RTAS/VST(UB)に対応したKick Ass Brass!1.0.7リリース

2008.06.04

RTAS(Mac/Win)および Intel Mac VST(Universal Binary)に対応したKick Ass Brass!1.0.7がリリースされました。kabKick Ass Brass!ユーザーの方は無償にてアップデート頂けます。

Mac OSX

  • Audio Units(UniversalBinary)
  • VST(UniversalBinary)
  • RTAS(UniversalBinary)
  • スタンドアローンアプリケーション(UniversalBinary)

Windows

  • VST
  • RTAS
  • スタンドアローンアプリケーション

アップデート内容

RTAS対応(OSX/Win、Pro Tools 7.x以降)VST UniversalBinary対応(Mac OSX)、細かなバグフィックス


ダウンロード方法

本アップデータはAMG社の意向により、弊社にご登録されているお客様に、直接ダウンロードリンクを記載したメールをお送りしております。
未登録のお客様は、お早めに弊社ご登録をお済ませください。アップデータのお知らせメールが届いていない場合は、お手数ですが弊社までお問い合わせ下さい

インストール、アップデート

  • プラグイン及びアプリケーションのインストール

ダウンロード後、各アップデータファイルをダブルクリックして画面に沿ってインストールを行って下さい。

*Windows環境でのご注意
Windowsの現リリースバージョンでは、複数のフォーマットをインストール出来ない問題が確認されています。複数のフォーマットをご利用される場合は、お手数ですが弊社までお問い合わせ下さい

オーサライズ

新規にIntelMac上でご利用になるには、再オーサライズが必要です。
製品添付のインストールマニュアルpdfに沿って、オーサライズ(ライセンスファイルの取得)を行って下さい。

PowerPC及びWindows環境でアップデートされた場合は、これまでのライセンスファイルがそのままご利用頂けます。


アップデート履歴

200.7.5
Ver.1.06

Mac OSX

  • Audio Units(UniversalBinary)
  • スタンドアローンアプリケーション(UniversalBinary)

Windows

  • VST
  • スタンドアローンアプリケーション

アップデート内容

UniversalBinary対応(Mac OSX)、いくつかのバグフィックス、マルチプリセットの変更

インストール、アップデート

  • プラグイン及びアプリケーションのインストール

ダウンロード後、各アップデータファイルをダブルクリックして画面に沿ってインストールを行って下さい。

  • Multiパッチのインストール

ダウンロード、解凍後、AMG Kick Ass Brass!ライブラリフォルダ内の「Multis」フォルダと入れ替えます。
これまで入っているMultisフォルダを捨て、ダウンロードしたフォルダをKick Ass Brass!ライブラリフォルダ内に置いて下さい。
インストールマニュアルでは下記が標準インストール場所となっています。

Mac OSX
ログインユーザー/書類/

Windows
ログインユーザー/マイドキュメント

> AMGに関するサポート情報一覧に戻る

TOPへ