名
コンテンツ
ソリューション提案
サポート情報