Windows環境でプラグインがオーサライズできない、認識されない

2010.06.23

Windows環境のホストアプリケーションにおいて、プラグインがオーサライズできない、認識されない、プラグインを選択しても起動出来ない、など幾つかの問題について報告を頂いております。 その際は、以下のWindowsアカウント制御設定の変更をお試しください。

対象となるWindowsシリーズ

  • Windows 7
  • Windows 8, 8.1
  • Windows 10

 


 

VSTプラグインフォルダーの確認

初めに、下記ページをご参考の上、ホストアプリケーションが参照しているVST Pluginsフォルダへのプラグインのインストール状況をご確認ください。

Windows / VSTプラグインのインストール場所について

 

RTASプラグインフォルダーの確認

Pro Toolsプラグイン(RTAS)は通常インストール時に下記フォルダに.dpmファイルがインストールされます。インストール状況をご確認ください。

C:/Program Files/Common Files/Digidesign/DAE/Plug-Ins/

*以下の作業は、セキュリティレベルを下げる項目が含まれています。コンピュータの安定、他のソフトウェア・インストールにも影響がある場合がございますので、自己責任の範囲内で行って頂くようお願いいたします。

 


 

ユーザーアカウント制御設定を常に無効化する

プラグイン、ソフトウェアの動作・起動の問題を解消するため、Windowsのユーザーアカウント制御設定を無効化します。可能であればまずこちらをお試しください。

*セキュリティレベルが常に低下した状態になります。ご留意の上設定して下さい。

 

Windows 7-10 設定方法

・コントロールパネル>ユーザーアカウントを開きます。表示方法で「カテゴリ」が選択されている場合は、「ユーザーアカウントと家族のための安全設定」または「ユーザーアカウント」項目を開いてください。

 

*Windows 10では、Windowsスタートメニュー>Windowsシステムツールフォルダからコントロールパネルにアクセスできます。

20170119_uac_win7_1

・「ユーザーアカウント制御設定の変更」をクリックします 

 20170119_uac_win7_2

・ 画面左側のスライダーを一番下「通知しない」に設定します。

20170119_uac_win7_3

上記方法でプラグインの認識がが行えない問題が解消される場合がございます。

 


 

アプリケーションを管理者として起動する

状況によって前述の設定に加え、プラグインを使用するホストアプリケーションまたはスタンドアローンソフトウェアを、常に管理者として起動する必要があります。以下の手順にて常に管理者権限でアプリケーションが起動するよう、設定を行なってください。

 

1.ホストアプリケーション/スタンドアローンソフトウェアを右クリックし、「プロパティ」を選択します。

 

vista_acc2

 

2.互換性タブを選択し、特権レベル>「管理者としてこのプログラムを実行する」にチェックを入れます。

この状態でアプリケーションが管理者モードで起動されます。

 


 

ユーザーアカウント制御設定を一時的に無効化する

コンピューターのセキュリティの問題などで問題などで「ユーザーアカウント制御設定を常に無効化する」方法が行えない場合、下記手順にて一時的に制御設定を無効化することができます。

 

1.ホストアプリケーション/スタンドアローンソフトウェアを右クリックし、「管理者として実行」を選択し、起動します。

 

vista_acc

 

2.続いて「ユーザーアカウント制御」 の画面が表示されたら、「許可 このプログラムを信用します〜」又は「続行」をクリックします。

この状態でアプリケーションが管理者モードで起動されます。

 

> !! Media Integration !!に関するサポート情報一覧に戻る

TOPへ