Exact matches only
タイトルを検索
本文を検索
製品をさがす
Search in pages
ブランド名
コンテンツ
ソリューション提案
サポート情報
  • TOP
  • Tips / Article
  • 【MI FESTIVAL】DTMスクール Sleepfreaksのサウンド・クリニック ミックスに関するお悩みにお応えしますレポート
scroll

【MI FESTIVAL】DTMスクール Sleepfreaksのサウンド・クリニック ミックスに関するお悩みにお応えしますレポート

2020.12.24

2020年11月、私たちメディア・インテグレーションは過去にない規模で生配信セミナーを実施いたしました。総計23プログラム、2日間に渡って開催されたこの生配信イベントには延べ5000人もの方にリアルタイムでご視聴いただきました。

その中で配信されたSleepfreaksのサウンド・クリニックでは、日本トップクラスのオンラインDTMスクール、Sleepfreaks講師のドクター大鶴氏に、ミックスでお悩みの皆さまの「生のお悩みの声」にお答えいただきました。


このセミナーのみどころ

歌ってみたで「元々ミックスされた」素材に自分の声を合わせようと思ったとき、どうしても声が曲になじまないという経験をされた方は多いと思います。そこでミックスではおなじみのRenaissance Compが登場。普段とは「ちょっと違った」使い方でトラックのなかにボーカルの居場所を作り、自然なミックスに仕上げます(3:21)。

また市販の音源のような手前に張り出してくるような存在感のあるボーカルを処理する方法や(3:21)、そして誰もが一度は突き当たる「低音の処理」については、ベースとキックのカブりを正当な手法で、または裏技的なプラグインを用いて一瞬で解消したり、逆に量感の足りない低域をどう補正していくかなど(31:45)、ミックスをしている人なら誰もがぶつかる問題を解説します。

専門的な解説はもちろん、少ないパラメータで効果的に処理を行う方法なども紹介されています。ミックスを始めたばかりの方はもちろん、今まで処理に悩んでいた方もなにかのヒントが得られるかも知れません。ぜひ最後までお楽しみください。

TOPへ
Exact matches only
タイトルを検索
本文を検索
製品をさがす
Search in pages
ブランド名
コンテンツ
ソリューション提案
サポート情報