Exact matches only
タイトルを検索
本文を検索
製品をさがす
Search in pages
ブランド名
コンテンツ
ソリューション提案
サポート情報
  • TOP
  • Tips / Article
  • WAVES Universe 第一弾:飛澤正人氏によるMixがうまくなるTips(その3)

WAVES Universe 第一弾:飛澤正人氏によるMixがうまくなるTips(その3)

イコライザーを深く理解する!編

2015.07.17

スタッフHです。

国内のエンジニアさんに、WAVESプラグインを使った一級のミックスのしかた、耳の使い所などをご紹介いただくWAVES Universe。その第一弾として、飛澤正人さんによるセミナーを記事化したものを、その1その2としてご紹介してまいりました。

本日は「その3」。さらに各種のプラグインを使ったMixがうまくなるTipsを解説してくださっています。


WAVES Universe 飛澤正人編 Vol.6 

真空管タイプのコンプとして特に入手が難しいFairchildl670。これには(プラグインだけでなく、実機にも)LAT/VER(laterally/Vertical)モードがあります。ビデオにもある通り、いわゆるM/S処理を行うモードです。

ここでは実際に飛澤さんがこのモードで音がどう変化するか、どういう時にこのモードが有効かを解説してくださっています。

そして、ここまでの一連のビデオで使ってきたループ素材の音作りの完成。ループをミックスに戻して全体をチェックしてみてくださいね。

ここでは、WAVES PuigChild 670を使用しています。


 WAVES Universe 飛澤正人編 Vol.7 

ここからはEQ編。楽曲の屋台骨であるベースを素材に使用していますので、ヘッドホンやモニタースピーカーなどを使用してチェックしてみてください。

ウォームなブーストが可能なRenaissance EQ、ソリッドで堅実な掛かり方であるQ10。この二つの違いと使い分け方について飛澤さんからのTipsをチェックしましょう。

後半には飛澤さんの「これ試してみて」的、必殺EQポイントも語られています。実際に私もセミナー終了後にいくつかの素材で試してみましたが、なるほどまさに「これが欲しかった効果だ」とにんまりしながらテストしました。

ここでは、WAVES Renaissance EQQ10を使用しています。


 WAVES Universe 飛澤正人編 Vol.8

さらに飛澤さんより、エンジニアなら使いこなすべき2機種のイコライザーモデルについて語られます。それは、APIとPulteqでした(もちろん飛澤さんご本人はさらに多くの機器、多くのおすすめもある事かと思いますが、セミナー時間の関係上絞って頂いたのでしょう)。

この歴史に残るイコライザー。「なんかいいよね」だけではなく、それぞれのイコライザーの特性をしっかりと理解することで、音作りにも、あるいはそもそもイコライザー選びにも幅が生まれます。APIはいいEQだけど、このソースにはちょっと合わないかもな、とか。

飛澤さんの解説から、この視点を学びましょう。

ここでは、WAVES API550 A/BPuigTEC EQP-1Aを使用しています。

続きます。


20150528_waves3_universe_s全5回:WAVES Universe 第一弾
飛澤正人氏によるMixがうまくなるTips

2015年6月に開催し全体で80分にも及んだ「WAVES Universe」というセミナーイベントの様子を、それぞれテーマごとに分けて動画でご紹介。

全5回:WAVES Universe 第一弾飛澤正人氏によるMixがうまくなるTips」はこちら>>

TOPへ
Exact matches only
タイトルを検索
本文を検索
製品をさがす
Search in pages
ブランド名
コンテンツ
ソリューション提案
サポート情報