Windows / VSTプラグインのインストール場所について

2008.04.02

Windows環境ではお使いのホスト・アプリケーションによってVSTプラグインのインストール場所が異なります。

VSTのインストール場所のご注意
ご利用環境によっては、様々な場所にVSTプラグインフォルダが作成されている場合があり、ホストアプリケーションが参照している「VST Plugins」フォルダとは別のフォルダに、プラグインがインストールされてしまう場合があります。
このように別の「VST Plugins」フォルダにインストールされてしまうと、ホストアプリケーション上でプラグインが選択できない状況になります。

代表的なVST PlugInsフォルダは下記のような場所にございます。*ご利用のアプリケーションによって異なります。

C¥ProgramFiles¥VSTPlugIns
C¥ProgramFiles¥Steinberg¥VSTPlugins
C¥ProgramFiles¥Steinberg¥Cubase¥VSTPlugins

例えば、使用しているCubaseが"C¥ProgramFiles¥Steinberg¥VSTPlugins"フォルダ内を参照している場合、VSTプラグインファイルが"C¥ProgramFiles¥VSTPlugIns"フォルダにインストールされると、認識されなくなってしまいます。
認識されない場合、"C¥ProgramFiles¥VSTPlugIns"など、別のフォルダ内に入っているかをご確認下さい。別フォルダ内に入っている場合、アプリケーションが参照しているVSTPluginsフォルダに、プラグインファイルを移動してお試し下さい。

プラグインをインストールしても、ホストアプリケーション上で選べない場合
インストールする「VST Plugins」の場所を確認し、再度インストールを行って下さい。

VSTプラグインをインストールする時に、通常はVSTをインストールする場所を指定する画面が現れます。
多くの場合「VST Destination Folder」/「VST Plugins Folder」等の画面となり、自動的にインストール場所が設定されていますが、任意の場所を指定できる「Browse」ボタンも用意されています。
そこでお使いのホスト・アプリケーションの「VST」フォルダを選択してインストールを行います。

インストール方法については、各製品に添付されているインストールマニュアルをご参照下さい。

ホスト・アプリケーションのVSTフォルダ場所
VSTのインストール場所はお使いのホスト・アプリケーションで異なります。
以下ホスト・アプリケーション別のフォルダ設定画面となりますので、インストール前にご確認下さい。

※各画像はホスト・アプリケーションのバージョン違いにより内容が異なる場合がございます。
また、任意に「VST Plugins」フォルダを変更出来るホストアプリケーションもございます。
詳細設定につきましては、ホスト・アプリケーションのマニュアルをご覧下さい。

Sonar

メニューより「ツール」/「Cakewalk Plug-in Manager」と進みます。
画面中央下の「VSTの設定」から「オプション」をクリックします。
「VSTプラグインの検索」画面に設定されているフォルダ・ロケーションが表示されます。

sonar1



Cubase

メニューより「ディバイス」/「プラグイン情報」と進みます。
「プラグイン情報」画面左上の「VST2xプラグインパス」をクリックするとCubaseのVST共有フォルダが確認する事が出来ます。

cubase1



Live

メニューより「オプション」/「環境設定」と進みます。
画面左より「File Folder」をクリックして「VSTプラグインカスタムフォルダ」で確認する事が出来ます。
※「VSTプラグインカスタムフォルダ」は「ON」になっている事を確認してください。

> !! Media Integration !!に関するサポート情報一覧に戻る

TOPへ