scroll

The Spectrasonics Day 2017

トッププロの音作り、トラックメイク、アレンジテクニックを学び取る1日

2017.09.07

ソフトウェア音源としては定番の地位を築いているSpectrasonics製品。多くのプレイヤー、アレンジャー、クリエイター、コンポーザーが愛用していることでも知られています。究極の”リアルタイム・グルーブ・モジュール” Stylus RMX。アコースティック/エレクトリック/シンセの3種を網羅した”トータル・ベース・モジュール” Trilian。400種のオシレータと67GBものサンプルを搭載し、あらゆるシンセサイズを可能にした”パワーシンセ” Omnisphere 2。そして10年をかけて制作されたSpectrasonics製品の真骨頂 “Collector Keyboards” Keyscape。2017 Autumn Specialプロモを記念して、一夜限りのスペシャルイベントを開催。豪華ゲストをお招きし、様々な立場から見たSpectrasonics製品の魅力をトーク、パフォーマンス、ライブでお楽しみいただくThe Spectrasonics Day 2017、参加は無料(各イベントごとに要予約)、お気軽にご参加ください。

  • 日時:2017年9月27日(水)
  • 開場予定:17:30
  • 開催時間:18:00 – 21:00
  • お申込締切:定員になり次第締め切りとさせていただきますので、お早めにお申込ください。
  • 会場:Galaxy 銀河系(詳細はページ下部をご覧ください)

ゲスト

MANABOON

プロデューサー、コンポーザー、トラックメイカー、アレンジャー

篠田 元一

作曲家・編曲家、ピアノ&キーボーディスト

野崎 良太(Jazztronik)

サウンド・プロデューサー、リミキサー、ミュージシャン

鈴木 daichi 秀行

作曲家、編曲家、ギタリスト

セミナー

18:00 〜

1.Spectrasonics’ History 1994 – 2017

ローランドのチーフ・サウンド・プログラマーとして数々の名機を生み出してきたエリック・パーシング。そんな彼がローランドを飛び出し、自宅のキッチンで妻であるローリー・パーシングとスタートさせたのが、ほかならぬSpectrasonics。サンプル・ライブラリ(サンプリングCD)の制作からスタートしたSpectrasoncisは、エリック・パーシングの天才的なサウンドプログラムによって、瞬く間にトップ・ブランドの地位を築き上げました。

そんなSpectrasonicsが最初のソフトウェア音源をリリースし始めたのは2002年。グルーブ・モジュールと呼ばれるStylusをリリース。続いてトータル・ベース・モジュールのTrilogy、ドリーム・シンセのAtmosphereを立て続けにリリース。この3製品は、それぞれStylus RMX、Trilian、Omnisphereと名前を変え、いずれの製品もリリースから時間が経った今もなお、異例のセールスを記録し続けるロングラン製品となっています。

このコーナーでは、Spectrasonicsの歴史と各製品の開発背景などに触れ、改めてSpectrasonicsの魅力について解説いたします。


spectrasonics_team2b

18:15 〜

2. 10年の歳月をかけて生み出された第四の製品、Keyscapeとは
ゲスト:MANABOON氏

製品を三種の製品に絞ってハイクオリティ、ハイレベルな開発を続けてきたSpectrasonics。そんな彼らが2016年に「第四の製品」としてリリースしたのが、コレクター・キーボード音源であるKeyscapeです。10年もの歳月をかけ、世界中からコレクター級の楽器を集めるところからスタートし、丁寧にレストアを施されたこの楽器たちを最高クオリティでサンプリング。独自の技術で収録されたこのKeyscapeは、鍵盤に触れた瞬間にソフトウェアであることを忘れるほど、楽器的な仕上がりになっています。

このコーナーでは、アレンジャー/コンポーザーのMANABOON氏をお招きし、充実したKeyscapeのコレクター・キーボードをご紹介。また、MANABOON氏といえばエレクトリック・ピアノということで、Keyscapeの中でも特に充実しているエレクトリック・ピアノを徹底レビューしていただきます。


MANABOON

プロデューサー、コンポーザー、トラックメイカー、アレンジャー

1981年生まれ、東京音楽大学作曲科映画放送音楽コース卒業。2006年よりTinyVoice,Productionへ。学生時代より自主制作映画に楽曲を提供する傍ら、ソウルミュージックに深く傾倒していきました。キーボーディストとしてゴスペルバンドや米軍横田基地でのギグ等を通して磨かれたスキルが現在の彼の土台となっていると言えるでしょう。繊細さと力強さを持ったキーボードワークは音楽の核心を突いており、打ち込み全盛な昨今において、作品作りに確かな暖かみを添えています。

MIHIRO〜マイロ〜・三浦大知・清水翔太・加藤ミリヤ・JASMINE・TEE・CRYSTAL KAY・Ms.OOJA 等のアーティストのプロデュース・編曲をはじめ、久保田利伸などの先輩格のアーティストからも絶大な信頼を得ています。計算し尽くされた弦・管・鍵盤など各楽器のオーケストレーションは聴き所にして真骨頂と言えるでしょう。

トラック制作、アレンジ、キーボードプレイ、弦・管アレンジからボーカルディレクションまで幅広くこなし、昨今は清水翔太のツアーのバンマスを務めたり、ギタリスト上條頌・ボーカリスト和田昌哉と不定期ライブイベント「EX:CHANGE」を行うなど、ステージにおけるサウンドプロデュースにも大きく関わるようになってきています。

19:00 〜

3. Spectrasonics独自のSTEAMエンジンを徹底解剖
ゲスト:篠田 元一氏

Spectrasonicsが独自に開発したシンセサイザーエンジンのSTEAM Engineは、古今東西のあらゆるシンセサイズを可能にするばかりではなく、Omnisphere 2、Trilian、Keyscapeのライブラリを統合した鉄壁のサウンドメイクを可能にします。複数のサウンドのレイヤーによる重厚なサウンドメイク、映画のワンシーンを思わせるようなうごめくサウンド、アコースティック楽器とシンセサイザーサウンドを絶妙にブレンドしたサウンドなど。

このコーナーでは、あらゆるジャンルを弾きこなす鍵盤プレイヤーであり、音楽理論、複雑なアレンジ、卓越したサウンドプログラミングもこなす篠田元一氏にご登場いただき、STEAMエンジンを使用したサウンドメイクのテクニックと、そのサウンドを使ったプレイいただき、STEAMエンジンの奥深さをお届けいたします。


篠田 元一

作曲家・編曲家、ピアノ&キーボーディスト

ピアノ、キーボードを笹路正徳に師事。学生時代から幅広いジャンルの作編曲を手掛ける。これまでに3枚のソロ・アルバムを発表。演奏活動ではNEXT PIVOTなどジャズ/フュージョン系ライブの他、冨田勲「源氏物語幻想交響絵巻」「イーハトーヴ交響曲」などで国内外の名門オーケストラと共演。レコーディングにも多数参加。加えて「実践コード・ワーク」などロング/ベスト・セラーを誇る音楽書多数。その他、各楽器メーカーの開発アドバイザーや音色制作に携わる。歴史的な音楽イベントThink MIDI 2015、The Brand-New Concert 2017では音楽プロデューサーの重責を果たした。日本音楽著作権協会正会員、日本作編曲家協会会員、日本シンセサイザープロフェッショナルアーツ(JSPA)理事。

19:30 〜

4. ソフトウェア音源は次のレベルへ。アイデアを形にする方法
ゲスト:野崎 良太氏(Jazztronik)

Spectrasonicsの製品は、ソフトウェアであることを忘れるほど楽器的な魅力に溢れ、それによってインスピレーションをかきたてられる事も特徴の一つ。パワフルなソフトウェアでありながら難しい操作や煩雑なエディットをユーザーに求めないこともまた、多くのユーザーを虜にするのかもしれません。

このコーナーでは、アーティスト、ピアニスト、作編曲家でもあるJazztronikの野崎良太氏をお招きし、Spectrasonicsの全製品を使ったリアルタイム・トラックメイクのパフォーマンスを実演いただきます。


野崎 良太(Jazztronik)

サウンド・プロデューサー、リミキサー、ミュージシャン

ピアノ、キーボードを笹路正徳に師事。学生時代から幅広いジャンルの作編曲を手掛ける。これまでに3枚のソロ・アルバムを発表。演奏活動ではNEXT PIVOTなどジャズ/フュージョン系ライブの他、冨田勲「源氏物語幻想交響絵巻」「イーハトーヴ交響曲」などで国内外の名門オーケストラと共演。レコーディングにも多数参加。加えて「実践コード・ワーク」などロング/ベスト・セラーを誇る音楽書多数。その他、各楽器メーカーの開発アドバイザーや音色制作に携わる。歴史的な音楽イベントThink MIDI 2015、The Brand-New Concert 2017では音楽プロデューサーの重責を果たした。日本音楽著作権協会正会員、日本作編曲家協会会員、日本シンセサイザープロフェッショナルアーツ(JSPA)理事。

Jazztronikとは野崎良太が率いる特定のメンバーを持たない自由なミュージック・プ ロジェクト。ジャンルに縛られない数々の作品のリリースし、アーティスト、ピアニスト、作編曲家として確固たる地位を築いている。 ’’箱根彫刻の森美術館40周年記念音楽’’に3rdピアノソロアルバム「bird of passage」 の収録曲が、映画「死刑台のエレベーター」の主題歌に「ベットタイムストーリー feat.YUKI」が抜擢された他、2011年1月に発売されたLEXUSのコンパクトハイブリ ットカー’’CT200h’’のナビゲーター’’世界でも活躍する新進気鋭の音楽家’’として WEB、雑誌広告等で大量露出される等、多方面からオファーが絶えない。

映画「宮城野」、ドラマ「未来講師めぐる」、「Love Game」、「Real Clothes」、 「逃亡弁護士」、「鴨、京都へ行く」、「First Class」等の映画、ドラマ音楽も数多 く担当し、クラシック、Jazz、クラブミュージックだけにはとどまらない独自の音楽 性は増々進化し続けている。 サウンド・プロデューサー、リミキサー、ミュージシャンとしても数多のアーティス トとコラボレーションを重ねており、葉加瀬太郎、TRF、クリスタル・ケイ、ゴスペ ラーズ、山崎まさよし、椎名林檎、Coming Century、島谷ひとみ、flumpool等 ・・・例を挙げると枚挙に暇がない。

海外では12″シングル「Dance with me 12″ver/SAMURAI」がDanny Krivit, Louie Vega 等の多くのトップDJに支持を受け、Chez musicより12inch Single「SAMURAI-侍」 がアメリカ及びヨーロッパ各地でリリースされスマッシュヒット。世界一のダンスミ ュージックレーベルDefectedの大ヒットMix CDシリーズ「In The House」を日本人ア ーティストとして初リリースし、全世界のダンスミュージックファンを魅了。ロンド ン、マンチェスター、NY、パリ、エジンバラ、ローマ、フィンランド、スロバキア、 エストニア、リトアニア、クロアチア、アイルランド、韓国、上海、シンガポール等 でライブ、DJ、Southport Weekender、Kaunas Jazz、Jazzakarr Fess等の海外人気 フェスにも招聘され大好評を得た。

DJとしてロングランパーティー”Jazztronica!!”を全国各地で開催する他、音楽カルチャープロジェクトMusilogue(ムジログ)を立ち上げる等活動は多岐に渡る。

2013年に自身のレーベル七五三Recordsを立ち上げこれまでに「Jazztronik Studio Live Best」、「Cinematic」をリリース。2016年はオリジナルフルアルバム「Keystone」、セルフRemixアルバム「Private Edits」、2017年はピアノ、ベース、バイオリン、チェロ、アコーディオン編成による新バンド野崎良太 with GOODPEOPLE名義でアルバム「GOODPEOPLE」を葉加瀬太郎氏のレーベルHATSよりリリースした。

20:00 〜

5.Spectrasonicsがアレンジ上で即戦力である理由
ゲスト:鈴木daichi秀行氏

Spectrasonicsの製品はリズムやループ音源のStylus RMX、ベース音源のTrilian、あらゆるシンセサイザーを網羅したOmnisphre 2、そしてアレンジの上で欠かせない膨大なキーボードを網羅したKeyscapeがあり、いずれもアレンジの上では欠かせない楽器がカバーされています。「定番」と呼ばれることも多いですが、実際に第一線でSpectrasonicsを愛用している方々はどういったところを気に入っているのでしょう。

このコーナーでは、プロデュース業のみならずアレンジャー/マルチプレイヤーとしても多彩な楽曲を手がける鈴木Daichi秀行氏をお招きし、氏のアレンジで実際にSpectrasonics製品を使った例やお気に入りのサウンド、またアレンジの上でSpectrasonics製品をどう使っているかをトーク形式でお届けいたします。

鈴木daichi秀行氏からのコメント

Spectrasonics製品との出会いを話せば、エリック・パーシング(Spectrasonics代表)がSpectrasonicsを立ち上げる以前、彼がローランドでサウンド・デザイナーをしている頃に産み出した数々の名作シンセサイザーからと言ってもいいかもしれませんが、Spectrasonicsというブランドという意味でいえば、Burning GroovesというサンプリングCDが最初の出会いでした。今では彼らがリリースしている4つの製品を全て愛用していますが、このイベントでも実際に使用したセッションや、どういった使い方をしているかをご紹介いたしますので、会場までぜひお越しください。


鈴木 daichi 秀行

作曲家、編曲家、ギタリスト

バンドConeyIslandJellyFishのメンバーとしてデビュー。近年はサウンドプロデューサーとしてバンドからシンガーソングライター、アイドルまで、得意な幅広い音楽性を生かし活動する傍ら新たな才能を求め新人発掘、育成などにも力を入れている。

プロデュース、アレンジ
miwa、YUI、絢香、家入レオ、いきものがかり、LiSA、モーニング娘。Swanky Dank、Shiggy Jr. 、Smap、平井堅、ダイスケ、山下智久、FTISLAND、etc
オフィシャルサイト:http://dai-chi.sakura.ne.jp

会場

  • Galaxy 銀河系
  • 住所:東京都渋谷区神宮前5-27-7-B1
  • TEL:03-6427-2099

ご注意事項

  • 定員になり次第締め切りとさせていただきますので、お早めにお申込ください。

 


 

 

STEVIE WONDERがKEYSCAPEで生演奏!

TOPへ
Exact matches only
タイトルを検索
本文を検索
製品をさがす
Search in pages
ブランド名
コンテンツ
ソリューション提案
サポート情報