iConnectMIDI最新バージョンファームウェア

2012.08.16

20161210_sp_icm_midi3

2012.08

iConnectMIDI最新バージョンファームウェアが公開されました。iConnectMIDIユーザーの方は無償にてご利用いただけます。

  • firmware 1.2.0 (2012.7.18)

 

主な追加・変更点

  • ランニング・ステータス表示のオン・オフ(DIN OUTポートのみ)。
  • すべてのMIDIメッセージ・フィルタリングを指定したMIDIチャンネルに対し有効化。
  • 複数のUSBポートを備えるデバイスにおけるマルチUSBポートのサポート。
  • YAMAHA MOX6/MOX8およびいくつかのYAMAHAデジタルミキサーのサポート。
  • YAMAHA USB MIDIプロトコルに対応。
  • MIDIデータの取扱い、USBデバイス動作の安定性向上によるレイテンシーの改善。

ダウンロード方法

ファームウェアは、下記リンクよりダウンロード頂けます。

iConnectMIDI – Downloads | iConnectivity
iConnectMIDI 1.2.3 firmware

ファームウェア・アップデート手順

ファームウェア・アップデートには下記ファイル環境が必要となります。作業開始前に確認してください。

  • ファームウェア・アップデータMIDIファイル:
      上記ウェブサイトにて、スタンダードMIDIファイル の形式でダウンロード可能です。ファイルにはファームウェアをアップデートするためのSysEx メッセージが収録されています。
  • ファームウェア・ファイル再生環境:
      MacまたはWindows環境においてスタンダードMIDIファイルを適切に再生できるプログラム(DAWソフトウェアなど)をご用意ください。
  • ミニUSBケーブル:
  • MacまたはPCとiConnect MIDIを接続するUSB ケーブル。

アップデート手順

1. 電源アダプターを含む、すべてのケーブルをiConnect MIDIから外します。

2. ペーパークリップなどを iConnectMIDI 左側に位置するホールにゆっくりと挿入します。内部のタクト・スイッチが押されたことを確認します。タクトスイッチを押したまま、電源ケーブルを接続します。

3. iConnect MIDI が起動するまでタクトスイッチを押し続けます。フロントパネルのUSB D1 LED( 右から 2 番目の LED) が点滅することを確認し、スイッチを離します。
この状態で、iConnectMIDI はファームウェア・アップデート・モードとして起動 します。USB D1 LED の点滅が止まり、点灯した状態になったことを確認します。

4. Mac または PC と iConnectMIDIのUSB D1 ポート ( 右から2番目のミニUSBポート ) を、ミニ USBケーブルで接続します。コンピューター上では、iConnect MIDIが「 iConnect MIDI Loader」デバイスとして認識されます。これはドライバを必要としない、クラスコンプライアントMIDIデバイスです。

5. MIDIファイル再生用のアプリケーションを起動し、MIDI OUTの送信先に「 iConnect MIDI Loader」を選択して下さい。MIDIチャンネルは1に設定します。iConnect MIDI ファームウェアアップデート・ファイルを再生用アプリケーションで開きます。

6. MIDIファイルの再生をファイルの先頭から開始し、ファイルの最後まで再生を続けてください。

データを受信する毎に iConnect MIDIのUSB D1 LEDが点滅しま す。 もし再生中に USB D1 が点滅しない場合は再生を停止し、コンピューターと iConnect MIDIの接続、MIDIプレイヤーの設定からMIDIの出力を確認し、再度ファ イル先頭から再生を行なってください。ファームウェア・アップデート中は前後 両方のUSB D1 LEDが点滅します。

7. MIDIファイルの再生を完了すると、USB D1 LEDがゆっくりと点滅しアップデータが正常に適用されたことを知らせます。もしアップデート中にエラーが発生した場合、USB D1は消灯します。その際は、再度アップデータの先頭に戻って再生してください。

8. ファームウェア適用を完了後、一旦 iConnectMIDIからすべてのケーブル接続を外 し、再度電源ケーブルをつなげます。この時、他のスイッチを押さないよう、ご 注意ください。iConnectMIDIのファームウェアがアップデートされ、通常モード で起動します。

ファームウェア・アップデートに関するトラブルシューティング

◎ ファームウェア・アップデータは必ずファイルの先頭から、途中で停止せずに最 後まで再生してください。

途中で再生を一時停止 / 巻戻しなどをした場合、USB D1 LEDが消灯し、エラーが発生したことを表します。その際は、再度アップデー タの先頭に戻って再生してください。この時 iConnectMIDI を再起動する必要はあ りません。

◎ ファームウェア・アップデータMIDIファイルには、アップデート情報を適切に送 信するためのタイム情報が含まれています。もしプレイヤーがファイルを適切に 再生できない場合は、テンポを下げるか、または他の MIDI プレイヤーでの再生をお 試しください。ファイルであらかじめ設定されているテンポ (120BPM) 以上の速さで再生しないよう、ご注意ください。

> iConnectivityに関するサポート情報一覧に戻る

TOPへ