• TOP
  • メーター・測定

Meter/Analyzer

メーター・測定

ブランドを絞り込む

AMB – Audio Management Batch Processor

NuGen Audio

AMB – Audio Management Batch Processor

大量のオーディオ・ファイルに必要な編集プロセスをバッチ処理で自動化。 AMB(Audio Management Batch Processor)は、ラウドネス値の自動補正や、サラウンドへのアップミックスの自動化など、大量のオーディオ・ファイルに対して必要とされるプロセシング・タスクを劇的にスピードアップする、WindowsとOS Xに対応したモジュール型ソフトウェアのスイートです。 AMBは、必要なファイル処理アルゴリズムをスレッド化、ファイルやキューに対して、複数のプロセシング・スレッドを並列に処理することが可能です。費用対効果に優れたオーディオのマネージメントと自動化なら、AMBにお任せく

Codec Toolbox

Sonnox Oxford

Codec Toolbox

AACやMP3変換で失われる帯域をシンプルなインターフェースでリアルタイムに確認可能なプラグイン/スタンドアローン・ソフトウェア スタジオで時間をかけて仕上げたミックスが、mp3にエンコードしたとたん、色褪せて聞こえてしまう。そんな経験はありませんか?どんなフォーマットに変換したとしても、音楽を意図したクオリティーで聞かせたい?音楽をWeb配信用にエンコーディングするリーズナブルなツールをお探しなら、Sonnox Codec Toolboxが最適です。 Codec ToolboxはSonnoxとFraunhoferとのパートナー・シップで誕生した製品です。FraunhoferはオンラインやiP

Dorrough Stereo

Waves

Dorrough Stereo

Dorrough Electronicsとの共同開発、280D/240Dを始めとする同社ハードウェアメーターを完全再現。 Waves Dorrough Meter Collectionは、最高の精度を誇るDorrough Electronicsのハードウェア・メーター280D/240D、380D/340D、40AES/EBUを完全にモデリングした、プロフェッショナルなメーター・プラグインです。 Dorrough Electronicsとの協力関係のもとで開発されたDorrough Meter Collectionは、オーディオに関わるあらゆるシナリオに対し、精密なラウドネス・モニタリングを可能

Dorrough Surround

Waves

Dorrough Surround

Dorrough Electronicsとの共同開発により、同社ハードウェアメーターをサラウンド対応で完全再現 Dorrough Meter Collection – Surroundは、サラウンド制作環境に特化して設計されたカスタマイズ・メーターを持つ、プロフェッショナルなメーター・プラグインDorrough Meter Collectionの完全版です。 ステレオ版に加え、サラウンド版のプラグインを収録し、最高の精度を誇るDorrough Electronicsのハードウェア・メーター280D/240D、380D/340D、40AES/EBUを完全にモデリング。280D/240

eMo Generator

Waves

eMo Generator

ピンク/ホワイト・ノイズ/正弦波から選択して信号を出力、直感的な操作が可能なマルチタッチ対応のシグナル・ジェネレーター eMo Generatorは、ライブ・ワークフローにおける音響測定やチェックに便利なシグナルジェネレーター・プラグインです。次の3種類の信号から選択可能です。 PINK: ピンクノイズ、ライブ・サウンドシステムの調整やテストに WHITE: ホワイトノイズ、SPLの測定 SINE: 正弦波、任意の周波数帯域をスウィープして調整、また楽器のチューニングにも eMotion LV1ライブ・ミキサーのチャンネルストリップに標準装備されているだけでなく、他の対応ホスト環境でも使用する

Fraunhofer Pro-Codec

Sonnox Oxford

Fraunhofer Pro-Codec

AACやMP3などの非可逆変換で失われる帯域をリアルタイムに確認しながら調整、複数ビットレートの切替えと試聴も可能なプラグイン 作品リリースの形態として重要度の高まっている、AACやmp3。配信ビット・レート、圧縮のクオリティは高まっているとはいえ、実際にマスターを変換してみるとクリップしてしまったり、思い通りの音にならないことが多い。そこで、マスターの音量、EQ、コンプレッサー、トランジエントなどを調整し、再度書き出したものを試聴する。それでも満足できない場合は、あらためてミックス、マスタリング調整を行う。 Sonnox Fraunhofer Pro-Codecは、そんな試行錯誤の繰り返しに

Jünger Audio Level Magic

Flux::

Jünger Audio Level Magic

Jünger Audio Level Magic – リアルタイム & オフライン・ラウドネス・プロセッサー Jünger Audio(ユンガー・オーディオ)とFlux::の共同開発により、ラウドネス値を自動コントロールするLevel Magicのソフトウェア版が現実のものとなりました。Jünger Audioの持つダイナミックレンジ・プロセッサーの原理を応用するには、数年間の開発期間を要しました。その結果、卓越した高音質を実現しつつ、色づけ、ポンピングやブリージングといったコンプ感や歪みなど、類似のデバイスで発生するようなモジュレーション・エフェクトについては徹底的に排除

LM-Correct 2

NuGen Audio

LM-Correct 2

LM-Correct 2はAvid ProTools、Media Composerで動作するAudioSuiteと、スタンドアーローンでのファイル・ベース処理に対応したプラグインです。 モノ〜7.1chサラウンドのオーディオ・リージョンのラウドネス値を瞬時に解析し、ARIB TR-B32、EBU R128、ITU-R B.S 1770-2などの国際規格に合わせたラウドネスレベルのファイルを自動的に生成します。VisLM-H 2などのラウドネス・メータープラグインと合わせて使用することで、ラウドネス管理の精度が向上し、作業時間の短縮にもつながります。 LM-Correct 2の新機能 2015年

LMB Loudness Management Batch Processor(販売終了)

NuGen Audio

LMB Loudness Management Batch Processor(販売終了)

AMB Loudness Moduleの発売に伴い、2016年9月9日、LMBと有償アドオンの販売を終了しました。AMBの製品詳細はこちらから。 一括解析 | 補正 | ログ書き出し Hotフォルダにシンプルにドラッグ&ドロップするか、フォルダの場所を指定するだけで複数のファイルのラウドネスをまとめて解析、そして自動補正。ARIB準拠のITU-R BS.1770-2など多彩なフォーマットに対応。極めて効率的なラウドネス・マネージメントが可能になります。デジタル放送の普及にともない大きな問題となってきたチャンネル、番組、CM、放送素材間による音量差。そこで問題となるのは、実際の聴感上の音

MasterCheck

NuGen Audio

MasterCheck

音楽配信メディアやポッドキャスティングのプラットフォームでは、ラウドネスの自動ノーマライゼーションの導入が進んでいます。Nugen AudioのMasterCheckプラグインは、このようなメディアで音楽を再生したとき、自分の作品がどのように聞こえるか、DAW上で確認を行うことができるメーター・プラグインです。  このメーターには、国際的に普及しているラウドネス計測基準に対応したラウドネス値の表示機能、ダイナミクスの変化度合いを数値で表示する機能、ITU準拠のトゥルーピーク・メーターが装備されており、ミックスやマスタリングの最終段階で、配信メディアへの楽曲提供を前提としたチェックをこのメーター

TOPへ