iLok USBキーについて

2007.01.25

iLok.com仕様変更について (2013.06.13)

iLok.comのリニューアルに伴い、iLokキーのライセンス管理方法が変更となりました。
これまでのWebブラウザーにてライセンスのダウンロード、移動などを行う仕様でしたが、今回からはiLok License Managerアプリケーションにて行う形になっております。

Avid Pro ToolsなどiLokキーを使用するソフトウェアに関しましては下記Avid社の概要ページをご参考ください。

iLok ライセンスマネージャー概要
http://avid.force.com/pkb/KB_Render_FAQ?id=kA0400000004Fjc&lang=ja
*iLok ライセンスマネージャーはiLok.comウェブサイトよりダウンロード可能です。

なお、2013.6.13現在、iLok License Managerのライセンス管理プロセスに非常に時間がかかる、エラーが発生する場合ある、などの報告もいくつかございます。
お時間に余裕がある場合は、後日iLok.comサーバーの安定後に同期、移動、ダウンロードなどを行われることをお勧め致します。


弊社取り扱いの以下の製品をご使用頂くには、iLok(別売り)が必要です。

iLokは全国のPro Toolsディーラー、又は弊社オンラインストア等でご購入頂けます。

 

ilok2

 paceilok

iLokは、Avid ProTools及びサードパーティ製プラグイン等で広く採用されている、USBプロテクトキーです。

iLokを使用するには、iLokドライバのインストールが必要です。iLokドライバのダウンロードはこちらから行えます

iLokには、複数のソフトウェア情報を入れることが出来るため、一つのキーで多くのソフトウェア、プラグイン等を起動することが可能です。

iLok内にインストールされているキー情報の確認、デモバージョンや製品版のライセンスのダウンロード、ライセンスの移動や統合は、iLokライセンスマネージャーで行えます。

iLok USBキー及びiLok.comの詳細は、iLokキーの日本国内取り扱い元である、Avid社サイトにアカウント作成方法のpdfマニュアルが公開されています。

http://avid.force.com/pkb/articles/ja/FAQ/ja396331

デポジットされた製品のiLokへの一般的なライセンスインストール方法については、下記ページをご参考下さい(Waves V6〜V8製品を除く)。

デポジットされた製品のiLokオーサライズ方法


iLokキーが故障・破損したら

iLokキーが破損した場合、プロテクトキーという性格上iLokの開発元であるPACE社まで直接お送り頂く形になります。

1. iLokの開発元であるPace社にメールで連絡し、RMAナンバー(返却番号)を取得します。

2. RMAナンバーを記入し、iLokをPace社に送ります。

3. Pace社でiLok本体とインストールされていた情報の確認が行われ、修理又は交換手続きが行われます。

4. お客さまの元にiLokが返送されます。

5. iLokが交換された場合、再度プラグイン等のオーサライズをお客様が行います。(キーに入っていた情報は、Pace社から各メーカーへ証明されます)

参考情報:「iLokが故障した場合/iLokを紛失した場合」をご参考下さい。

http://avid.force.com/pkb/articles/ja/FAQ/ja396331

尚、通常iLokの修復には数週間程度を要します。

この修理期間中、通常はiLok対応のソフトウェアはご使用出来なくなりますが、別のiLokへ交換することにより、ご使用出来ない期間を無くす “ゼロダウンタイム” というプログラムも用意されています。

参考情報:「iLok.com ゼロダウンタイム(ZDT)について」をご参考下さい。

http://avid.force.com/pkb/articles/ja/FAQ/ja396331

> !! Media Integration !!に関するサポート情報一覧に戻る

TOPへ