• POPULAR LINKS
検索

本サイトでの Cookie の使用について

scroll

Apogee Symphony I/O : modules

製品の説明

製品ラインナップ

I/Oモジュール
2×6 SE


2x6 Analog I/O
+
8x8 Optical + AES I/O

CONNECT 8x8

8×8 Analog I/O + 8 Mic Pre
+
AES/Optical I/O

16x16 SE


2x6 Analog I/O
+
8x8 Optical + AES I/O


カードオプション
Thunderbolt


Thunderbolt Option

PTHD + Dante Expansion

PTHD Dante Expansion Option

Dante + Pro Tools HD

Dante & Pro Tools HD Option


I/Oモジュール

2x6 SEモジュール

2x6 SEモジュール 魅了する、圧倒的なモジュールカード

Symphony IO Mk IIのサウンド、そして魂ともいえるのが、IOモジュールです。30年以上にわたるApogeeの研究開発、設計、経験のすべてがこれらのボードに注がれています。これらのパワフルなモジュールは、Apogeeの持つ技術ノウハウの集積、並外れた音質を持つデジタル・オーディオ・レコーディングそのものを表しています。3つのI/Oモジュールと8チャンネル・マイクプリ・モジュール、ベースのコンフィギュレーション(構成)を選び、さらに拡張する。将来を見据えた柔軟なスタジオ構築を実現します。

Apogeeのフラッグシップ・クオリティを長きにわたりご利用いただけるよう、Symphony IOのモジュールはフューチャー・プルーフ(将来的な互換性)を重視した設計になっています。以前のSymphony IOシリーズをご所有なら、後方互換性を持つSymphony I/O Mk IIのシャーシに第1世代の2×6, 8×8, 16×16, 8chマイクプリ・モジュールを移植し、末永くシステムを維持していただくことが可能です。

対応フォーマット
thunderbolt
pthd
SoundGrid
Dante
端子
アナログI/O
アナログI/O

XLR端子のINPUT 2チャンネル、D-SUB端子のOUTPUT 6チャンネルを装備。Apogee Control ソフトウェア、または本体前面よりリファレンスレベルの設定が可能です。

AES I/O
アナログI/O

XLR端子のAESを装備。2チャンネルのAESを入出力可能です。

Optical I/O
Optical I/O

オプティカル端子は下記形式をサポートしています。

  • ADAT: 8 チャンネル 44.1-48 kHz
  • SMUX: 8 チャンネル 88.2-96 kHz
  • S/PDIF: 2 チャンネル 96 kHzまで
Coaxial I/O
Coaxial I/O

2チャンネル、192kHzまでのS/PDIF入出力に対応します。

製品概要

2×6 SEモジュールは、Symphonyシリーズ中最も優れたコンバーターを搭載しています。ライン入力で124dB(A)ものダイナミックレンジと -116dBのTHD+N、ライン出力で131dB (A)ダイナミックレンジとTHD+N -118dBという、圧倒的な低歪みを実現しています。最新の注意を払い最適化されたコンバータが、マスタリングをはじめシビアな調を要求されるエンジニアに、自信に満ちた決断を下すための、究極とも言える透明度を提供します。

インプット

最大同時入力数: 8/総入力数12

  • アナログ入力:2 x バランス XLR
  • AES入力: ステレオ入力 1x XLR
  • *Optical入力: ADAT、SMUX、S/PDIFに対応
    • ADAT: 1x Toslinkケーブル 44.1-48 kHz x 8ch
    • SMUX: 1x Toslinkケーブル 88.2-96 kHz x 8ch
    • S/PDIF: 1x Toslinkケーブル 44.1-96 kHz x 2ch
  • S/PDIFコアキシャル入力: RCA同軸 44.1-192 kHz x 2ch

*Dig IO ハードウェア・スイッチでAES/OPTICALを切替え

アウトプット

最大同時出力数: 8/総出力数16

  • アナログ出力: 1x 25-pin D-Subコネクターバランス出力 x 6ch
  • AES出力: ステレオ出力 1x XLR
  • *Optical出力: ADAT、SMUX、S/PDIFに対応
    • ADAT: 1x Toslinkケーブル 44.1-48 kHz x 8ch
    • SMUX: 1x Toslinkケーブル 88.2-96 kHz x 8ch
    • S/PDIF: 1x Toslinkケーブル 44.1-96 kHz x 2ch
  • S/PDIFコアキシャル出力: RCA同軸 44.1-192 kHz x 2ch

 

Connect 8x8 MPモジュール

CONnECT 8x8モジュール マイクプリを搭載し、多彩な用途に応えるモジュールカード

堅牢で高性能なAD/DAコンバーターとApogeeのAdvanced Step Gain Architecture™マイクプリアンプを搭載し、ApogeeフラッグシップI/OであるSymphony品質のサウンドをかつてない価格で提供します。最先端のコンポーネントとシンプルで最適化されたアナログ回路設計により、より多くのAD/DAコンバーターとマイク・プリアンプを1つのモジュール・ボードへの搭載が可能に。

業界をリードするサウンド・クオリティと、Dante®、Pro Tools® HD、Thunderbolt®システムに対応したスケーラブルで高密度なI/O構成を持つSymphony Connectシリーズは、放送局、ライブ・サウンド、教育機関、ポスト、礼拝堂、レコーディング・スタジオなどの施設にとって理想的な選択肢です。

対応フォーマット
thunderbolt
pthd
SoundGrid
Dante
製品概要

Symphony I/O Mk IIの音の根幹を支える部分であり、30年以上にわたるApogeeの研究開発とデザインの卓越性を表しています。パワフルなモジュールは、Apogeeのコア・コンピテンシーである優れたサウンドのデジタル・オーディオ・レコーディングを実現。複数のI/Oモジュールとマイク・プリアンプ・モジュールが用意されているので、基本的な構成を選択すること、あるいはスタジオの能力を高めるために拡張することも可能です。

インプット
  • アナログ入力: 8系統(バランス入力)(DSUB 25ピンコネクタ×1)
  • 最大72dBのゲインを持つ8つのマイクプリアンプ
  • Advanced Stepped Gain Architecture™を採用
  • *AES-EBU IN: 8入力(DSUB 25ピンコネクタ×1)(192kシングルワイド対応)
  • *オプティカルIN ADAT、SMUX、S/PDIFに対応
  • ADAT: 44.1-48kHz×8チャンネル
  • SMUX: 8チャンネル 88.2-96kHz
  • S/PDIF: 2チャンネル、最大96kHz
  • 同軸IN: S/PDIF:2チャンネル、最大192 kHz
アウトプット
  • アナログOUT:8系統(バランス)(DSUB 25ピンコネクタ×1)
  • *AES-EBU OUT:1 DSUB 25ピンコネクター×8系統(192kシングルワイド対応)
  • *オプティカル出力:ADAT、SMUX、S/PDIFに対応
  • *AES-EBU IN: 8入力(DSUB 25ピンコネクタ×1)(192kシングルワイド対応)
  • ADAT:44.1-48kHz×8チャンネル
  • SMUX: 8チャンネル 88.2-96kHz
  • S/PDIF:2チャンネル、96kHzまで対応
  • Coax OUT: 2チャンネルのS/PDIF、最大192 kHz

*ハードウェアスイッチでAESまたはOpticalデジタル入力フォーマットを選択可能

 

16x16 SEモジュール

16x16 SEモジュール 多チャンネルの入出力に対応するモジュールカード

Symphony IO Mk IIのサウンド、そして魂ともいえるのが、IOモジュールです。30年以上にわたるApogeeの研究開発、設計、経験のすべてがこれらのボードに注がれています。これらのパワフルなモジュールは、Apogeeの持つ技術ノウハウの集積、並外れた音質を持つデジタル・オーディオ・レコーディングそのものを表しています。16x16 SEはイマーシブオーディオなど、多チャンネルを扱うスタジオに最適。将来を見据えた柔軟なスタジオ構築を実現します。

対応フォーマット
thunderbolt
pthd
SoundGrid
Dante
製品概要

Symphony IO Mk IIのサウンド、そして魂ともいえるのが、IOモジュールです。30年以上にわたるApogeeの研究開発、設計、経験のすべてがこれらのボードに注がれ、ダイナミックレンジ:AD 124dB(A)、DA 128dB(A)、THD+N:AD -115dB、DA -119dB を実現。Symphony シリーズ最高音質をステレオからイマーシブ・オーディオまで多彩なフォーマットに提供します。

インプット
  • アナログ入力: 2x 25-pin D-Subコネクターバランス入力 x 16ch
  • S/PDIFコアキシャル入力: RCA同軸 44.1-192 kHz x 2ch
アウトプット
  • アナログ出力: 1x 25-pin D-Subコネクターバランス出力 x 6ch
  • S/PDIFコアキシャル出力: RCA同軸 44.1-192 kHz x 2ch

 


カードオプション

Thunderbolt Card

Thunderbolt Card

Thunderbolt 2にてMacと接続し、ネイティブ環境のオーディオインターフェイスとして使用可能です。

 

PTHD+Dante Card

PTHD+Dante Card

1枚のカードでDanteネットワークへの接続と、Pro Tools HDへの接続が可能です。

 

ProTools HD + Dante Expansion Option

ProTools HD + Dante Expansion Option

Pro Tools HDのI/Oとして使用可能です。Brooklynカードをオプションとして追加可能。

TOPへ