Exact matches only
タイトルを検索
本文を検索
製品をさがす
Search in pages
ブランド名
コンテンツ
ソリューション提案
サポート情報
  • TOP
  • Tips / Article
  • トップエンジニアに弟子入り!飛澤正人のWAVESプラグイン実践テクニック 2(スネアドラム編)

トップエンジニアに弟子入り!飛澤正人のWAVESプラグイン実践テクニック 2(スネアドラム編)

2018.01.31

日本を代表するエンジニアの一人、飛澤正人さんをゲスト講師にお迎えし、飛澤さんの本拠地スタジオ、PENTANGLE STUDIOからお届けする「WAVESプラグイン実践テクニック」。

 

前回よりスタートしたこの企画。弊社ウェブサイトをご覧のみなさまからご質問をいただき、飛澤さんがそれに答えるという贅沢な内容。記念すべき第シーズン1のお題は「ロックドラム」について。非常に多岐にわたる解説が必要なため、パーツごとに解説を行なっていただくことになりました。前回のキック編に続き、今回はスネア編としてお届けいたします。

 

本企画では飛澤さんが操作しているスクリーンもなるべく精細に収録をおこなっておりますので、スクリーン上の飛澤さんのマウスの動き、判断の速さなども同時に体感してみてください。

 


 

WAVESプラグイン実践テクニック:スネアドラム編その1

 

スネアは実際のレコーディングでも本体のトップとボトム、両方にマイクを立てて集音することが多いでしょう。録る方によっては、サイドからも録る方もいらっしゃるかもしれません。ここでは一般的な「トップ&ボトム」の構成の処理について語っていただいています。

 

ビデオ後半では、突如として「飛澤流テクニック」を解説いただいています。あるエフェクトを使って距離感とパンチ感のコントロールを行うところは、飛澤さんのフェーダーコントロールと共に参考にしていただきたいところです。

 


 

WAVESプラグイン実践テクニック:スネアドラム編その2

 

スネア編その2。スタートから「ミックスの考え方」について重要な解説が始まります。それはずばり、「スネアに太さが必要になるのは、どんなときか」という問題。なんの指針もなくミックス作業を行なっていると「全ての音を最高の音にしよう」と思いがち(それはそれで良いことではありますが)。太い=良い、という考え方以外に、飛澤さんが「太さを要するのはなぜ?」についても確認しましょう。

 

また、コンプやEQのパラメータだけでなく飛澤さんのフェーダーワークにも注目です。言葉で解説頂いている部分以外からもテクニックを吸収しましょう!(これこそが、タイトルにもなっている”弟子入り”を意味するところでもあります)

 

>>続きを読む。タム&トップ編へ

 

トップエンジニアに弟子入り! WAVESプラグイン実践テクニック

日本を代表するエンジニアの方々をゲスト講師にお迎えしてお届けする「WAVESプラグイン実践テクニック」。ミックスに関するお悩みやご質問に対して、ゲスト講師が回答を提示。まさしく、一級エンジニアに「弟子入り」するかのような感覚でご覧いただける動画コンテンツです。

「WAVESプラグイン実践テクニック」記事一覧はこちら>>

 


 

この企画では、みなさまからのミックスや音作りに関するお悩みを受付致しております。飛澤さんに質問したいこと、飛澤さんならどう処理するかなど、お気軽にフォームより投稿ください。

トップエンジニアに弟子入り!WAVESプラグイン実践講座、スタート。

TOPへ
Exact matches only
タイトルを検索
本文を検索
製品をさがす
Search in pages
ブランド名
コンテンツ
ソリューション提案
サポート情報