• TOP
  • Tips / Article
  • アデル、ミーカ、ケイティーペリーの作品が生まれる場所

アデル、ミーカ、ケイティーペリーの作品が生まれる場所

2013.10.23

スタッフHです。本日は、現代ポップス史に残る作品が生まれる場所のビデオをひとつ。


全世界で2500万枚も売れ、今なお売れ続けているアデルの「21」。彼女の歌声はあっというまに世界中を魅了し、セカンドアルバムにして誰もが認めるトップボーカリストとなりました。

20161019_waves_greg-wells-tonecentric_600このダイアモンド・アルバムの中で2曲、アデルと一緒に曲作りをしたのが、本日のビデオに登場するグレッグ・ウェールズさんです。ビデオの冒頭で本人が語る「プロデューサーなんて呼ばれるけど、本当はミュージシャン」という言葉に非常に重みを感じてしまいます。

前半は名曲が(この)スタジオで生まれた背景、後半は彼のお気に入りWavesプラグインと、どう使っているかを駆け足で教えてくれます。

冒頭でグレッグさんが言う「プロデューサーなんて呼ばれるけど、本当はミュージシャン」に続いて、

「ソングライターでもあるし、ミックスもする、そして…ノイズメーカーだ!」

という言葉。そしてこの「ノイズメーカーだ」という瞬間のニヤリ顔が、音楽はもとより、音そのものを楽しんでいる方なのだなと大きく感じさせます。スタジオでギャーギャーうるさい人もノイズメーカーと言いますが、グレッグさんは「音楽的なノイズメーカー」なんだろうなぁ、とも感じさせます。

アデルの名曲が生まれた瞬間の話は面白い。トップシンガーが曲を産み出す瞬間に「自信なさげ」って、なかなか面白い話だなと思いました。

ビデオの後半はグレッグさんが愛用するWavesプラグインについて語っています。Master BundleSSL4000 CollectionJJPCLAなどのシグネチャー・シリーズ。そしてお気に入りのコンプだというCLA Classic Compressors。ビデオ中、気になるプラグインがあったらこちらの一覧ページからチェックしてみてくださいね。

>>Waves プラグイン一覧ページ

 

 

TOPへ