Groove Monkee BFD Ecoでのご利用方法

2010.07.13

Groove Monkeeファイルは、BFD Ecoでもご利用頂けます。

インストール後、下記手順にてフォルダを設定してください。

1.起動中の場合はBFD Ecoを終了します。

2.Groove Monkee BFD2フォルダを、BFDE Eco/Groovesフォルダ内に移動します。*

20161210_sp_gm_eco0

3.BFD Ecoを起動します。

4.BFD Eco設定アイコンをクリックし、”Rebuild Databases…”を選択します。

20161210_sp_gm_eco1

5.GroovesページのFilterボックスから”Library”を選択します。

20161210_sp_gm_eco2

6.インストールしたGroove Monkeeライブラリーが表示されます。

7.ライブラリーを選択肢、グルーブウィンドウより任意のグルーブを読み込んでください。

  • *Groove Monkee BFD2フォーマットのインストール場所

Groove Monkeeインストール時に指定されたフォルダ内に”Groove Monkee”フォルダがインストールされます。このフォルダ内の”BFD2″フォルダから、Groove Monkeeライブラリー名のフォルダを移動して下さい。(例: Groove Monkee Metal)

  • Macユーザーの方

Groove Monkeeインストール時に、フォルダ指定をしない場合は、ハードディスク直下にインストールされます。
ハードディスク直下のGroove Monkeeフォルダ内からBFD2フォーマットのフォルダを移動して下さい。
また、Groove Monkeeのフォルダ自体は、書類フォルダなど、ユーザーディレクトリ内に移動されることをお勧めします。

> Groove Monkeeに関するサポート情報一覧に戻る

TOPへ