scroll

Element 2.0
Analog-style polyphonic synthesizer

製品の説明

モデリング・エンジンを改良し、より高解像度のオシレータを搭載したV2.0

改良されたVirtual Voltageテクノロジーによるモデリング・エンジンを搭載するElement 2.0では、より高解像度のオシレータ、エンベロープ、レイテンシーのないフィルターセクションを実現、シーケンサー機能の強化、多数のプリセットも追加されました。

20151222_waves_element2_switchボタン一つで、素早くV1エンジンへ切り替えることも可能です。

Element 2.0は、 Virtual Voltage™ テクノロジーによる、太くザラリとした手触りを持つアナログ・クラシック・サウンドを備えています。Wavesが培ってきた精密かつ柔軟性を持つモダン・シンセの操作性。Element 2.0はその両方を備える、アナログ・スタイルのポリフォニック・インストゥルメントです。

Element 2.0には様々な機能が搭載されています。シンセサイザーの基本要素に加え、内蔵エフェクト、16ステップのアルペジエイター/シーケンサー、MIDIラーンによるコントロール、膨大な数のプリセット。すべてが整然とレイアウトされ、スクロールやページ変更の必要もありません。 燃えるようなリードサウンド、唸りをあげるベース、神秘的なパッドからエレクトロ・パーカッション、躍動感溢れるシーケンスからエフェクティブなサウンドまで、Elementにすべてお任せください。

20151222_waves_element2_element2_mirror

Elementの舞台裏~Yoad Nevoからのコメント

ロンドンをベースにAirやGoldfrapp、Pet Shop Boysなどのアーティストを手がけるプロデューサー/エンジニア、Yoad Nevoは長きにわたりWaves製品の開発に関わり、Elementの製作においては大きな役割を担いました。

「僕が手がける作品で、シンセサイザーの占める割合はとても大きい。もちろんアナログ・シンセもかなりの数を使ってきているけど、それでも新しいクールなバーチャル・インストゥルメントにはいつも心が踊る。Wavesが新しいシンセサイザーを一から製作すると決定したとき、必ず備えるべき要素を注意深く確認していった。簡単で使いやすいシンセでなくてはいけない、だからすべての基礎となる減算方式のシンセ・エンジンからスタートした。そしてエンジンを改良し、機能を加え、成熟したシンセサイザーへと育てていったんだ。

Elementはファットで、即戦力になるサウンドを提供してくれる。でも僕がほぼすべてのプリセットを作るときに利用した、非常に優れたエディット機能も搭載している。そして重要なのは、こうした機能が1つのページに収められているということだ。ステップシーケンサー、モジュレーション・マトリクス、エフェクト、全部だ。プリセットから選んでもいいし、一から自分で作ってもいい。Elementのサウンドには、きっとみんなが満足してくれるはずだ」

 

Yoad NevoによるElementチュートリアルビデオ(英語版)

特徴

  • 高解像度のオシレータおよびアナログ・エンベロープをモデリング。
  • 遅延0のフィードバックを持つフィルターセクション。
  • Element 1と2のモードを素早く切り替え可能。
  • 16ステップ・アルペジエイター/シーケンサーにHoldおよびRetriggerモードを追加、モジュレーションソースとしても使用可能。
  • Virtual Voltage™テクノロジーによるシンセ・エンジン。
  • 内蔵エフェクト搭載: コーラス、ディレイ、リバーブ、ディストーション、ビットクラッシャー。
  • Element対応ホスト: Pro Tools ( AAX Native 64-bit, RTAS, Audiosuite), Logic Pro, Ableton Live, Nuendo, Cubase, Main Stage, Studio One, Sonar, Samplitude (ProX2 VSTi), Sequoia (13 VSTi).
  • *上記以外のホストでは動作に支障をきたす可能性がございます。詳細な対応ホスト・バージョンについてはこちらの動作環境ページにてご確認ください。
  • WUP期間内にあるElement 1ユーザの方は無償でバージョンアップデートが可能です。こちらのページを参照の上、ライセンス、プラグインのアップデートをお願い致します。なお、Element 2.0はElement 1.0と動作環境が異なります。必ずライセンスアップデート前に対応のOS環境をご確認ください。

Element 2.0 Virtual Analog Synth

通常価格
¥25,920

仕様・動作環境

20151029_waves_system_req_600

Waves製品はプラグインによって対応ホストアプリケーション、機能などが異なるものがございます。動作環境、対応ホストアプリケーションなどについてはこちらのページをご覧ください。

その他の最新の対応環境や製品比較については下記Wavesサイト(英文)もご参考ください。

  • Codex およびElement対応ホスト: Pro Tools HD (AAX Native 64-bit, RTAS), Logic Pro, Ableton Live, Nuendo, Cubase, Main Stage, Studio One, Sonar, Samplitude (ProX2 VSTi), Sequoia (13 VSTi), FL Studio, REAPER.
TOPへ
Exact matches only
タイトルを検索
本文を検索
製品をさがす
Search in pages
ブランド名
コンテンツ
ソリューション提案
サポート情報