レコーディングがうまくなる

マイキングのTips

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ボーカルやアコースティック楽器は、マイクを立てる位置によってそれぞれ全く違う響き方があります。書籍やインターネット上の情報でセオリーとされるポジションは、正解のひとつです。しかし実際のレコーディングでは、その場所の響き、楽器の特性、求めるトーンによって最適なマイクのポジションは異なります。第一線で活躍するエンジニアは豊富な経験を素にした確かな耳により、マイクの位置を判断しています。本書籍は、マイクを使った様々な楽器のレコーディングについて、第一線で活躍するエンジニアの経験を元にそれぞれの楽器に複数の場所のマイキングを同時に試したムービー、 サウンドサンプルを掲載し、解説、ご紹介をしています。マイクの位置による音の変化を実際に体感しながら、「豊富な経験」の一歩となるTips です。

掲載内容

  • ドラムレコーディングのTips
    • キックからの距離によって変化するポイント。キックの音は曲のイメ ージを制す?
    • トップマイク1本でドラムのレコーディングは時代遅れ?
    • トップマイクを2本使う。ドラムキットのどこがセンターなのか?
    • マイク3本のみでドラムレコーディング。マイクはどんなバランスで設置する?
  • ピアノレコーディングのTips 
    • グランドピアノをマイク1本でモノラル録音してみよう。さて、どこに立てる?
    • 2本のマイクを使ってグランドピアノをレコーディング。グランドピアノ専用 マイク(!)も登場  
  • アコースティックギターレコーディングのTips
    • ストローク、アルペジオ、ソロ。奏法によって変わるマイクの位置。好みの場所はどこ?
  • ボーカルレコーディングのTips
    • マイキングの書籍ですが、マイキング以外にも大切なことがいくつもあります。
  • SR20だけで全てのレコーディングを実施
    • 同一マイクでバンド全体を録ることはできるのか?合計7本のSR20で、バンド全員のレコーディングをしてみました。
  • ミュージシャンから見たEarthworks SR20による演奏への影響 
    • 音がいいと、プレイが変わる?

※本書制作時に収録の非圧縮オーディオファイル(24bit /96kHz)をこちらより視聴可能です。

講師 / アーティスト / スタジオ

講師:葛西 敏彦 氏

サウンドエンジニア。ライブPA、スタジオ録音など、マルチに活動を行う。主にオオルタイチ、蓮沼執太フィル、森は生きている、ショピン、平賀さち枝などを手がける他、舞台作品やリミックスも行うなど、活動の幅を広げている。

ゲスト・ミュージシャン:ビューティフル・ハミングバード

2002年、小池光子(Vo)と田畑伸明(Gt)で結成。2003年にリリースしたアルバム「ビューティフルハミングバード」がロングセールスを記録、稀有な世界観と表現力が高く評価される。2006年、鈴木惣一朗プロデュースでメジャーデビュー。一方で、小池が数多くのCMや作品に参加、「誰もが声を聴いたことがあるボーカリスト」となる。

近年、通常のライブ活動の他、完全生音の室内楽スタイルによる「耳をすまそうコンサート」や、子育て中のお父さん・お母さんも親子で楽しめる「絵本のよみきかせLIVE」を始動。また、坂本龍一氏主宰の『にほんのうたキャラバン』での童謡コンサートにも積極的に参加しており、全ての人に音楽の幸せを届けるべく活動中。

公式WEBサイト:http://www.suzakmusik.com/bhb/

ゲスト・ミュージシャン(Pf):藤井 学

ゲスト・ミュージシャン(Ds):藤井 寿光 

収録スタジオ: オールアートスタジオ

オープンから日が浅いコンパクトなプライベート型レコーディング&リハーサル・スタジオ。スタジオの内部は、自然の木柱をレイアウトし、常設のSteinway & Sons S-155 とともに、心置きなく寛げる雰囲気を醸し出しています。まるでご自宅にいるようなリラックス感が新たなアートを生む空間となっています。

公式WEBサイト:http://allartpromotion.com/studio/

本書の閲覧方法

iOS デバイスでダウンロード

  • Step 1:
    iPad (iPhone) のブラウザにて本WEBページを開く。
  • Step 2:
    ダウンロード・ボタンを押し、iBooksで開くを選択。
  • Step 3:
    本EPUBがiBooks のコレクション上に表示されます、ePubファイルをタップすれば本が開かれます。

コンピューターからダウンロード

  • Step 1:
    コンピューターのブラウザにて本WEBページを開く。
  • Step 2:
    ダウンロード・ボタンを押し、EPUBファイルをダウンロード。
  • Step 3:
    iTunesにて「ファイル」>「ライブラリに追加」の順に選択した後、お使いのデバイスを同期させ、iOSデバイスにブック・データを転送ください。
  • Step 4:
    本EPUBがiBooks のコレクション上に表示されます、ePubファイルをタップすれば本が開かれます。

Android デバイスでダウンロード

  • Step 1:
    Android端末 のブラウザにて本WEBページを開く。
  • Step 2:
    ダウンロード・ボタンをタップ
  • Step 3:
    アプリの中からHimawari Readerを選択
  • Step 4:
    ダウンロード
  • Step 5:
    アプリに登録された本データをタップして開く
  • * ムービー、サウンド・サンプルは別のアプリで閲覧します。

コンピューターからダウンロード

  • Step 1:
    コンピューターのブラウザにて本WEBページを開く。
  • Step 2:
    ダウンロード・ボタンを押し、EPUBファイルをダウンロード。
  • Step 3:
    microSDカード等へ保存
  • Step 4:
    ファイルエクスプローラ等でファイルを探し、タップ
  • Step 5:
    アプリの中からHimawari Readerを選択


オーディオファイル一覧

本書制作時に収録の非圧縮オーディオファイル(24bit /96kHz)

  • ドラムレコーディングのTips
    • キックからの距離によって変化するポイント
      • キック(with KickPad)キックから46cmの位置に設置したもの
      • キック(with KickPad)キックから25cm位置に設置したもの
      • キック(with KickPad)キックから2cmの位置に設置したもの
      • キック(with KickPad)キック内に10cm入れたもの
      • キック(with LevelPad)キックから46cmの位置に設置したもの
      • キック(with LevelPad)キックから25cmの位置に設置したもの
      • キック(with LevelPad)キックから2cmの位置に設置したもの
      • キック(with LevelPad)キック内に10cm入れたもの
    • トップマイク1本でドラムのレコーディングは時代遅れ?
      • ドラムトップ(モノラル)ドラマー頭上40cmに設置したもの
    • トップマイクを2本使う。ドラムキットのどこがセンターなのか?
      • ドラムトップ(ステレオ)近距離から全体に向けたもの
      • ドラムトップ(ステレオ)遠距離から全体に向けたもの
    • トップマイクをXY方式でセッティングしてみると、最も人間の耳に近い?
      • ドラムトップ(XY)近距離から全体に向けたもの
      • ドラムトップ(XY)遠距離から全体に向けたもの
    • マイク3本のみでドラムレコーディング。マイクはどんなバランスで設置する?
      • 3本のマイクだけでレコーディングしたもの
  • ピアノレコーディングのTips
    • グランドピアノをマイク1本でモノラル録音してみよう。さて、どこに立てる?
      • ピアニスト頭上に設置したプレイヤーズポジション
      • ピアノのハンマーに向けて設置したもの
      • ピアノの共鳴板にむけて近距離で設置したもの
      • ピアノの共鳴板にむけて遠距離から全体を狙ったもの
    • 2本のマイクを使ってグランドピアノをレコーディング。グランドピアノ専用マイク(!)も登場
      • ピアノの共鳴板にむけてXYセッティングをして全体を狙ったもの
      • グランドピアノ専用マイクのPM40Tを使用したもの
  • アコースティックギターレコーディングのTips
    • ストローク、アルペジオ、ソロ。奏法によって変わるマイクの位置。好みの場所はどこ?
      • ギターストローク:ボディー側からサウンドホールに向けたもの
      • ギターストローク:サウンドホール正面めがけ、下側からマイクを向けたもの
      • ギターストローク:12~15フレット近辺に向けたもの
      • ギターストローク:ヘッド側からサウンドホールに向けたもの
      • ギターアルペジオ:ボディー側からサウンドホールに向けたもの
      • ギターアルペジオ:サウンドホール正面めがけ、下側からマイクを向けたもの
      • ギターアルペジオ:12~15フレット近辺に向けたもの
      • ギターアルペジオ:ヘッド側からサウンドホールに向けたもの
      • ギターソロ:ボディー側からサウンドホールに向けたもの
      • ギターソロ:サウンドホール正面めがけ、下側からマイクを向けたもの
      • ギターソロ:12~15フレット近辺に向けたもの
      • ギターソロ:ヘッド側からサウンドホールに向けたもの
  • ボーカルレコーディングのTips
    • マイキングの書籍ですが、マイキング以外にも大切なことがいくつもあります。
      • ボーカリストの近くにマイクを設置したもの
      • ボーカリストから距離を空けてマイクを設置したもの
  • SR20だけで全てのレコーディングを実施
    • 同一マイクでバンド全体を録ることはできるのか?
      合計7本のSR20で、バンド全員のレコーディングをしてみました。
      • ボーカリスト近距離のセッティングで「星に願いを」

本WEBページに掲載ならびにダウンロード可能なコンテンツの無断転載、コピー、二次利用は固く禁じます。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加