• TOP
  • Tips / Article
  • Hideyuki Ashizawa先生と学ぼう。はじめてのWaveform Vol.3
scroll

Hideyuki Ashizawa先生と学ぼう。はじめてのWaveform Vol.3

2017.09.14

すっかり、Waveform Peopleになってしまった芦沢。みんなはどうかな?

ボクはWaveformが大好きになり、仕事関係なく毎日触ってる。久しぶりに楽しいツール。

連載3回目で、ちょうど半分にきちゃったね。。。すでにセンチメンタル。

DAW関連の連載って、大好きなんだ。書いていて自分が一番楽しんでる(笑。

 

弊社で絶賛制作中のスカイスクレイパー(http://skyscraper.masukachi.com/ja/)では、

Waveformを導入して効果音を制作しているよ。

前回の連載2回目で書いていた、ブラウザーを複数立ち上げてプレビューできるから、

めちゃめちゃ効果音制作に役立ってる。効果音制作にも、Waveformはおすすめ。

 


 

連載第3回目 – LFO Modifierで
表現力アップ!アップ!

LFO(Low Frequency Oscillator)は(主に)人間の可聴域よりも低い周波数の波を発振する装置やモジュール。

Wikipediaから引用。

 

先生!良くわかりません!ググっても全然わかりません!

Waveformを触っていて、実に楽しいと思った機能のひとつがLFO Modifier。

概念を理解しなくても、ボクがやっているとおりにやれば誰でも出来るので簡単!レンジでチン!

最初は楽しく覚えて、難しい事は後で覚えよう。始めに動画を見てみて。

 

 

このコーラス音に、LFO Modifierを適用してみよう。

20170912_waveform_ashizawa_review3_2

画面右上のLFOアイコンを出力1に、ドラッグ&ドロップ。

20170912_waveform_ashizawa_review3_3

そうすると、LFOをボリュームかパンに適用する選択メニュー(学ぶは割愛)が表示される。

今回はボリュームを選択。次の動画を見てみよう。

 

 

画面中央下に、青の波形が表示されているよね?

波形の変化に合わせて、chorusのボリュームが上がったり下がったりする。

これがLFO Modifierなんだ。このLFO Modifierは、様々なパラメータに適応できる優れもの。

画面下中央のLFO設定画面、波とビートの項目を変更するだけでも表現が変わるので試してみてね。

 

突然ですが聴いてください。

新曲で曲名は「LFO Modifierで表現力が上がりすぎた」です。

 

20170912_waveform_ashizawa_review3_6

おなじみのSpectrasonics3兄弟を多用したデモ曲。

Stylus RMX、Omnisphere2、Trilianは現役で愛用してるYO!

Waveform Peopleの制作に役立てば幸いです。

常日頃、Twitter(@h_ashizawaJP)に生息しているので、感想などもらえると芦沢は喜びます。

 

連載が残り3回になった。より実践的な内容にしようと思う。

では!またね~

 


 

著者プロフィール

Exif_JPEG_PICTURE

芦沢英志
(株式会社マスカチ/サウンドクリエイター)

『ホームセンターでゾンビと戦うゲーム』(海外7カ国で新着アドベンチャー1位を記録/Android版)、『200億人の俺の嫁』などの楽曲及び効果音制作を担当。2017年6月配信、個人名義アルバム「Tropical 43」がiTunes Store トップエレクトロニックアルバム4位を記録。

株式会社マスカチ
masukachi.com


 

WAVEFORM

関連製品

Waveform

¥12,800

Waveform PlusWaveform + 16plug-in

¥18,900

Waveform UltimateWaveform + Biotek + 16plug-in

¥24,800

Biotek

¥24,800

MOK Waverazor

¥18,900

TOPへ