scroll

Visualizer
Market leading Audio Analysis.

製品の説明

ミックス、プロダクションの過程で、いつものやり方では解決できない問題にぶつかったとき。何かがおかしいが、実際に何が問題なのか分からない時。経験では上手くいくはずなのに、今回に限って上手くいかないという時。そんな時に必要なのは、信頼できる音響解析ツールです。

特定の周波数帯にへこみがある場合、必要なのは位相問題の解決なのに、むやみにEQ補正に時間をかけていることは無いでしょうか?Visualizerがあれば、レベル、周波数分布、位相、L/Rの相関度合いから、瞬間的なクリップまで解析可能です。

クリアなミックスを実現する処方は、症状の分析と原因の追求から。

screen_shot_visualizer_small_1

Visualizer 2では、複数のメーターの表示が一つの画面で表示できるようになり、例えば別々のソースのFFTを比較するなど、その時に必要な情報を任意に並べて表示が可能です。もう複数のプラグインを切替ながら結果をする必要はありません。ウィンドウの構成をプリセットに保存すれば、瞬時に最適なサイズで必要な情報を表示させることができます。

  • 高速になった表示と軽快な操作
  • マルチビュー(複数のメーターを一つのプラグイン上に表示して比較可能)
  • ディファレンス・ビュー(2系統の入力の差分を表示)
  • 自由にリサイズ可能なインターフェイス
  • AVID HDXバージョン(オプション)
  • スタンドアローンでも動作

Visualizer 2をPro Tools HDXカード上でAAX DSPプラグインとして使うためのオプションVisualizer HDX extensionと、VisualizerからVisualizer 2へのアップグレード版も入手可能です。

screen_shot_visualizer_large_2

レビュー

“Visualizerには、オーディオ解析に必要なものがほぼ全てそろっている。他で入手できないものもある。Visualizerを受け取って以来、他のメーターは使わなくなってしまった。” – Martin Walker, Sound on Sound magazine

“直感的に理解できるインターフェースだが、熟練のプロを満足させるのに十分な解析ツールがそろっている。CDマスターを焼く前に各曲を比較して、一貫性のあるアルバムに仕上げる作業が楽になった。よく考えられたデザインだ” – Eric McVay, Bad-Zero Productions

 

特徴

様々な種類のメーターを装備

  • Peak / RMS / K12 / K14 / K20など、複数のレベルメーター
  • FFTスペクトラム解析
  • ステレオ・スペクトラム解析
  • スペクトログラム
  • ステレオ・スペクトログラム
  • ベクター・スコープ
  • ステレオ・スコープ
  • ステレオ・バイアス・メーター
  • 位相相関メーター
  • 帯域位相相関メーター

レベルメーター

  • ピーク、ボブ・カッツ氏によるK-Scale、RMSとピークの複合表示など、多数のプリセット。
  • 表示範囲の拡大/縮小に対応。
  • フルスケール=14(-14dB=0)など、フルスケール値を調整可能。
  • 3段階の色別表示のスプリット・ポイントも調整可能。
  • 水平/垂直表示を切り替え可能。

FFTスペクトラム・アナライザー

  • L/R/LR平均モードを装備。
  • 横軸(周波数)、縦軸(レベル)とも拡大/縮小表示可能。
  • ユニークなL/R差分表示機能付き。
  • オクターブ、1/3オクターブ、1/6オクターブ、Bark、Bark thirds、Mel、クロマチック等豊富なバンド表示。
  • マウス位置の周波数値(クロマチック選択時はC3など音名)を表示。
  • 右マウス・クリックで再生可能なトーン・ジェネレーター付き。
  • Blackman-HarrisなどのFFTタイプ、FFTウィンドウ、RMSウィンドウのサイズ、トーン・ジェネレーターのOn/Offはステータス欄で設定。

screen_shot_visualizer_compare_1

ベクター・スコープ

  • +1=モノ、0=相関無し、-1=逆相と、L/Rの相関度合いを表示。
  • On/Off可能なヒストリー・ビューを用意。

screen_shot_visualizer_compact_2

ステータス & セットアップ

  • 何サンプル連続して0dbFSを超えた時にクリップとして認識するかを自由に設定(Blocks)。
  • 設定条件に基づきクリップ数を表示(No of Clip)。
  • 最大連続オーバーロード・サンプル数を表示(Running)。
  • 合計オーバーロード・サンプル数を表示(Total)。
  • ピンク・ノイズを再生。
  • スペクトラム・アナライザーの詳細を設定。

Visualizer 2

通常価格
¥25,812

Visualizer HDX extension

通常価格
¥6,480

Visualizer upgrade to v2

通常価格
¥12,852

仕様・動作環境

NuGen Audio プラグイン・エフェクト動作環境

  • Mac OS X 10.7-10.11
  • Windows 7-10
  • CPU – Intel Core Duo 1.66GHz以上
  • AU、VST(2.4/3)、AAX Native & AudioSuite(LM-CorrectはAudioSuiteのみ)、RTAS(Pro Tools 10)スタンドアローン*
  • *スタンドアローン対応: VisLM-H、LM-Correct
  • VisLM-H DSP、Halo Upmix: 要iLok2 USB Smart Key(別売)および接続用のUSBポート×1基
  • 他の製品はハードディスク/iLok2からオーサライズの選択が可能

その他、基本的な動作環境は、各ホスト・アプリケーションの動作環境に準じます。本製品をご使用いただくにはインターネット接続環境が必要です(インストーラのダウンロード、およびオーサライズ時)。製品の仕様・動作環境、および価格は、予告無く変更となる場合があります。

 
TOPへ