• TOP
  • Event
  • クリエイターが知っておくべきモニタースピーカーのノウハウが満載!EVE Audio Summit 開催!
scroll

クリエイターが知っておくべきモニタースピーカーのノウハウが満載!EVE Audio Summit 開催!

10/26 (Thu) @ ONKIO HAUS

2017.10.12

独自の設計思想に基づきモニタースピーカーを開発、ヨーロッパ、北米、そしてここ日本でプロジェクト・スタジオ、ホームスタジオで着実に導入数を延ばしているEVE AudioのCEO、Roland Stanz氏が来日、自らEVE Audioの製品の特長を徹底解説、設計者の目線でホーム・スタジオでのスピーカーのセットアップ・ノウハウをレクチャーします。

ゲストの特別講師には、EVE AudioのTS108を愛用するJeff Miyahara氏をお迎えし、数々のJ-POPヒット作を生んできたプロデューサーとしての視点から、楽曲におけるベース・マネージメントとサブウーファーの重要性を、自ら関わったプロジェクトを使って解説して頂きます。

開催場所は、レコーディング、ミキシング、マスタリング、ポストプロダクション業務までをカバー、東京銀座で40年以上の歴史を持つ音響ハウスのMA1スタジオ。EVE AudioのSC408とSC207が7.1chサラウンド用のスピーカーとして導入されており、完璧に調整された空間で、EVE Audioのサウンドとセミナーをお楽しみ頂けます。

開催は10月26日(木)、13時と16時の2セッション、各回12名様限定の貴重なセミナーです。募集人数に達し次第ご応募を締め切らせて頂きますので、お早めのご応募を!


このセミナーは、こんな方にお勧め!

  • Jeff Miyaharaさんのプロデュース手法や哲学を学びたい。
  • 自分の部屋に最適なモニターが何なのかわからない。
  • 部屋のサイズに応じて、最適なスピーカーの設置方法が知りたい。
  • サブウーファーの導入を検討している。
  • EVE Audioのハイエンドのスピーカーを試聴したい。…etc.

Roland Stenz

1980年代に「東欧のNEVE」と称えられる事も多い、旧東ドイツ最大の放送機器メーカー「RFZ」に研究開発者として勤務し、技術者としてのキャリアをスタートさせる。東西ドイツ統合後はBerlinのHi-Fi オーディオ機器メーカーに勤務し電子回路の研究を継続、その後世界的に有名なモニタースピーカーメーカーの設立に関わりCEO を務める。2010 年に経営学修士(MBA)を取得し、自らの技術研究の成果を体現するために、EVE Audio GmbH を設立。

ゲスト講師:Jeff Miyahara

Jeff Miyaharaは数々のNo.1ヒットと4,000万デジタル&CDセールスの実績を誇り、JUJU with JAY’EDが歌った「明日がくるなら」で2009年の 日本レコード大賞・作曲賞を受賞。 2013年に自ら発掘した、新人アーティスト(当時)クリス・ハートのデビューをプロデュースし、その年に“輝く!日本レコード大賞”企画賞を受賞。

日本でいま最も注目されている作曲家兼音楽プロデューサーの一人である。 ボーイズIIメン、少女時代、SHINee、EXO、三代目 J SOUL BROTHERS等、世界トップクラスのアーティストとの仕事を通じ、海外にも活躍の場を広げている。 ロサンゼルスで生まれ、日韓のハーフという多文化なバックグラウンドから生み出される楽曲は、文化や言語の壁を越える力を持つ。

現在は、自ら立ち上げた株式会社J-POPの代表として、また、クリエイティブスーパーバイザーとして、国内外の作家やグラミー受賞ミュージシャンなど を率い、世界的に様々なクリエイティブワークを展開している。


開催概要:

  • 開催場所:(株)音響ハウス MA1スタジオ
    〒104-0061 東京都中央区銀座1-23-8(映像ビル1F)
  • 開催日時:2017年10月26日(木)
    セッション1:12:45開場 13:00スタート 15:20 終了
    セッション2:15:45開場 16:00スタート 18:20 終了
     *セッション2はご予約が募集定員に達したため、キャンセル待ちでの受付となります。
    (両セッションとも内容は同一です。)
  • 募集人員:各セッション12名
  • 主催:(株)メディア・インテグレーション MI事業部
  • 協力:(株)音響ハウス、EVE Audio GmbH

セッション2はご予約が募集定員に達したため、キャンセル待ちでの受付となります。
13時からのセッション1へのご予約をご検討ください。

関連製品

SC203 (Pair)

¥69,800

SC204 2-Way, 4″ Active Speaker

¥37,800

SC205 2-Way, 5″ Active Speaker

¥49,950

SC207 2-Way, 7″ Active Speaker

¥92,880

SC208 2-Way, 8″ Active Speaker

¥131,760

SC305 3-Way, 5″ Active Speaker

¥113,400

SC407 4-Way, 7″ Active Speaker

¥375,840

SC307 3-Way, 7″ Active Speaker

¥162,000

SC408 4-Way, 8″ Active Speaker

¥563,760

TS108 8″ Active Subwoofer

¥112,320

TS107 7″ Active Subwoofer

¥75,600

TS110 10″ Active Subwoofer

¥150,120

TS112 12″ Active Subwoofer

¥187,920

TOPへ