scroll

driftbox J
Programmable Joystick

製品の説明

入力されるオーディオ信号を二つのジョイスティックでシーケンスする、driftboxシリーズ初のVCA・CVコントローラー

driftbox Jは、driftbox S/Rシンセサイザーと、シーケンサー等の外部機器との組み合わせを想定した、シリーズ初のVCA-CVコントローラー+シーケンサです。

大きな二つのジョイスティックが、X軸でVCAをY軸でCV出力をコントロールします。driftbox Jそのものにオシレータは搭載されていませんが、外部からオーディオおよびCV/GATE/MIDI信号を入力することで、オーディオ信号グルーブはそのままにレベルやパンを変化させたり、加工したCVを出力して他のシンセサイザーのパラメータを操作することが可能です。

マスター/スレーブとしてCVまたはMIDIによる同期に対応し、マニュアル/ループ・モードでは内蔵された16ステップのシーケンサで2つのジョイスティックの動きをリアルタイムにレコーディングすることができます。またステップごとにスティックの動きを入力するステップ・モードも利用可能です

またプログラミングされたVCAとジョイスティックによるリアルタイム操作は同時に出力することができます。プログラムとマニュアルによる操作を一体化することで、ライブ演奏などに予想もしないシーケンスの変化や表現が生み出します。また、複数台のdriftbox Jを組み合わせてより複雑かつ過激な動きを創りだすこともできるでしょう。

20160202_reon_driftbox_J_top_600

20160202_reon_driftbox_J_side_connector_600

REON代表取締役 荒川市によるdriftboxパフォーマンス

特徴

2ジョイスティックVCAコントローラ

  • X-Y デュアルCVコントローラ
  • 2chの手動CV出力コントロールとアッテネーション
  • 2chのプログラマブルCVシーケンス出力

16ステップ・プログラムメモリー

  • ステップ入力およびマニュアル/ループ入力

MIDI/GATE同期

  • Gateパルス信号によるマスター/スレーブ動作
  • MIDIによるスレーブ動作

 

 driftbox Jと外部機器との同期方法として、下記のパターンがあります。それぞれ接続方法が異なります。

外部シーケンサーの設定
Driftybox Jの設定
マスター
GATE/Clock出力
スレーブ – ステップ
GATE同期
マスター
MIDI出力
スレーブ – ステップ
MIDI同期
スレーブ
GATE/Clock同期
マスター – マニュアル/ステップ(打込済)
GATE出力
なし
リサンプリング
GATE出力

*マスター: その機器が中心となって同期信号を発生させるモードです。driftbox Jをマスターにした場合、マニュアル/ループ/ステップの各モードを使用可能です。

*スレーブ: マスターからの同期信号を受けて、同期する動作モードです。driftbox Jをスレーブにした場合、ステップ・モードを使用可能です。

 


 

接続例

ステップシーケンサー(外部機器)とdriftbox R_Limitedを接続する場合
*シンセサイザー1台をdriftbox Jに接続する場合は、音声をパラレルに分けてオーディオインへ入れます。シンセサイザー2台の場合は、それぞれの出力をVCA1、VCA2の各入力へ接続してくだ さい。
*2つのオーディオアウトをステレオ出力としてミキサー、アンプなどに送ります。
*外部から入力可能なCV電圧は0~5V最大です。またGATE電圧も同様に0~5Vです。この範囲を超えたり、逆電圧を印加すると破損の原因となります。もし大きな電圧を印加したい場合は、別途電圧をアッテネートし5V以下になるよう調整してください。

 

スレーブ動作(GATE入力による外部機器との同期)

 20160202_reon_driftboxj_slave_gate

1.シーケンサーからのGATE信号をGATE INに入れます。

2.シーケンサーからのCVはシンセサイザーのオシレーターに入れてください。

3.driftbox JのGATE OUTをシンセサイザーのGATE INへ入れてください。

4.driftbox Jの裏側のミニ端子の下段のCV-A 1ch またはCV-B 1chをシンセサイザーのVCF CV INと接続します。

 

 スレーブ動作(MIDI入力による外部機器との同期)

 20160202_reon_driftboxj_slave_midi

1.シーケンサーからのMIDI出力信号を、付属の変換ケーブルを用いてdriftbox JのMIDI入力に接続します。

2.MIDIシーケンサーからのNOTE信号はMIDI-CVコンバーターなどを介してシンセサイザーへ接続してくだ さい。

3.driftbox JのGATE OUTをシンセサイザーのGATE INへ入れてください。

4.driftbox Jの裏側のミニ端子の下段のCV-A 1ch またはCV-B 1chをシンセサイザーのVCF CV INと接続します。

 

マスター動作(GATE出力による外部機器との同期)

 20160202_reon_driftboxj_master_gate

1.driftbox JのGATE出力を、シーケンサーのCLOCK INまたはGATE INや、シンセサイザー のEG(エンベロープジュネレーター)などに接続します。

2. driftbox Jの裏側のミニ端子の下段のCV-A 1ch またはCV-B 1chをシンセサイザーのVCF CV INと接続します。JOYSTICKのマニュアル動作でフィルターを開け閉めしたいときは、ミニ端子の上段のCV-A 2ch、またはCV-B 2chの出力をシンセサイザーのVCF CV INに接続してください。

driftbox J

通常価格
¥42,876

仕様・動作環境

製品名称:  Driftbox J Programmable Joystick
品番: RE-501J
電源: DC5V 専用アダプタ
消費電力: 約1.8W 360mA
サイズ: W150×D100×H55 (mm) ノブ高含む
重量: 約560g
JOYSTICK 2ch
VCA 2block
Ext CV out 2ch
Programable CV 2ch
Mode STEP-mode
MANUAL Quantize-mode
REAL Sampling-mode
Memory STEP-mode 16step
MANUAL-mode 16step
REAL Sampling-mode 4-5sec
(*テンポによる)
同期 GATE IN
MIDI IN
MIDIクロック (START,STOP信号のみ受信)
MIDI ch指定なし
外部出力 GATE out
CV1, CV2 out
音声入出力 Audio in 2ch
Audio out 2ch
TOPへ