AAX Native/DSP Pro Tools 11対応バージョンリリース

2013.08.21

2013.8

Sonnoxより、Pro Tools 11対応のAAX Native/DSPバージョンがリリースされました。

*該当するG5 NativeおよびHDXライセンスをお持ちの方はそれぞれのアップデートを無償でご利用頂けます。ご利用には第2世代iLokキーが必須となりますのでご注意ください。

*HDバージョンをお持ちの場合は、G5 HD-HDXライセンスへのアップグレードプログラムをご利用頂けます。
詳細は下記Sonnoxの各製品ページをご欄ください。

http://www.minet.jp/brand/sonnox/
 

Pro Tools 11/10 AAX対応製品

2014.12現在

  • Oxford R3 EQ
  • Oxford R3 EQ + GML Option
  • Dynamics
  • Inflator
  • Limiter
  • TransMod
  • Reverb
  • SuprEsser
  • Pro Codec V3 (2014.12リリース)

 

動作環境

  • Mac OS X 10.6~10.10
  • Windows 7/8
  • 1GB以上の空きメモリ
  • RTAS/TDM: Avid Pro Tools 8〜10
  • AAX Native/DSP: Pro Tools 10、11
  • AU、VST(v2.4)対応ホストアプリケーション
  • iLok2 USB Smart Key(別売)、および接続用のUSBポート×1基
  • 基本的な動作環境は各フォーマット対応ホスト・アプリケーションの動作環境に準じます。

*その他動作環境・システムはご利用のホストアプリケーションに準じます。
*RestoreはAAX/AU/VST 64bit未対応となります。
*SuprEsserはAAX Native、SuprEsser DSがAAX DSP対応となります。
*Pro Codec, Codec ToolboxはAAX DSP非対応となります。

 

 

G5ライセンスについて

64bit対応はSonnox G5ライセンスとなります。G4以前のライセンスをお持ちの方は、Sonnox社のページより有償アップグレードが必要です。
お持ちのライセンスバージョンの確認、アップグレード方法は下記ページをご参考ください。

Sonnox最新バージョンライセンス・アップグレード申込み方法

 20161207_sp_ilok2-mini
  •  AAXおよび32/64bitに対応したG5プラグインをご利用頂くには、iLok2が必要です。
 20161207_sp_ilok1-mini
  •  iLok1をご利用の場合はG4プラグイン(32bit)のみご利用頂けます。

最新のG5プラグインは、PowerPCには非対応です。G4プラグインをインストールしてご利用ください。

 

G5ライセンスの対応フォーマット

  • HDX: AAX DSP, AAX Native, TDM & RTAS,  32/64-Bit Audio Units & VST
  • HD: AAX Native, TDM & RTAS,  32/64-Bit Audio Units & VST
  • Native: AAX Native, RTAS,  32/64-Bit Audio Units & VST

 

ライセンスダウンロード方法

Sonnox社のページでアップデート手続が完了すると、お持ちのiLok.comアカウントにG5ライセンスがデポジットされます。iLok License Managerにてライセンスをダウンロードしてください。

ライセンスアップデート時のご注意

  • 青の旧iLok(iLok1)にG5ライセンスをダウンロードしても、G4プラグインのみしかご利用頂けません。
  • G5プラグインをご利用頂く場合は、iLok2にライセンスをダウンロードしてください。
  • iLok1に旧ライセンスが入っている場合、iLok1、iLok2の両方を認識させた状態でG5ライセンスをiLok2にダウンロードしてください。
  • iLok1にG5ライセンスをダウンロードし、iLok1のG5ライセンスをiLok2にMove Licensesにて移動することも可能です。
  • ご利用前に最新版のiLokドライバをダウンロード、インストールしてください。

G5ライセンスのダウンロードが完了したらSonnoxプラグインの最新版インストーラをインストールしてください。
ダウンロードリンクは下記ページにメールアドレスを入力するとメールにてリンクが送られます。

https://www.sonnox.com/support/mysonnox

iLok2にライセンスが入っている場合はG5プラグインを、iLok1の場合はG4プラグインをダウンロード、インストールしてください。

 

 

FAQ〜よくある質問

Q: 64bit/AAXプラグインを使用するにはiLok2が必要ですか?
A: はい、最新の64bit/AAXプラグインを使用するにはiLok2にライセンスを入れる必要があります。これまでのiLok1は32bitプラグインのライセンス(G4)のみ使用できます。

 

Q: オリジナルのiLok1を持っています。Sonnoxプラグインのどのバージョンが使用できますか?
A: 全ての最新版Sonnoxプラグインには、iLok1に対応した32bit版のプラグインが含まれています。また、Pro Tools環境ではiLok1、iLok2どちらも使用できます。64bit対応のAU、VSTおよび今後リリース予定のAAX-Native、AAX-DSP(2012年上旬リリース予定)はiLok2が必要です。

 

Q: IntelMacとWindows 7機を持っています。どちらのコンピューターでも最新版が使えますか?
A: はい、使えます。Windows用、Mac用の最新版をそれぞれのコンピューターにインストールし、iLokキーを差し替えることでどちらでも使用できます。

 

Q: PowerPC Macを使用しています。新しいプラグインは使用できますか?
残念ながら最新版のSonoxプラグイン(G5)はPowerPC非対応です。ただし、最新版のライセンスでPowerPCに対応した旧バージョン(G4)が動作できる仕様となっています。

 

Q: 64bitプラグインのデザインは変更されていますか?
A: はい。Sonnoxプラグインは、長きに渡って世界中で日々使用されていますが、多くのユーザー様からのリクエストを元に
プラグインのインターフェイスをアップデートしています。最新版ではプリセットを管理するツールバーが搭載され、undo/redoおよびA/B比較機能などが追加されています。

 

Q: 64bit版の方が音が良いですか?
A: Sonnox 64bit Nativeプラグインは、32bit版と音質的な違いはありません。

 


*2015.12更新 Studio One 3、Ableton Liveで発生していたプラグインスキャン時のクラッシュが、アップデートのリリースにより解消されています。ユーザーの方は最新バージョンのインストーラーにて再インストールの上、動作をご確認ください。

*2015.10更新 Studio One 3.1において、G5バージョンプラグインスキャン時にStudio Oneがクラッシュする不具合が確認されております。Studio One 3をご利用のユーザー様には大変ご不便をお掛けいたしますが、開発元からのアップデートをお待ちいただくか、Studio One 3.0.2へロールバックの上、ご利用くださいますようお願い申し上げます。


アップデート履歴

2013.5
AAX Native/DSPに対応したOxford Limtierリリース。

2013.5
AAX Native/DSPに対応したOxford Limtierリリース。

2013.3
AAX Native/DSPに対応したOxford Dynamicsリリース。

2012.7
AAX Native/DSPに対応したOxford EQ、Inflatorリリース。

2011.12
Mac/Win 64bitネイティブ対応のプラグインリリース。

64bit対応  AU(Mac)、VST(Mac/Win)

  • R3 EQ
  • Dynamics
  • Inflator
  • TransMod
  • Reverb
  • Limiter
  • SuprEsser

32Bit対応

  • Pro Tools対応フォーマット(RTAS、TDM、*AAX-Native、*AAX-DSP)*順次リリース予定
  • *Sonnox Restore
  • **Sonnox Fraunhofer Pro-Codec

*Sonnox Restoreは多くの64bitホストアプリケーションではブリッジモードにて動作が可能です。
**Sonnox Fraunhofer Pro-Codecは64bitホストアプリケーション非対応です。32bitホスト上にてご利用ください。

> Sonnox Oxfordに関するサポート情報一覧に戻る

TOPへ