Exact matches only
タイトルを検索
本文を検索
製品をさがす
Search in pages
ブランド名
コンテンツ
ソリューション提案
サポート情報
  • TOP
  • Tips / Article
  • トップエンジニアに弟子入り!グレゴリ・ジェルメンのWAVESプラグイン実践テクニック 3(キーボード、ギター、ホーン、トリック編)
scroll

トップエンジニアに弟子入り!グレゴリ・ジェルメンのWAVESプラグイン実践テクニック 3(キーボード、ギター、ホーン、トリック編)

2018.09.11

スタッフHです。

第一線で活躍するトップエンジニア、グレゴリ・ジェルメンさんをお迎えし、グレゴリさんが所属するDigz,inc.スタジオからお届けする「WAVESプラグイン実践テクニック」。実際にリリースされた楽曲を使用し、グレゴリさんのワークフロー、音の捉えかたや耳の傾けかた、最終的な仕上げかたを「弟子入り」したような気分で学べるビデオ記事。

 

前回に引き続き、Vol.3となる今回はいわゆる「ウワモノ」と呼ばれる、ギターやキーボード、ホーンセクションなどの処理に加えて、グレゴリさんならではの音像作りのテクニックも解説されます。リズムやベースといった土台があるからこそウワモノの像も生きるといえるので、ここまでのVol.1Vol.2も事前に確認をしておきましょう。

 


グレゴリ・ジェルメンのWAVESプラグイン実践テクニック
Vol.3(キーボード、ギター編)

 

楽曲を彩るギターやキーボード、シンセなどのウワモノ楽器。主役のボーカルを邪魔しないことは大前提。でも、引っ込みすぎて埋もれてしまってはなんの意味もありません。このビデオでは、そういったことを避けるためのツールの使い方、テクニックだけでなく、全てのトラックが美しくミックスの中に収められる過程が語られています。


また、トラックに応じてヴィンテージモデリング系、デジタル系ほか複数のプラグインを使い分けていますが、これらがどのような効果を狙って使い分けられているのか、実際の音とともに確認しましょう。

 


グレゴリ・ジェルメンのWAVESプラグイン実践テクニック
Vol.3(ギター、ホーン、トリック編)

 

後半は今日からでも実践したくなる多数のテクニックが詰め込まれています。

冒頭ではWAVESのAbbey Road共同開発プラグイン、テープモデリングのJ37を用いてディレイサウンドを作る過程を紹介。そののち、上記の「キーボード、ギター編」までに施してきたプラグイン全てのオンオフ比較を紹介しています。

 

ここでぜひチェックしていただきたいのは、グレゴリさんによる処理が「劇的」な変化ではなく繊細な処理になっていること。しかし、ミックスへの馴染みかたや、目立たせたい音が彫刻のように浮き上がって聞こえることがよくわかります。また、同時に確認すべきこととして、プラグインのオン・オフをしても各楽器のバランスに大きな差がありませんね。

プラグインによって音質ではなく音量が劇的に変わってしまうと、それだけで「なんかイイ感じになった」と人間は感じてしまうもの。そこに、誤判断のスキが生まれます。冷静に違いを比較できるようにするため、プラグインのアウトプットトリムを有効に活用しましょう(グレゴリさんは、ここまでのビデオの中でもよくこの作業をされています)

 

最後はグレゴリさんからの「直伝トリック」

ステレオ環境で音をより立体的に奥行きを持たせるような効果を解説したテクニック。これもまた、様々なプラグインを使って試したくなるトリックを含んでいます。

 


 

さて、ここまでビート、ベース、ウワモノ編をご紹介してきました。

 

しかし、ウワモノこそ楽曲によって色々とバリエーションがあります。今回のようにギターやRhodes系のエレピ、そしてホーンセクションといった楽器系ではなく、全編シンセサイザーで作ったようなトラックの場合はどうなるのか、シンプルに疑問を持ちました。これをグレゴリさんと話したところ「では、違うタイプの楽曲のウワモノでもやってみましょうか」ということで、次回はシンセサイザーだらけの楽曲編をご紹介いたします。

 

トップエンジニアに弟子入り! WAVESプラグイン実践テクニック

日本を代表するエンジニアの方々をゲスト講師にお迎えしてお届けする「WAVESプラグイン実践テクニック」。ミックスに関するお悩みやご質問に対して、ゲスト講師が回答を提示。まさしく、一級エンジニアに「弟子入り」するかのような感覚でご覧いただける動画コンテンツです。

「WAVESプラグイン実践テクニック」記事一覧はこちら>>

関連製品

CLA-3A Compressor / Limiter

H-EQ Hybrid Equalizer

Kramer HLS Channel

SSL E-Channel

4 included

SSL 4000 Collection

9 included

Abbey Road Collection

プロフィール

グレゴリ・ジェルメン

フランス生まれ、パリ育ち。 日本の文化に憧れて10代の頃から様々な日本の音楽に触れる。 20歳で来日し、レコーディングエンジニアを目指す為、音楽専門学校へ入学。 卒業後は、スタジオグリーンバードでアシスタントとして数多くのメジャーアーティスト、バンドの作品に参加。 日本語、英語、フランス語の三ヶ国語を巧みに操り、海外アーティストはじめ、海外プロデューサーとのセッションにも参加している。 そして、2011年Digz, inc Groupに入社。 ポップス、ダンスミュージックを中心にハウスエンジニアとして活躍。 2015年には世界のトップエンジニアだけが参加できる「Mix With the Masters」に世界各国から選ばれたエンジニアの一人として参加。 南フランスにある「La Fabrique」というスタジオにてTony Maseratiからトップクラスのミックステクニックを学ぶ。 レコーディング&ミックスをメインとしながらも、スタジオ管理、メンテナンス、音響デザインまで幅広く担当している。

TOPへ
Exact matches only
タイトルを検索
本文を検索
製品をさがす
Search in pages
ブランド名
コンテンツ
ソリューション提案
サポート情報