• TOP
  • Tips / Article
  • リズム隊のミックスTips! – Vol 4 タム&トップマイク編
scroll

リズム隊のミックスTips! – Vol 4 タム&トップマイク編

ここまでキック、スネア、ハイハットと来ましたので、本日はタム編とトップマイク編。いずれもドラム音源にBFD3を使用していますが、他のドラム音源でも、あるいは実際のドラムレコーディングでも参考になるのではないかと思います。さっそくビデオから行きましょう。

2014.11.22

スタッフHです。

連日更新中の「リズム隊のミックスTips」。ここまでキック、スネア、ハイハットと来ましたので、本日はタム編とトップマイク編。いずれもドラム音源にBFD3を使用していますが、他のドラム音源でも、あるいは実際のドラムレコーディングでも参考になるのではないかと思います。さっそくビデオから行きましょう。

いかがですか?

20150205_3630ビデオ前半では、タムへのEQポイントが解説されています。使用しているEQは、佐藤さんもお気に入りというWAVES V-EQ(Gold Bundleほか、多くのバンドルに収録)。NEVEのEQをモデリングしたEQです。

具体的に「○●Hz辺りを狙って」というコメントもありますが、「どういう音に仕上げたいから、どういった響きになるようにEQを使う」といったところの解説にもっとも参考になるポイントが隠れています。


ビデオ後半は「ドラムサウンドの要となる」と解説されている、トップマイク。このトップマイクには、2種類の考え方があると解説されています。この2つがそれぞれどういうものであるか、ビデオ中佐藤さんのコメントをチェックして見てください。

トップマイクへの処理も、EQのみ。佐藤さん曰く「BFDの音が不満なく良かったので、コンプや他のプロセッサーでいじる必要がなかったんだ」との事ですが、私のような素人はどうしても「コンプか何かをかけて、なんとなくイイ感じにならないかなぁ」なんて処理をしがち。ミックス後のイメージを事前にしっかり持っていれば、無闇にプラグインを使う必要はないはずだよ、と佐藤さんに諭されます。

EQ処理はローカットの解説がポイントです。ローカットの周波数を上げていくにつれ「音がどう変わるのか」ではなく「ミックスにどのような影響を与えるのか」をチェックしてください。

次回はドラム編の締め、アンビエントマイク編・ドラムバスミックス編へと続きます。


講師プロフィール

佐藤洋介

岡本定義との宅録ユニット、COILとして’98年「天才ヴァガボンド」デビュー。エンジニアとしてサウンド面の中核を担い、COILのみならず外部アーティストからもそのサウンドメインキングのクオリティは高く評価されてきた。2005年にはRCサクセションのライブ盤「ラプソディーネイキッド」のミックスではその臨場感溢れる音作りで高い評価を得る。’06年はCOILとして初めて映画『初恋』(主演:宮﨑あおい)のサウンドトラックを担当。元ちとせ、杏子、福耳、長澤知之、竹原ピストル他への楽曲提供やエンジニアリング、プロデュースも手がける。2013年COILはデビュー15周年を迎え、ニューアルバム「15」をリリース。2014年4月にCOILを脱退。脱退後は幅広い視点からサウンドプロデュースができるエンジニアとして、活動の場を広げている。

Overview , 概要

TOPへ