Circle アクティベーション時にエラーが表示される

2009.07.03

Q: Circle アクティベーション(オーサライズ)時に”invalid code “のエラーが表示され、アクティベーションが行えません。

A: Windows Vista以降の環境ではユーザーアカウント制御(UAC)のため、アクティベーションが有効にならない場合があります。

以下の方法にてCircleアプリケーションを起動し、アクティベーションを行なって下さい。

以下の作業は、セキュリティレベルを下げる項目が含まれています。
コンピュータの安定、他のソフトウェア・インストールにも影響がある場合がございますので、自己責任の範囲内で行って頂くようお願いいたします。

1-Aユーザーアカウント保護を常に無効化する

 

下記ページの手順のうち「ユーザーアカウント制御設定(UAC)を無効化する」設定を実行します。

Windows環境でプラグインをオーサライズできない

設定を行うことでアプリケーション使用時やオーサライズ時のエラーが解消される場合がございます。

*セキュリティレベルは常に低下した状態になります。ご留意の上設定して下さい。

1-Bユーザーアカウント保護を一時的に無効化する

1.Circleアプリケーションを右クリックし、「管理者として実行」を選択し、起動します。

vista_acc

2.続いて「ユーザーアカウント制御」 の画面が表示されたら、「許可 このプログラムを信用します〜」又は「続行」をクリックします。この方法によりアカウント制御が無効化された状態で起動します。Circleを起動し、アクティベーションを行います。

> Future Audio Workshop - Circleに関するサポート情報一覧に戻る

TOPへ