BFD3をお持ちの方で、BFD2リリース時期の拡張音源を追加インストールされる場合

2017.06.06

BFD2システムフォルダの作成

BFD3のみをお持ちの方で、BFD2リリース時期の拡張音源を追加インストールされる場合には、事前に下記ロケーションに”BFD2″フォルダを手動作成の上、インストール作業をお進めください。

 

Mac OS

Macintosh HD > ライブラリ > Application Support > FXpansion > “BFD2”

Windows

C > ProgramFiles(x86) > FXpansion > “BFD2”

BFD2フォルダを作成していただいたのち、各拡張音源インストーラよりインストールが完了いたしましたら、下記のライブラリフォルダ設定方法手順にてインストールしたフォルダの設定を行ってください。

 

BFD3ライブラリフォルダ設定方法

1. BFD3 上部メニュー Tools > Set up content locationsをクリックします。

20170509_fxpansion_bfd3foldersetting01

 

2. Content Locations 画面上の左下、”Search Folder”をクリックします。

20170509_fxpansion_bfd3foldersetting02

3. インストールを行ったライブラリフォルダを指定します。

 

4. “Open”をクリックするとファイルのスキャンが始まります。

 

5. “Search Folder”より下記”System”フォルダを指定します。

Mac OS: Macintosh HD > ライブラリ > Application Support > FXpansion > BFD2 > “System”

Windows: C > ProgramFiles(x86) > FXpansion > BFD2 > “System”

 

設定後 “Close”をクリックし、Content Locationsを閉じます。

 

ライブラリフォルダのインストール場所は、インストール時に任意にご指定いただいたものとなります。インストール時にメモをお控えいただくなどして事前にご確認をお願いいたします。

 

> FXpansionに関するサポート情報一覧に戻る

TOPへ