scroll

API 550
3-Band Equalizer, 4-Band Equalizer

製品の説明

60年代後半に誕生し、API独特のパワフルかつ滑らかなキャクターを決定づけた伝説的レシプロ・イコライザーを、プラグインで再現

API 550A

1960年代後半の伝説的製品をモデリングしたAPI 550A EQは、数十年にわたり、ハイエンドスタジオを明確に特徴づけたビンテージ・サウンドを提供します。

3つの帯域に分割された、15の周波数ポイントで5段階のブーストを行う550Aは、レシプロ・イコライザーと呼ばれています。高域および低域ではピークまたはシェルフを選択可能となっており、他の設定とは独立してバンドパス・フィルターをインサートできます。独特な『APIサウンド』を得られる、ユニークでパワフルなイコライザーです。

  20150520_waves_API550NA-a

API 550B

オーバーラップも可能な4バンドEQ、550BはAPIの特徴である甘くなめらかなアナログサウンドをトラックに与えてくれます。

バンドごとに最大5オクターブ、7段階の切り替え可能なフィルター周波数が設けられ、最小設定時にはフィルター自動でQ幅を広げ、高い設定では狭くなる550Bの「プロポーショナル Q」独特の振る舞いも再現します。それまでの処理による質感やカラーを修正したり、逆転させることすら可能でしょう。

無限の音色の可能性を秘めたAPI 550Bは、プロフェッショナルの多様なニーズを満たすことのできるEQです。

20150520_waves_API550NA-b

 

特徴

API 550A

  • バンド毎5つのセンター周波数を選択可能
  • レシプロ&レピートフィルター
  • バンド毎に2-3 dBステップで最大12dBのブースト/カット
  • 「Propotional Q」によってフィルターのQ幅を極端に狭めることが可能
  • クリップレベルまで+30dBと高いヘッドルーム

 

API 550B

  • バンド毎7つのセンター周波数を選択可能
  • 相互作用または再現可能なフィルター
  • バンド毎12dBのブースト/カット
  • バンド1と4はシェルフ/ピーク切り替え可能
  • クリップレベルまで+30dBと高いヘッドルーム

API 550

通常価格
¥32,400

特価 : ¥5,480

レビュー

マライア・キャリー、セリーヌ・ディオン、ティンバランド、三浦大知、福原美穂、鈴木雅之

- ニラジ・カジャンチ

「API550A & API550Bは僕のデフォルトのEQです。基本的にはAnalogは"OFF"にしてますけど、実機みたいに通すだけでHi-Midの音がかわります。タンバリンとかシェーカーとかで耳に痛い帯域が良くあると思いますけど、7k~10kあたりを2dBか4dBカットする事が多いです。

後はバンドのレコーディングをしているとき、ドラムのタムのマイクにシェルフで2kを上げたい時に簡単にできるので、よくAPI550Bを使います。APIって音楽的なEQのポイントが選ばれてるので使いやすいですね。」

- ニラジ・カジャンチ(マライア・キャリー、セリーヌ・ディオン、ティンバランド、三浦大知、福原美穂、鈴木雅之)

仕様・動作環境

20151029_waves_system_req_600

Waves製品はプラグインによって対応ホストアプリケーション、機能などが異なるものがございます。動作環境、対応ホストアプリケーションなどについてはこちらのページをご覧ください。

 

その他の最新の対応環境や製品比較については下記Wavesサイト(英文)もご参考ください。

 

API 550

通常価格
¥32,400

特価 : ¥5,480

TOPへ
Exact matches only
タイトルを検索
本文を検索
製品をさがす
Search in pages
ブランド名
コンテンツ
ソリューション提案
サポート情報