scroll

Nick Mason Drums: BFD Expansions

製品の説明

ピンク・フロイドのドラマー、ニック・メイスンのサウンドが、『狂気』エンジニアの手により蘇る。

Sonic Realityのデイブ・カーズナーの計らいで、ピンク・フロイドのドラマー、ニック・メイスンと、レコーディング・エンジニア/プロデューサーのアラン・パーソンズの40年越しの再会が実現し、ロックの歴史に残る貴重なドラムサウンドをキャプチャーしライブラリ化するプロジェクトが始まりました。

20160222_sonicreality_NickMason_top 

20160222_sonicreality_mason3peepsそして誕生したSonic RealityのNick Mason Drumsは、ピンク・フロイドのドラマー、ニック・メイスンの象徴的なドラム・サウンドをキャプチャーしたBFD2/3用の拡張音源です。ピンク・フロイドを象徴するアルバム”Dark Side of the Moon(邦題:狂気)”をレコーディングしたアラン・パーソンズ本人によって録音されたサンプルは、70年代その当時と同じく、EMIのミキシング・コンソールで収録されました。これ以上に本物に近い、ビンテージなドラム・サンプルは存在しません。あなたのBFD2/3のキットの一つに、この歴史的にも貴重なドラム・サウンドを加えて、あなたの音楽で自由に使うことができるのです。

BFD2/3版のNick Mason Drumsは、アルバム「The Wall」の収録にも使われたニック・メイスンが所有するLudwig®のキットをデジタルのアーカイブとして使えるようにしたものです。ライブ感のある音、クローズ・マイクの音まで、ミックスで使うマイク・チャンネルを任意に選んで、豪華なドラムキットを自由にミックスすることができます。

 

20160222_sonicreality_nick_mason_alanアルバム「狂気」のような音が欲しい時は、ルームマイクを下げ、ダイレクト音を上げ、広がりのある大きなロックドラムが欲しいときは、ルームを上げ、コンプレッションや他のエフェクトを足してみて下さい。暖かみのあるスネア音から重厚なキックとタム、弾けるスネアのサウンド…。  このキットは誰しもが持っておくべきコレクションと言えるでしょう。何百万人にも知られているあの音源で馴染みのあるドラム・サウンドを、様々なスタイルの音楽制作に活用することができるのです。

 Nick Mason Drums BFD Kitは合計約5GBの高解像度マルチチャンネル音源を収録しています。5つのタム、ハイハット、ライド、3つのクラッシュと4種類のスネアを含む、ニック・メイスンのカスタムLudwig®  “Black Kit”を完全収録しています。このドラムキットはアラン・パーソンズによってEMI TG12345コンソールを使って収録されました。このコンソールは、1973年にアルバム”Dark Side of the Moon”の収録に使われたのと同じモデルです。同じマイクロフォン、同じマイキング・テクニックを使って、かつての同士が、過去を振り返り、ロックの歴史を刻んだセッションを再構築したのです。

 

Nick Mason Drumsオーディオ・デモ

 

Sonic Reality: ニック・メイスン アラン・パーソンズ インタビュー[英語版]

特徴

20160222_sonicreality_nick_mason_masonkit

  • Fxpansion BFD2/3、BFD Eco専用拡張音源
  • ニック・メイスンによるカスタムLudwig®  “Black Kit”を完全収録。
  • キック、4種類のスネア(BB, BS, ExBE, Lud)、タム x 5、ハイハット、ライド、クラッシュ x 3 (17″, 18″, 19”)を収録。
  • HDD容量: 5.2GB

*本製品はFxpansion BFD2専用の拡張音源集です。本製品をお使いいただくには、BFD3、2、またはBFD Eco本体が別途必要となります。

*本製品のインストールには、ライブラリダウンロードのための高速なインターネット接続環境、及びライブラリデータのインストール用ハードディスク空き容量(OS、オーディオ・トラックとは別ボリュームの7200RPM以上のハードディスクを推奨)、本製品アクティベーションの際にインタ−ネットに接続していることが必要です。

 

TOPへ