Exact matches only
タイトルを検索
本文を検索
製品をさがす
Search in pages
ブランド名
コンテンツ
ソリューション提案
サポート情報
scroll

もう一つのWavesカタログ『My Favorite WAVES』

2017.06.22

プラグイン・デベロッパーの雄、WAVESが現在リリースしているプラグインは、今やなんと170種類にも及びます。状態のよいビンテージ機器を探し出してデッドコピーされたモデリング・プラグイン。最新技術を惜しみなく投入してハイクオリティなサウンドに仕上げるカッティング・エッジなプラグイン。世界のトップを走るアーティストやエンジニアとタッグを組んで開発されたシグネチャー・プラグイン。ベストテイクの中に潜む、不慮の事故によって発生したノイズを完璧に消し去るノイズリダクション・プラグイン。WAVESが25年以上もの時間をかけて開発してきたプラグインは、その全てが現在もなお最新のOS、最新のDAWで使用できるように継続して開発・更新が行われており、これまで1つたりとも開発終了となったプラグインは存在しません。WAVESプラグインを選び、使用していただくということは、将来安全にセッションファイルを開くことができる保証を得ることに等しいとも言えます。だからこそ、第一線で活躍されている方もまた、ファーストチョイスにWAVESプラグインを使ってくださるのかもしれません。

ここは、第一線を走るエンジニア、トラックメイカー、プロデューサー、コンポーザーの方々にお話を伺い、フェイバリット・WAVESプラグインを教えていただくコーナー。どこに、何を、どんな用途で、どうしてWAVESを選ぶのかを教えて頂きました。WAVESプラグインはこれからも続々と種類を増やし、かつ過去のプラグインの開発も継続します。伺ったみなさまの「フェイバリット」が将来変わることがあれば、更新をさせていただくこともあるでしょう。また、アンケートをいただく方々は続々と追加を予定いたしております。続々と更新される本ページにご期待ください。

Reviewers

藤原 暢之

保本 真吾

佐藤 洋介

永井 はじめ

Nakajin(SEKAI NO OWARI)

鈴木 "Daichi" 秀行

牧野 忠義

古賀 健一

福井シンリ

芦沢 英志

and more...

牧野 忠義

株式会社スピンソルファ代表 / 作曲家

API Collection:“生楽器のやや曇った音源をスッキリした音像へ作り変える時にAPI 550Bや2500を主に使います。出音は結構派手になるので高域の処理に注意。”

藤原 暢之

Recording Engineer

SSL4000:“全チャンネルにインサートするほど好きで、どこに行ってもこれがあれば安心と安定をもった作業ができます。”

保本 真吾

CHRYSANTHEMUM BRIDGE

S1 Stereo Imager:“EQを使ってスペースを作ったミックスではなく「音場を作るように音を重ねたい」ときに使います。”

佐藤 洋介

サウンドプロデューサー、エンジニア

SSL4000:“スタジオでも使い慣れているこのコンソールですが、そんな僕から見ても「いい作業ができる」素晴らしい完成度です。”

永井 はじめ

エンジニア/プロデューサー

MV2:“ほとんどのセッションで使っていて、特にボーカルにはかなりの頻度で使います。音質を損なうことなくレベルを整えられます。”

Nakajin(SEKAI NO OWARI)

アーティスト

Renaissance Compressor:“一番音が自然なコンプレッサー。当たり前のようだけど、こういうコンプって実はなかなかありません。”

鈴木 ”Daichi” 秀行

アレンジャー / プロデューサー

Abbey Road REDD:“インサートしただけで質感が変わる系のものが好きですが、このREDDはその意味でも好きで使っています。特に”Bass Lift” つまみをグイッとあげるととてつもない図太くて、(いい意味で)とんでもない音になりますよ(笑)”

古賀 健一

エンジニア

H-EQ:“H-EQが登場したとき「やっとアナライザーつきのEQがでた」と、本当に嬉しくて即購入しました。今でもギターの補正には欠かせないツールですね。”

福井 シンリ

作・編曲家

S1 Stereo Imager:“下積み時代にお世話になったエンジニアさんが愛用してたのを機に自分も虜に。今ではマスターTrに必ず挿してうっすら音場を広げる隠し味的な感じで愛用してます。”

芦沢 英志

サウンドクリエイター

Infected Mushroom Pusher:“とにかくMAGICですよ!MAGICを上げるだけで音像が前にきます。後、PUSHで歪み感を付加させる事で音が元気になる。シンセ、ベース、ギター、ドラム。何にでも使ってます。Future系のボーカルには必ず使って、バキバキなサウンドデザインにしてます。”

TOPへ
Exact matches only
タイトルを検索
本文を検索
製品をさがす
Search in pages
ブランド名
コンテンツ
ソリューション提案
サポート情報