Sonarworks Artists

2017.05.02

Goh Hotoda

これでモニタリング環境ゆえの仕上がりの心配も憶測もなくなり、心置きなく、思う存分にEQやらCOMPやらLimiterやらVintage エキサイターやら全てを自由に駆使する事ができる。

鈴木Daichi秀行

リスニング用のチープでドンシャリなヘッドフォンがまるで高級なモニター用ヘッドフォンのような、フラットな特性に変化したのには驚きました。

これほどのモニタリング調整のための再生オプションを備えているなんてすごいよ!お気に入りツールさ。

Mark Needham

ミキサー/プロデューサー/エンジニア

グラミーノミネート11回、キラーズ、ピンク、シャキーラ、イマジン・ドラゴン、クリス・アイザック

真の意味で正確なモニタリングは、ミックスに大きな確信を与えてくれる。スタジオに必要不可欠なものだ。

Smith Carlson

エンジニア/プロデューサー

ワン・パブリック、マルーン5、テイラー・スウィフト、ビヨンセ

SonarworksはSol Seven Mix & Audio Postステジオにおけるシステムのパフォーマンスを引き上げてくれただけでなく、Sol7Post.comの映像・音楽のミックスまで向上させてくれたよ。ここで制作されたミックスは、主要な劇場やブルーレイ、HDTV放送でも完璧に反映されている。

Michael Lehmann Boddicker

作曲家/プロデューサー/Sol7Post.comオーナー

マイケル・ジャクソン、ホイットニー・ヒューストン、ライオネル・リッチー、シカゴ

ビル・グールドと一緒に新しいフェイス・ノー・モアのレコード“Sol Invictus”のミックスを、Soxnarworksのキャリブレーション・ソフトウェアを使って仕上げたんだ。その結果に息を呑んだよ。彼と共に仕事をしてきた二十年で、これほど音楽を正確に聴くことができたのは初めてのことさ。

Matt Wallace

プロデューサー/エンジニア

フェイス・ノー・モア、マルーン5、トレイン、アンディ・グラマー、デフトーンズ

ずっと必要とされてきた、ヘッドフォン・キャリブレーションと互換性の新しいスタンダードだね!

Rafa Sardina

ミキシング/マスタリング・エンジニア

グラミー受賞12回 ノミネート35回: スティービー・ワンダー、レディー・ガガ、ルイス・ミゲル、アレヤンドロ・サンズ

Sonarworksに出会ったことで、ついにHD600をリタイアさせることができたよ。最初にデモバージョンを試したときの、ヘッドフォンが生き返った感じに本当に驚かされた!クリティカルなミキシングの判断には必ず使うようにしている。尖った周波数を削ったり、重さや明瞭度をどれくらい加えればいいか、より確信を持ってミックスできるようになった。

Abraham Martinez

ミキシング・エンジニア

ラテン・グラミー受賞3回

Sonarworksのヘッドフォン補正システムがあれば、セッションをツアーに持ち出しても、スタジオで終わらせたところからすぐに作業をはじめられる。モニターからヘッドフォンへの移行がこれほどスムーズに出来たことはないよ。

Christopher Tin

作曲家・エンジニア

グラミー受賞2回

Sonarworksのヘッドフォン・プラグインを見つけたときから、ヘッドフォンでのレコーディング、編集、ミックスに欠かすことの出来ないツールになった。いつもラップトップの「ボックス内」で作業を完結できればと思っているから、このツールは確信と正確さを与えてくれる。昔ながらのスタジオ環境での作業により自由をもたらしてくれる。

Alê Siqueira

プロデューサー

ラテン・グラミー受賞3回、リオ・オリンピック2016の閉会式音楽監督

TOPへ