Exact matches only
タイトルを検索
本文を検索
製品をさがす
Search in pages
ブランド名
コンテンツ
ソリューション提案
サポート情報
scroll

My Favorite WAVES – 古賀 健一 氏

2018.10.19

Reviewer

古賀 健一

Kenichi Koga

エンジニア

福岡県出身/レコーディング&ミックスからマスタリング、サウンドプロデュースも手がけるエンジニア。[青葉台スタジオ〜フリーランス]Xylomania Studio運営
【最近作】藍井エイル、ASIAN KUNG-FU GENERATION、amiinA、Ayasa、磯貝サイモン、official髭男dism、おおはた雄一、8otto、空想委員会、熊谷育美、黒猫チェルシー、The Songbards、チャットモンチー、D.W.ニコルズ、MOSHIMO etc…..

Owns Bundle

Mercury

SSL4000 Collection

Abbey Road Collection

Favorite Plug-ins

Favorite 1
H-EQ

H-EQが登場したとき「やっとアナライザーつきのEQがでた」と、本当に嬉しくて即購入しました。今でもギターの補正には欠かせないツールですね。

Favorite 2
Abbey Road TG12345

僕はロックバンドの仕事が多いので、Abbey Road TG12345をドラムのトータルにコンプ、またはリミッターとして使います。

Favorite 3
CLA-76 & CLA-3A

1176やLA-3Aのプラグインは各社からリリースされているのですが、この2つが登場したときに「やっと”使える"プラグインが出た」と感じました。リリースから時間も経っていますが、今でも重宝しているプラグインの1つです。

Favorite 4
NLS

Driveを6dBほど上げてドラムやベースによく使います。「攻めた」ミックスのときにはLineではなくMicを使うことでアグレシッブな効果が得られるので、気に入っています。

Favorite 5
Abbey Road Chambers

かなり気に入って使っています。ちょうどビートルズをテーマにした楽曲をプロデュースしているタイミングでリリースされたのですが、「待ってました」とばかりにかなり使いました。発売されたばかりのツールでも安心して使えるのは、WAVESならではですね。

Comment & Review

WAVESとの付き合いはかなり長く、僕の場合は、学生の頃に購入した製品に付属してきたNative Power Pack(現 Power Pack)からこつこつとアップグレードをしてきて、現在ではMercurySSL4000 Collection、そしてAbbey Road Collectionとほぼ全てのWAVESプラグインを所有しています。思い返せば学生の頃からなので、10年ほどの時間がかかっていますね(笑)

その後、青葉台スタジオで働いていましたのでWAVESプラグインは「当たり前のように」使っていました。もっとも慣れ親しんでいるプラグインだったのですが、普段使っているPro Toolsのバージョンが11になった際、AVIDのDSPシステムであるAAX DSPで動作できなくなったことがあり、当時は作業に困った記憶があります。

このタイミングをきっかけに、「特定のツールに依存をすることはエンジニアとして良くない」と思うようになり、一時は意図的にWAVESプラグインの使用頻度を下げていたこともありました。周囲の人たちがみなWAVESを使っていたので、「だったら自分は違う音を出したいから使わないぞ」という捻くれた理由も裏にはありましたね(笑)しかし、エンジニアとしては魅力的なプラグインがどんどん登場するということもあって、最近またWAVESに「復帰」してしまっています。やはりサウンドが素晴らしいですね。

H-EQが登場した時に「やっとアナライザー付きのEQがでた」と、本当に嬉しくて即購入しました。今でもギターの補正には欠かせないツールですね。各バンドでヴィンテージからモダン、デジタルなどEQカーブが設定できるのもありがたいですね。

H-EQ

僕はロックバンドの仕事が多いので、Abbey Road TG12345をドラムのトータルにコンプ、またはリミッターとして使います。

1176、LA-3AをモデリングしたCLA-76CLA-3A。これらのコンプは多くのブランドからプラグインがリリースされているのですが、僕としてはこのWAVESのプラグインの登場によって「やっと使える1176、LA-3Aのシミュレートプラグインが出た」と感じました。リリースからは時間も経っていますが、今でも重宝しているプラグインの一つです。

実際に歴史に残るレコードで使用されたSSL、Neve、EMI TG12345の卓の歪みを再現してくれるNLS(Channel / Bus)は、Driveを6dBほどあげてドラムやベースによく使います。「攻めた」ミックスをするときには、Lineではなく”Mic” のほうを使うことでよりアグレッシブな効果を得られるので、気に入って使っています。

アビー・ロード・スタジオとの共同開発プラグインの中でもAbbey Road Chambersリバーブは新しいプラグインですが、かなり気に入って使っています。ちょうどビートルズをテーマにした楽曲をプロデュースしているタイミングでのリリースだったので、「待ってました」とばかりにそのセッションでかなり使いました。発売されたばかりのツールでも安心して使えるのは、WAVESならではですね。

TOPへ
Exact matches only
タイトルを検索
本文を検索
製品をさがす
Search in pages
ブランド名
コンテンツ
ソリューション提案
サポート情報