• TOP
  • Tips / Article
  • DiGiGridで制作の全てが変わった:OM Factoryセミナー(その5)

DiGiGridで制作の全てが変わった:OM Factoryセミナー(その5)

2015.06.26

ここまで4回にわたってレポートしてきた、OMFactory大島氏によるDIGiGridセミナー。今回は最終回となる「その5」をお伝えする。

今一度本セミナーについておさらいをすると、

  • 2015年3月に弊社内特設スペースで実施されたセミナー
  • 講師はDiGiGridを発売と共に入手した、OMFactoryの大島su-kei氏。
  • 「DiGiGridは、自分が理想とする環境をすべて入手できる夢のような製品(大島氏)」
  • 導入直後に手がけたのは、奥華子さんの最新曲。本セミナーでもそのトラックを使用
  • このときの貴重なセミナーを、テーマごとにビデオを切り分け、ここまでご紹介

という流れだ。バックナンバーをまだご覧になっていない方は、ぜひ順番に見てほしい。スタジオ構築から機材の取り回し、制作からレコーディングの上で、アーティストとのやりとりなど、随所にチェックしたくなるポイントがある。


 最終回となる今回は、実際にミュージシャンをお呼びしてレコーディングを敢行した。DiGiGrid環境を手にいれることで最もキモとなる、極めて低いレイテンシー環境。そして、複数のDAWを1つの環境にまとめ、OSやDAW間をシームレスにつなぐというポイントについて触れている。


今回の奥華子さんのレコーディングで、実際にギターを担当された森本隆寛さんの登場。通常のレコーディングとはまったく異なる手法で、Cubaseを操作する大島氏がレコーディングするのではなく、Pro Toolsを使っている森本氏のMacbook AirをDiGiGridネットワークに入れて録音を行う、というところから解説はスタートする。

このムービーはもしかすると、多くのクリエイター、ミュージシャンが経験している環境に近いかもしれない。しかし、DiGiGridを導入することによる決定的な違いが

1:55近辺より語られる。これは他の環境には絶対になかったシーンであろう。

CubaseをOMFactrory製DAW専用PCで操る大島氏と、Pro ToolsをMacBook Airで操る森本氏。この両者が1つのI/Oを共有しているシーンは、ムービー上で「さらっと」触れられている以上に、実は衝撃的ではないだろうか。

大島氏「では、自分で録ってもらっていいですか?

セミナーを現場で見ていた私たちにとっては、レコードとなるギターソロが目の前で演奏されたという嬉しさもあると同時に、今まで体験したことのないレコーディングのスタイルを拝見したという瞬間。

この衝撃をビデオとともに体感してほしい。


 セミナーのビデオとしては次がラスト。多くの方が最も気になるであろうことについて、冒頭から大島氏が触れている。

コンピューターそのものに精通し、ビンテージからモダンなものまでのアウトボードを所有し、さらに数多くのプラグイン、アクセラレーションボードなどを併用している大島氏が

『新しい(概念の)製品を導入するということは、周辺機器を考えるとなかなか難しいことだと想います。普通なら色々と買い替えをしなくてはならなかったりするので、大変です。

でも今回僕は、DiGiGridを「追加」した「だけ」です』

私のように各種の機材に慣れたつもりになって頭を固くしていると、DiGiGridの導入が「システムをすべてDiGiGrid中心に考え直さなくては」と思いがちだが、大島さんはI/Oを変えただけ、くらいの気軽さでDiGiGridを導入していることがわかる。

今まで使っていたUADなどの外部DSPモジュールもそのまま。アウトボードやハードのアンプシミュレータもそのまま。もちろんOSやDAWもそのままなのに、複数のマシンが同時に接続できて、今後の拡張性も十分ある。

DiGiGridは現在、以下のラインナップを揃えている。

  • Pro Tools HD/HDX環境向け(Digilink I/Oを使用する)DLS、DLI
  • ネイティブDAW環境向けのI/O付きモデル、IOS、IOX、IOC(IOSはプラグインサーバーつき)
  • ライブ向けソリューションであるMADIコンバータ、MGO、MGB

本セミナーではIOSとDLSを同時に使用して、大島さんのWinマシンと、ギタリスト森本さんのMacbook Airを同時に接続して実施された。「IOSの出音の良さも聞いていただきたかったので、IOSからスピーカーへと直接アウトプットしている」ということからも、第一線の環境で使うことに耐えうるサウンドだということも証明できたのではないかと思う。

新しい概念や、新しい接続方式。DiGiGridは「新しさ」を提供しつつも、従来の感覚のまま使えるソリューションではないかと思う。

TOPへ