Exact matches only
タイトルを検索
本文を検索
製品をさがす
Search in pages
ブランド名
コンテンツ
ソリューション提案
サポート情報
scroll

Lauten Audio Edenレビュー:K

2021.11.18

「音で」選んだマイク

メディア・インテグレーション(以下、MI)

新作のリリース、おめでとうございます。最初に今回の作品の思いをお聞かせください。

K 氏(以下、K)

今まではトラックメイクから歌までの全てを自分で作っていたのですが、今回はメロディと歌詞に専念しようという思いがありました。つまり、トラックメイクを他の方にお願いしようということですね。全て自分だけで作り上げることは楽しさも達成感もありますが、そんなに簡単なことじゃない。それから、自分だけで作っていると客観性がなくなってしまうので、自分じゃないトラックメイカーに自分の曲をお願いしたらどうなるんだろう?という期待もありました。

結果として、リバーブの使い方や楽器の重ね方、キックやベースのローの膨らませ方まで含めて今までの自分にはないものをいっぱい引き出してくれたように感じたし、面白い発見がたくさんありました。

MI

自分の中にないものを持っている方々とのコラボレーションで産まれた楽曲ということですね。

K

DJ RYOWさんとのコラボレーションはたくさんの発見がありました。僕自身ヒップホップは大好きですが、もっとディープなヒップホップのフィールドに踏み込みたいという思いもあって声を掛けさせてもらいました。10曲くらいのトラックを送ってもらった中から選んでメロディを乗せて、という方法で制作したものです。

自分でトラックを作っていると、制作の時点でその曲がどういう構成なのか、どういうコード進行なのかという形が全部頭の中に入っていますが、自分じゃない人が作ったトラックだと何もかも把握していない状態で、それが逆に楽しいというか、新鮮だったんですね。トラックができあがるまでどういうコード進行なのかも全く分からないという(笑)

アレンジ作業も面白くて、僕自身が「メインボーカルに2声のコーラスを重ねた」と思っていたのに、アレンジャーがハモリのコーラスの方をメインに聞かせるようなアレンジにし直していた、なんてこともありました。自分では考えもつかないような音の優先順位の考え方はすごく面白かったし、良いものができたなという手応えもありますね。

MI

これまで以上にKさんは「ボーカリスト」に専念されていたのですね。今回のレコーディングではLauten Audioのマイク、Edenが活躍したと伺いました。

K

マイクは大好きなので以前から色々なものを試してきたし、自分の歌だけじゃなく楽器でも試してきました。数年前からスタジオで録るという機会も減ってきて、自分のスタジオで録るということも増えてきて、僕自身の曲もアコースティックなものからエレクトリックな打ち込みの曲が増えてきていたので、いわゆるスタジオの「定番」と言われるマイクじゃなく、様々なブランドのキャラクターを楽しみたいなと思ったんです。色々と物色してみたら、Lauten Audioというブランドに辿り着いて、そこの"Eden"と"Atlantis"というマイクが気になって、一度試してみようということになりました。

エンジニアさん達にも集まっていただいて、定番のマイクを含む色々なマイクをブラインドテストしたのですが、全員の意見が一致して1位はEden、2位がAtlantisでした。試したのはボーカルとアコギでしたが、Edenが一番今の音楽に合っていて、色々な場面で使えそうだなと感じましたね。

こんなにいいマイクがあるのにどうしてみんな使わないんだろう

MI

1位のEdenと2位のAtlantis、2つのマイクの印象の違いはどこですか?

K

分かりやすく言うと、Atlantisはヴィンテージ寄りのサウンドで、Edenはもう少しモダンな感じで、ヴィンテージと最近のマイクが良い塩梅を取った感じですね。実は僕自身、定番のヴィンテージマイクってあまり好みじゃないのですが、それでもAtlantisは自分に合っていると感じましたね。温かみがあるけどハイがしっかり抜けてくれる感じ。

それから、どちらのマイクにも付いているキャラクター切り替えのスイッチ(**Multi-Voicing テクノロジー)もいいですね。音がグッと前に出たり、あるいはウォームになったり、ヴィンテージ感が出たり。マイクにこういう機能が付いているものって他にもありますが、メーカーによってはすごくオモチャっぽいものあります。でも、Lauten Audioの場合は全然嘘っぽくならないし、相当研究されて作られたんだろうなという感じがしますね。

MI

24bit、32bitなど現代のレコーディングフォーマットに合わせた「ヴィンテージ・サウンド」にチューニングするというのがLauten Audioのポリシーでもあります。

K

なるほど、「ハイファイなクラシカル」みたいな感じですね。個人的にはもっと多くのスタジオで導入されてもおかしくないマイクだと感じるのですが、どうしても日本のスタジオって「とりあえずいつもの定番」なところが多くて、なんだかなぁと思ってしまいます。僕は「こんなにいいマイクがあるのに、どうしてみんな使わないんだろう?」って思うほど気に入っています。

実は、J-WAVEのALL GOOD FRIDAYという番組のコーナーでカバー曲を歌うことがあったのですが、そのレコーディングも全てEdenを使いました。本当に、お気に入りのマイクだし、どこでも使いまくっています。ただ1つ不満があるとすれば.....とにかく重い!(笑)

MI

Lauten Audioのマイク全般そうなんですが、特にEdenはその中でも重いほうですね..

K

もう少しだけでも軽くなってくれたら....でも、本体が軽くなったせいで音まで変わっちゃったら嫌だな(笑)

新曲「Touchdown」について

2021年 NEWプロジェクト第二弾!
プロデューサーにDJ RYOW、注目若手ラッパーVILLSHANAを迎えリリース!!

Kさんから作品についてコメント

今まで関わりのなかったミュージシャンたちと音楽を作ってみたいという思いがあって。こういう時代からこそ気軽に音を作っていこうと心がけて作りました。自宅での作業時間が増えたことがきっかけかもしれませんが、今まで避けてきた道をどんどん攻めていきたいという思いを込めて、楽曲のタイトルも「タッチダウン」に決めました。共に制作をしてくれるミュージシャンの心にもどんどん入り込んで行きたいというか(笑)どんどん前に進んで行こうという思いで作った曲ですね。

歌うことだけじゃなく、音源の選び方やトークボックスを使う事だったり、ピッチコレクトで声を思い切り加工したりと様々な遊びを仕掛けましたので、楽しんでもらえたらなと思います。


プロフィール

K

シンガーソングライター

韓国・ソウル出身のシンガーソングライター。2005 年3月シングル『over...』で日本デビュー。同年11月CX ドラマ「1 リットルの涙」の主題歌『Only Human』が大ヒット。同ドラマの挿入歌であるレミオロメンの『粉雪』 も大ヒットし、ドラマの主題歌、挿入歌がオリコン連続同時TOP10入り記録の歴代1位となる。翌年リリース した1st アルバム『Beyond the Sea』はアルバムチャート最高位2位、30 万枚の大ヒットを記録。

2008年にブロードウェイミュージカル「RENT」にロジャー役として出演。2009年、外国籍としては史上初 となる全国47都道府県ツアー「K style~timeless night~」など、圧倒的なライブパフォーマンスで高い 支持を集める。 2010年11月30日にはデビュー5周年を記念して、自身初となる日本武道館を成功させる。 2011年に韓国民の義務である兵役のため入隊。翌年10月20日に陸軍軍楽隊を除隊。

2015年、デビュー10周年を記念して、毎回スペシャルゲストを迎えたアコースティックライブ「“K”olors」 を全10公演(TRICERATOPS、KAN、藤巻亮太、浜崎貴司、風味堂、宮田和弥、GAKU-MC、押尾コータロー 、尾崎裕哉、中田裕二)を行う。

2017年新たにレーベルをビクターに移籍し、テレビ朝日「科捜研の女」主題歌『シャイン』をリリース。

2019年には笑福亭鶴瓶さん主演映画「閉鎖病棟‐それぞれの朝‐」の主題歌『光るソラ蒼く』を含めたニュ ーアルバム『Curiosity』をリリース。2020年7月~3ヵ月連続配信として『Satisfaction』『Slow dance』『 Truman Show』の3曲を配信リリース。
ライブ以外にもMCやラジオDJ、ナレーターなど幅広く活動している。

【レギュラー番組】
〈TV〉
NHK 「テレビでハングル講座」 毎週水曜23:30~23:55 〈ラジオ〉
FMヨコハマ 「K-style」 毎週木曜23:30~24:00
FM COCOLO 「Heartstrings」 毎週土曜17:00~18:00

【受賞歴】
第20回日本ゴールドディスク大賞「ニューアーティスト・オブ・ザ・イヤー」 第20回日本ゴールドディスク大賞「日韓友情年2005特別賞」

【オフィシャルサイト】https://k-official.jp

【Twitter】本人アカウント @k_pianoman
【Instagram】 本人アカウント@k_pianoman 
【TikTok】 本人アカウント@k_pianoman
【LINE】オフィシャルアカウント: k_official

TOPへ
Exact matches only
タイトルを検索
本文を検索
製品をさがす
Search in pages
ブランド名
コンテンツ
ソリューション提案
サポート情報