Pianoteq Grimaldi 追加ハープシコード・モデルリリース

2008.06.26

Modarttより、Pianoteq Grimaldiハープシコード追加モデルがリリースされました。
製品版Pianoteq登録ユーザ様は無償にてこの追加モデルをご利用頂けます。

 

Grimaldi追加ハープシコード・モデル詳細

追加モデルでは下記のプリセットが利用可能です。

  • Grimaldi A (1697)/Grimaldi B (1697): 2段構成のハープシコードのA/B段をプリセットから選択できます
  • Grimaldi A+B: A/B段を同時に発音するプリセット

 

Grimaldiハープシコードについて

grimaldi2この追加モデルでは、1697年にCarlo Grimaldiが製作したハープシコードを元に、Andrew Woodersonが2007年に復元したものをモデリングしています。ショート・スケールのイタリア産の楽器らしい、きりっとしたアタックと透明感のある音色を備え、通奏低音や17〜18世紀イタリア/ドイツ音楽のソロキーボード作品の演奏に適しています。鍵盤は2段に分かれており、それぞれを別々にまたは同時に演奏することが可能です。

 

Grimaldi追加モデル対応環境

Pianoteq 2.3以降

 

ダウンロード方法

下記をご参照の上、追加ピアノ・モデルのダウンロードを行ってください。

Pianoteq最新版、追加モデルのダウンロード方法

追加ピアノ・モデルのご利用には、ModarttウェブサイトでのPianoteqご登録が必須となります。
Modartt(Pianoteq)アカウント作成方法を確認する

 

追加モデルのインストール方法

ダウンロード後、grimaldi.ptqファイルを以下のディレクトリに置いてください。

Win: C:/Program Files/Pianoteq23/Add-ons
Mac: /Applications/Pianoteq23/Add-ons

 

> MODARTT - Pianoteqに関するサポート情報一覧に戻る

TOPへ