Omnisphere 2アップグレード手順

2015.05.01

2015-05

SpectrasonicsよりOmnisphere 2アップグレードのダウンロード提供が開始されました。

無償アップグレードまたは有償アップグレード版をお求めいただいたユーザー様は、下記手順にてv1から2へのアップグレードを実行してください。

動作環境

  • Omnisphere v1 (事前にインストールおよびオーサライズが必須です)
  • 64GB以上のHDD空き容量
  • OS X 10.9以降
  • Windows 7以降
  • VST2.4/AU(Cocoa)/RTAS/AAX対応ホストアプリケーション

 

※Mac OS X 10.12 Sierraは、Omnisphere v1非対応です。v1のライブラリデータインストール済みの環境、またはSpectrasonics社 TECH SHOPでのv2フルインストーラ(有償 $10)購入が必要です。(2017/1/23 追記)

バージョン情報

    • Omnisphere Software v2.0e
    • Omnisphere Patch Library v2.0c
    • Omnisphere Soundsource Library v2.0c
    • Trilian Patch Library 1.4.5 “Omni2 Update”
    • Bob Moog Tribute Patch Library 1.2 “Omni 2” Update

アップグレード手順

1. Spectrasonicsアカウントにログインの上、画面下部の[Add a product to your account]をクリックします。
https://auth.spectrasonics.net/useracct/

20161204_sp_spectrasonics-omnisphere2upg_1

2. [Enter Serial #]欄にアップグレードコードを入力します。(*無償アップグレード対象の方は、はじめにTechshopにてお申込みを行ってください。ライセンスは自動でv2へアップグレードされるため、この手順はご不要です。)

3. 画面が切り替わります。ご利用の環境に対応するOmnisphere 2 Upgrade Download Managerをダウンロードして下さい。 (*無償アップグレード対象の方は、申し込み後の画面にてリンクが表示されます。) リンクはメールでも送信されますので、こちらからダウンロードすることも可能です。

20161204_sp_spectrasonics-omnisphere2upg_2

4. ダウンロードされた下記ファイルを開き、ダウンローダーを実行してください。

  • OS X: Omnisphere 2 Upgrade Download Manager.dmg(ディスク内の同名.appファイルを開いてください)
  • Windows: Omnisphere 2 Upgrade Download Manager.exe

*ご注意

アップグレード・インストーラのダウンロードは1回のみ有効です。複数回のダウンロードを行うことはできません。ダウンロード後は必ずOmnisphere 2 Upgradeフォルダ全体のバックアップを取り、別途保管いただくようご注意ください。*ダウンロードされたアップグレード・インストーラの実行について回数の制限はありません。

再ダウンロードは、Spectrasnoics社のサイトにて$10のお支払い手続きが必要です。 

5. Upgrade Download Managerを実行すると、[Please select a download location below:]のウィンドウが表示されます。ここでアップグレード・インストーラの保存先を選択します。ダウンロードサイズは20GBとなります。十分な空き容量があることを確認の上、ダウンロード先を選択してください。*HDD上にあるOmonisphere v1のライブラリフォルダ(STEAM)をダウンロード先に指定しないようご注意ください。

6. 指定されたフォルダに[Omnisphere 2 Upgrade]という名称のフォルダが作成され、ダウンロードが開始します。回線環境により数十分〜数時間を要する場合があります。

20161204_sp_spectrasonics-omnisphere2upg_5

7. ダウンロードされたOmnisphere 2 Upgradeフォルダから、ご利用のOS、お持ちの製品に応じて下記フォルダ内のインストーラよりインストール行ってください。WindowsフォルダにはWindows用(.exe)、MacフォルダにはOS X用(.pkg)のインストーラが収録されています。*お持ちでない製品のインストーラーは実行しないよう、ご注意下さい。
7-1. Omnisphere v1をお持ちの場合は、Step1、2の順にフォルダ内のインストーラーを実行してください。

  • Step 1 – Software Upgrade
  • Step 2 – Data Upgrade

*2015/5/7 追記 Omnisphere 2 Software Updateがリリースされています。Step 1の作業は行わず、Spectrasonicsアカウントの[Omnisphere 2 Updates]ページから、最新のSoftware Updateをダウンロード・インストールしてください。Step 1のインストール実行後でもアップデートは可能です。完了後Step 2のインストールを実行します。

20161204_sp_spectrasonics-omnisphere2upg_8

7-2. Trilianを合わせてご利用の場合は、Step 1、2のインストール後に下記Step 3フォルダ内のインストーラを実行してください。

  • Step 3 – For Trilian Users

7-3. Bob Moog Tribute Libraryをご利用の場合は、Step 1、2のインストール後に下記Step 4フォルダ内のインストーラを実行してください。

  • Step 4 – For Moog Tribute Users

 

8. インストール完了後、ホストアプリケーションからOmnisphereを起動します。Omnisphere 2では新たにオーサライズが必要となります。オーサライズ画面が表示されましたら、下記ページをご参考の上オーサライズを実行してください。

Spectrasonics製品オーサライズ方法
http://second.minet.jp/support/content/view/396/35/

20161204_sp_spectrasonics-omnisphere2upg_6

 

9. レスポンスコードを入力し、Continueをクリックすると下記の完了画面が表示されます。ホストアプリケーションを再起動するか、一度プラグイン・スロットからOmnisphereをクリアし(プラグインなし)、再度Omnisphereをインサートするとオーサライズが完了します。

20161204_sp_spectrasonics-omnisphere2upg_7

以上でOmnisphere 2のアップグレードは完了です。


Omnisphere2 アップデート履歴

2015.5.15

Omnisphere 2 Software Update 2.0.2 メンテナンスアップデート

  • ミニブラウザの上下カーソルによるナビゲーションをBrowser Settingsにてオン・オフ可能に。
  • プラグインを閉じる際、まれに発生するクラッシュを修正。
  • GlanularにおけるStartスライダの挙動をより一定になるよう調整。
  • FMにおけるFrequencyスライダーの操作で起こるクラッシュを修正。
  • エフェクトラックで特定のエフェクトが使われた際にホストの再生が止まる問題を修正。

2015.5.7

Omnisphere 2 Software Update 2.0.1 メンテナンスアップデート

  • Arp Swingをモジュレートした際にすべてのパラメータが1.000に表示される問題を修正。
  • アフタータッチのリセット挙動をv1.5に準拠する形に変更。
  • 複数インスタンス起動時にPreferencesの設定を変更するとクラッシュする問題を修正。
  • 休符を含むアルペジエイターのLengthを変更するとシーケンスが正しく再現されない問題を修正。
  • Windows英語環境以外で発生するアクセス権の問題を修正。
  • エフェクトのテンポ同期がホストアプリケーションのテンポ変更に追従しない問題を修正。

2015.4.30

Omnisphere Software v2.0e イニシャル・リリース

> Spectrasonicsに関するサポート情報一覧に戻る

TOPへ