Exact matches only
タイトルを検索
本文を検索
製品をさがす
Search in pages
ブランド名
コンテンツ
ソリューション提案
サポート情報

本サイトでの Cookie の使用について

scroll

Flux:: Analyzer System
See what you feel !

製品の説明

高精細なビジュアルと多彩な機能、次世代リアルタイム・アナライザー・システム

AAXと64-bitに対応したPure Analyzer System sp3が発表されました。数々の機能強化に加えて、スタンド・アローンのアプリケーションPure AnalyzerはMAC OS XとWindowsの64-bitに対応し、SampleGrabberプラグインは、AU/VST 32/64-bit, AAX Native/DSP 64-bitにも対応しています。

20150223_FLUX_Pure_Analyzer_Sys


 

Flux:: Analyzer Systemは、ネットワーク上でも他のコンピューターからの信号を受信できるRTA(リアルタイム・アナライザー)システムです。2種類のモジュールを任意に追加することで、特定のフィールドで必要な機能を拡張し、様々な用途のオーディオ分析/計測に使用できます。

分析結果を表示するグラフィックのレンダリングには、GPU効率に優れた2D/3Dグラフィック・エンジンを使用しています。このエンジンには標準的なOpenGLが採用され、グラフィック・カード上のGPUを活用して、オーディオを視覚的に表現する処理を最適化しています。

Pure Analyzer Essentialには、Sample Grabberというプラグインが含まれます。このプラグインをDAWのトラックにインサートすることで、DAWプロジェクト内の任意のオーディオ信号を、解析するソースとしてPure Analyzer Systemに送ることができます。この他にもASIOとCore Audioにも対応しているので、オーディオ・インターフェースを経由した外部からの信号を解析することも、もちろん可能です。


 

Sample Grabber

20150223_FLUX_sampleGrabber

Sample Grabberプラグインは、一つのDAW上でも、別々のコンピューターで動作している複数のDAW上でも、必要な数だけインサートすることができます。

Sample Grabberはサラウンドの設定にも対応しています。Pure Analyzer Systemでのネットワーク設定は完全に自動化されており、ユーザーがネットワークの複雑な設定をする必要はまったくありません。

Sample Grabberは標準的なDAWのプラグイン規格(VST、AU、RTAS、TDM(TDMはAvid Venueシステム用)) に対応しています。このプラグインがソースとなる信号をキャプチャーし、ZeroConf/Apple Bonjourプロトコルを使ってネットワーク上の別のコンピューターで動作しているPure Analyzer Systemに解析する信号を伝送します。

ネットワーク間のオーディオ伝送には、サンプルレートが44.1kHzの場合、チャンネル毎におよそ1.4Mbpsの回線スピードが必要です。適切に設定された標準的な100MbpsのEthernetネットであれば、まず十分な本数の信号を扱うことができるでしょう。

96kHzで5.1chのサラウンド設定を伝送しても、20Mbpsしか消費しません。Sample Grabberとアナライザーが同じコンピューターで動作している場合には、ネットワークの限界について考慮する必要はありません。

Flux:: Pure Analyzer - 鈴木Daichi秀行
96kHzでの作業が増え、今までは確認できなかった高周波帯域のノイズなども視覚的に確認できるので、ミックスはもちろん、録りの段階でも常にモニターできるように立ち上げて作業しています。自宅作業の環境では特にスピーカーでのモニターに限界があり、低音のトリートメントに苦労する事も多いので、高精度のアナライザーはとても助かります。
Flux:: Pure Analyzer - Shigeo Aoki
Pure Analyzerは見た目もさることながら、特筆すべき点はネットワークを通じて他のPCでPure Analyzerを起動しチェックできることです。PureAnalzerは多くのパラメータを表示でき、その内容も繊細です。しかし、このようなアナライザーはグラフィック処理に負荷を大きく加えます。作業PCに負荷をかけることなく、正確な値を確認する事ができる、唯一無二のアナライザーです。

 

Pure Analyzer Essential

20150223_FLUX_pas_spectrum_sPure Analyzer Systemの基幹であるPure Analyzer Essentialは、スタンドアローンのアプリケーションとして動作します。この基本アプリケーションは、ライブ、マルチチャネルの2種類のモジュールを追加して機能を拡張することも可能です。詳しく>>

 

拡張モジュール

Pure Analyzer Essentialの機能を拡張するために、2種類の拡張モジュールが用意されています(有償オプション)。使用するフィールドに応じて、必要とされるより高度なツールを各モジュールが提供します。これら拡張モジュールを使用するためには、Pure Analyzer Essentialが必須となります。

 

Pure Analyzer Live:

20150223_FLUX_pas_surround複数地点でのマグニチュード計測、SPL 表示とキャリブレーション、サンプル精度のディレイ計測、インパルス・レスポンス、伝達関数、位相特性、スナップショットなど、ライブサウンド/設備のシステム計測に特化した機能を追加。詳しく>>

 

FLUX:: Analyzer Essential

-税込価格-
¥44,000

Pure Analyzer Live Option

-税込価格-
¥24,200

仕様・動作環境

Flux:: 動作環境

 
対応OS
  • Mac OS X 10.12.6以降 64bitのみ(Apple SiliconについてはRosetta 2での動作に対応)
  • Windows 7-10 全て64bitのみ

 

対応フォーマット

  • Audio Units、VST(v2.4)、AAX Native/AudioSuite/DSP、VS3 MassCore/Native (Pyramix & Ovation )
  • Waves WPAPI(SoundGrid V9)対応
  • AAX Native/DSPフォーマットは64bit Pro Tools 11以降に対応。

 

アクティベーション

インストールした製品をアクティベートするためにiLok.comアカウント及びiLok License Managerが必要です(iLok USB Keyは不要です)

 

対応サンプルレート

  • AU/VST/AAX 最大192kHz、DXD (Pyramix & Ovation ) 最大384kHzのサンプリングレートに対応*
  • 内部処理64bitフローティング・ポイント

 

*ホストアプリケーションによっては8x fs / 384kHzサンプルレートはサポートされません。事前に開発元までご確認ください。Pure Analyzer Systemは最大384kHz (SampleGrabber経由は192 kHzまで)をサポートします。

 

Session Analyzer /Sample Grabber、Ircam Verb Session、Studio Session Packはモノ、ステレオのみ対応です。Jünger Level Magicは最大5.1ch、Elixir Essentialは最大16ch、Ircam Spatは最大16ch イン/ 8ch アウト対応です。

 

対応フォーマット、サンプリングレート、入出力についての注意

Flux::製品は、対応するプラグインフォーマットやサンプリングレート、入出力チャンネル数、サラウンドフォーマット、マルチチャンネル数等が異なります。各製品の対応の詳細については下記メーカーページの表をご確認ください。

 

Plugins formats & Specifications

https://www.flux.audio/plugin-specifications/

 

その他、基本的な動作環境は、各ホスト・アプリケーションの動作環境に準じます。製品をご使用頂くにはインターネット接続環境が必要です(インストーラのダウンロード、およびiLokオーサライズ時)。製品の仕様・動作環境、および価格は、予告無く変更となる場合があります。

 


 

Pure Analyzer はスタンドアロンのみ。(付属の各プラグイン対応のSampleGrabberにてDAWとの連携が可能)

FLUX:: Analyzer Essential

-税込価格-
¥44,000

Pure Analyzer Live Option

-税込価格-
¥24,200

TOPへ
Exact matches only
タイトルを検索
本文を検索
製品をさがす
Search in pages
ブランド名
コンテンツ
ソリューション提案
サポート情報