Exact matches only
タイトルを検索
本文を検索
製品をさがす
Search in pages
ブランド名
コンテンツ
ソリューション提案
サポート情報
  • TOP
  • Tips / Article
  • Waves MultiRack内のプラグインを外部MIDIコントローラーで操作する。
scroll

Waves MultiRack内のプラグインを外部MIDIコントローラーで操作する。

2019.08.09

Waves MultiRackは、従来アウトボード・ラックで行っていたエフェクト処理をプラグインに置き換える、ライブ・サウンド専用に開発された、プラグイン・プラットフォームです。アリーナクラスのライブ・コンサートで、FOH用大型コンソールの横にMultiRackの画面が表示されているのを見かけた方も多いのではないでしょうか?

MultiRackのプラグインをコントロールするには、マウスでの操作やタッチスクリーンを利用する場合が多いですが、実はMIDIでコントローすることが可能です。エフェクトのパラメーターをリアルタイムに変化させたい場合に、とても操作がしやすくなる便利な機能です。ここでは、そのために必要な手順を説明します。

 


1. MIDIコントローラーの設定

MultiRackのpreferenceの中にあるMIDIを開き、MIDI inに任意の接続したMIDIコントローラーを選択します。 今回はKORG nanoKEY Studioでコントロールするので、KORG nanoKEY Studioを選択します。

2019-08-07_multirack01 MIDIコントローラーの選択が完了したら、MIDI/Keyboard Setup Fileの右下にあるOpen Editorを押してください。 べつウィンドウでREMOTE CONTROLLER EDITORが開かれるので、ここでどのツマミをどのパラメーターに割り振っていくか設定を行います。

 


2.MIDIコントローラーアサインの設定

2019-08-07_multirack02 REMOTE CONTROLLER EDITORの概要

  • Navigation:MIDIボタンを使用して、ラック内の特定のプラグインを選択、編集するためラック間を移動できます。アサインされたMIDIコントローラーに触れると リコールできる最大8つの「ホット・プラグイン」を追加でアサインできます。都度、ラックをナビゲートすることなく、アクセスしたいプラグインに素早くアクセスできるようになります。
  • Plug-in Controls:ラックやプラグインを選択すると、ラック(レベル、On/Off、入出力など)やプラグインのパラメーターを直接コントロールできます。プラグインコントローラーではプラグインのコントローラーストリップに表示される8つのノブと8つのボタンが設定できます。
  • SnapshotRecall:スナップショットのNext/Previousをコントロールできます。 更に特定のホット・スナップショットを直接呼び出すこともできます。
  • Rack Controls:ラックの On/Off、Rack In/Out、Muteに加え、ラックのInput/Output Gainにもコントローラー をアサインできます。

 

REMOTE CONTROLLER EDITORの設定

Navigation、Plug-in Controls、SnapshotRecall、Rack ControlsのMIDIコントローラーにアサインしたいパラメーターをマウスでクリックすると黄色く点灯します。

この状態でMIDIコントローラーでアサインしたいノブや、キーを操作すると黄色く点灯したパラメーターに操作したキーが割り当てられます。

2019-08-07_multirack09

*Plug-in Controls、Rack Controlsには音階のデータのあるキーやPADはアサインすることができません。Navigation、SnapshotRecallにはアサイン可能です。

*同じキーで複数コントロールを行うことはできません。

 


3.実際の動作について

設定が完了したので、実際にMIDIコントローラーでプラグインのパラメーターを動かしましょう。

参考に挙動と変化がわかりやすいGTR3 Stomps Distortionを使用してみます。

2019-08-07_multirack03

アサインされたノブの動きに合わせてGTR3 Stomps Distortionのノブが動くことを確認できたと思います。しかし、このくらいのパラメーター量ならツマミの位置を覚えるのは容易ですが、毎回違うプラグインをコントロールするときに一体どこを触ればばどこが動くのかいまいちわかりにくいかと思います。その問題を解決するのがController Stripです。

MultiRackのView内の、Show Controller Stripを押し、Controller Stripを開くことで、今どのつまみでどのパラメーターを操作しているのかを視覚化できるようになります。

2019-08-07_multirack04

このController Stripは、REMOTE CONTROLLER EDITORのPlug-in Controlsと対になっています。

2019-08-07_multirack05

また、多くのプラグインは16個のパラメーターだけではコントロールできないものが多いと思います。他のパラメーターも動かしたいときは、Plug-in ControlsのPrev Page、Next PageにキーをアサインすることによりController Stripのページが切り替わり他のパラメーターをコントロールすることが可能になります。2019-08-07_multirack062019-08-07_multirack072019-08-07_multirack08


 

このページではMultiRackのプラグインのパラメーターをMIDIコントローラーで操作する方法について紹介しましたが、シーン切り替えや、プラグインセレクトなどもMIDIコントローラーにアサインすることでより素早く任意のコントロールを行えるようになります。

TOPへ
Exact matches only
タイトルを検索
本文を検索
製品をさがす
Search in pages
ブランド名
コンテンツ
ソリューション提案
サポート情報