• TOP
  • エクスパンダー・ゲート

Expander/Gate

エクスパンダー・ゲート

ブランドを絞り込む

6034 Ultimate Multi-band

McDSP

6034 Ultimate Multi-band

まったく新しいマルチバンド・コンプレッションの世界 6034 Ultimate Multi-bandは、4つのクロスオーバー・バンド・ネットワーク上で異なるモジュールを選択可能な、まったく新しく柔軟なマルチバンド・ダイナミクスプロセッサーです。     数々の賞に輝く6050 Ultimate Channel Stripプラグインと同じ多彩なコンプレッション・モデル、エキスパンダー、ゲート・モジュールを収録、設定はそのままリアルタイムに次々と異なるモジュールを試聴しながら、選択・切り替えが可能です。クロスオーバー・フィルターのスロープは6、12、24dB/Octから選択でき

Alchemist

Flux::

Alchemist

 Alchemistは、FLUXのダイナミクス・プロセシング・アルゴリズムを統合した、マルチバンド・プロセッサーです。デジタル機器に懐疑的な人をも唸らせた、ピュアで、なめらかなサウンドで、繊細なマスタリングからクリエイティブなミキシングまで対応します。 AlchemistはPureシリーズ、およびSoleraの機能をほぼすべて網羅し、さらに各ダイナミクス処理を5つの周波数帯に分けて調整することができるマルチバンドプロセッサーです。周波数帯ごとの調整が可能なため、例えば低域と高域で異なるセッティングのコンプレッション、エクスパンダーを使用することができます。   18dB/octから54dB/o

Multiband Expander

Metric Halo

Multiband Expander

Multiband Expanderは、3つの周波数帯域ごとに柔軟にエクスパンダーを設定できるプラグインです。

MultiDynamics 5

Wave Arts

MultiDynamics 5

6バンド・コンプレッサー/エキスパンダーを搭載しながらも、ストリームラインなUIによる高い操作性を備えたマルチバンド・ダイナミクス・ツール MultiDynamics 5は、マスタリングからボーカルトラックの調整にまで使える、マルチバンド・コンプレッサー/エキスパンダーです。 最大6つまで分割可能な各バンドで、圧縮/拡張と振る舞い方を選択できるので、「不要な帯域を抑える」操作と「聞かせたい帯域のダイナミクスを強調する」操作を、同時に行えます。 6dB/oct、18dB/oct、30dB/octから選択可能な、歪みのないクロスオーバー。ソフト/ミディアム/ハードから選択可能なニーと、1/2/5m

Oxford Dynamic EQ

Sonnox Oxford

Oxford Dynamic EQ

ブーミーな低音や、刺さるような高域をEQで調整するために、元のレコーディングの品質から妥協せざるを得なくなる、そんな経験はないでしょうか。もしくは細かなEQオートメーションを描き込むことで、貴重な時間と自然なサウンドを犠牲にしてしまうことはないでしょうか。それならマルチバンド・コンプレッサーを使えばいいとアドバイスされ、その使いづらさに頭を悩まされたこともあるかもしれませんね。     Oxford Dynamic EQは、最小限のセットアップで必要とされるときにだけ最大限のプロセッシング能力を発揮するツールです。5バンドの究めて音楽的なType-3 EQカーブを備え、さら

Primary Source Expander

Waves

Primary Source Expander

アイドル時のマイクレベルを自動調整、ステージのカブり音やフィードバックを抑制するインテリジェントなライブ用エキスパンダー PSE – Primary Source Expanderは、マイクへのステージのカブり音やフィードバックに対する感度を抑えることのできるプラグインです。音楽フレーズを検知し、フレーズ間にあるアイドルの状態のマイク・レベルを自動で下げる、インテリジェントなエキスパンダーとして機能します。ライブ・ステージでの使用はもちろん、ライブレコーディングのミキシングにも強力な武器となります。     Primary Source Expander (PS

Pure DExpander

Flux::

Pure DExpander

ミックスに埋もれた音やアンビエンスを増強する、ディ・エキスパンダー・プロセッサー。 Solera IIのディ・エキスパンダー部を、単体プラグインとして利用可能になりました。 Flux::ならではの自然なサウンドで、埋もれた音、アンビエンスを底上げすることができます。独自の「Angel’s Share」、「Hysteresis」パラメーターも搭載。 入力信号量に対応して変化するオート・レシオ機能と、マニュアル・レシオ設定のバランスを、ダイナミック・レンジに応じて自動調整するAngel’s Share機能。 入力信号量に対応して変化するオート・スレッショルド機能と、マニュアル・スレッシ

Pure Expander

Flux::

Pure Expander

ノイズ、ブリードを手なずける、研ぎ澄まされたエキスパンダー。 Solera IIのエキスパンダー部を、単体プラグインとして提供。原音を劣化させることなく、ノイズ、リバーブ残響、他のマイクからのブリードなど、不要な要素を押さえることができます。FLUX独自の「Angel’s Share」、「Hysteresis」も搭載。 入力信号量に対応して変化するオート・レシオ機能と、マニュアル・レシオ設定のバランスを、ダイナミック・レンジに応じて自動調整するAngel’s Share機能。 入力信号量に対応して変化するオート・スレッショルド機能と、マニュアル・スレッショルド設定のバランスを、ダイ

Solera

Flux::

Solera

4つのダイナミクス処理を可能にする、ハイエンドな総合プロセッサー ピュアでなめらかなサウンドがPyramixユーザーに絶賛されたダイナミック・プロセッサーが、AU/RTAS/VST環境でも利用できるようになりました。 トラックをラウドにする必要があるが、サウンドのエアー感、アタック、微妙なニュアンスは失いたくない。ダイナミクスの足りないトラックの躍動感をとりもどしたい。低レベルのアンビエンスを足しながら、音はシャープにしたい。Solera II は、そんな要望に応えるために開発されました。 コンプレッサー、エキスパンダー、ディ・コンプレッサー、ディ・エキスパンダーと、4つのダイナミック・プロセ

SSL E-Channel

Waves

SSL E-Channel

SSL 4000 Series-Eコンソールのチャンネルストリップを細部までモデリング SSL E-Channel 伝説のエンジニア、ジョージ・マーティンを迎え1983年に開発されたSSL 4000Eコンソールに搭載されたチャンネルストリップを再現。 ハイパス/ローパスフィルター、4バンド・パラメトリックEQを備えるEQセクションは「ブラック・ノブ」イコライザーとして知られます。ダイナミクス・セクションには、SSL LS611Eをベースにしたソフトニー・コンプレッサー/リミッター、エクスパンダー/ゲートを備え、インサート・ポイントを、EQセクションの前・後から選択可能です。   SS

TOPへ