scroll

Pianoteq 6 Standard
6th Generation Piano Instrument

製品の説明

インストールサイズはわずか50MB、フィジカル・モデリングによるピアノサウンドの新スタンダード。

目指したのは、ピアノの存在感。Pianoteqは、マリア・ジョアン・ピリス、アリシア・デ・ラ・ローチャなど、著名なピアニストの調律師だったフィリップ・ギヨームが開発した、フィジカル・モデリング・ピアノ音源です。レガート演奏時の音のつながり。スタッカート演奏時に感じられるハンマーとボディの存在。押さえる鍵盤が増えるほど複雑に絡みあう共鳴。アーティキュレーション、響きにこだわる練習、作曲、演奏時には、フィジカル・モデリングの表現力が必要です。

 


息を飲むようなリアリズム

Pianoteq 6は、エンジンと物理モデルに数多くの改良を施し、アコースティックピアノ、電気ピアノ、歴史的な名器、クロマチックパーカッションなど、全ての楽器のリアリズムと音響的な存在感を向上させました。Pianoteqでの演奏に、これまで以上の楽しさをもたらします。

 

Authorized by Steinway & Sons ® 
authorized_by_steinway

物理モデルを用いたPianoteqバーチャル・インストゥルメンタルSteinway Model DとSteinway Model Bのサウンドと演奏のしやすさは、Steinway & Sons ® からの認可を得ました。これら最高品質のバーチャル・グランドピアノは、Steinwayならではのサウンドを求めるすべてのミュージシャンにとって、魅力的な選択肢のひとつになりました。

メーカーページでPianoteq 6のデモ音源を聴く>>

 

対応フォーマットの追加

Pianoteq 6は、VST3フォーマッsteinberg_vst3_logo_300トとARMアーキテクチャ(Linux版のみ、Raspberry Pi 3ボードなど)との互換性を追加することでワークフローを強化します。コード識別機能の追加に加えて、チューニングセクションには更に高度な新機能も追加されました。スタンドアローン版にはMIDIプレイリストが追加され、MIDIアーカイブには改良が施されました。wav形式に加え、FLACやMP3フォーマットへのオーディオ・エクスポートも可能です。

 

MIDIプレイリストとアーカイブ

スタンドアロン版では、MIDIプレイリストと改良されたMIDIアーカイブが使用可能です。ジュークボックスのように、MIDIファイルの再生リストを読み込むことができます。キーボードで演奏するすべての音符は自動的にMIDIフォーマットで記録、アーカイブされ、複数のMIDIファイルとしてアクセスすることができます。記録された演奏を紛失してしまうような必要は無く、簡単に探しだすことができます。って開発された最新のプラットフォームであり、多くのホストアプリケーションでサポートされています。ARMアーキテクチャとの互換によって、Pianoteq 6はLinuxベースのデバイスに搭載されているRISCベースのCPU上でも動作します。

 

FLACおよびMP3形式でのオーディオエクスポート

WAV形式以外にも、ロスレス可逆圧縮形式であるFLACまたはMP3形式でオーディオファイルのエクスポートが可能です。後からオーディオ変換を行う必要がなくなりますので、時間と労力を節約できます。

 

演奏した内容をそのまま画面上に表示

スタンドアロン版では、MIDIキーボードの鍵盤を押したときに、画面上の仮想キーボードの鍵盤が色付きで表示されます。あなたや他の人の演奏をより簡単に画面上で見ることができますので、ピアノの練習に役立ちます。コードも検出されて表示されます。

 

微妙な音色のチューニング

interface_tweaking物理パラメータによって音色に加工を施すことの可能性は、他のどのピアノ音源でも見られないPianoteqだけの機能です。現実世界では、ピアノ技術者がアコースティックピアノで数時間から数週間かけるような調整を、Pianoteqではマウスを数回クリックするだけで実現できます。

弦の長さを1mのミニグランドから10mの架空の巨大なグランドピアノに変えるなど、現実世界ではほとんど実現できないことが、Pianoteqなら簡単に実現可能です。サウンドボードの機械的特性すら変えることができます。これまで聞いたことのない、もしくは想像したことのない音との出会いによって、新たな可能性の扉が開きます。

 

FXPコーナーのプリセット

Pianoteq Standard 6のユーザーは、Pianoteq PRO 6のユーザーが作成したものを含め、他のユーザーが作成したプリセットをすべて使用することができます(FXPコーナーで利用可能)。Pianoteq Standard 6またはPianoteq PRO 6で作成されたプリセットは、どちらのバージョンでも全く同じサウンドで演奏可能です。

 

マイクの設定

interface_pickups

レコーディングにおいてプロオーディオエンジニアが行うのと同じように、インターフェイス上で画像で確認しながら、ピアノの周りに最大5本のマイクを自由に配置できます。マイクを調整することで、音色や空気感を素早く調整できます。

有名ブランドの15種類の指向性マイクロフォンの特性もモデリング、サウンドカラーのパレットの選択肢が増えました。

ミキサーでは、5つの出力チャンネルに対してマイクを組み合わせることができ、音量レベルとディレイを個別に調整可能です。また、ヘッドフォンでの使用を目的としたバイノーラル・モードでは、インターフェイス上で設定したヘッド(頭)の位置に基づいて、シミュレーションが実行されます。ヘッドは任意の方向に回転可能なのに加えて、大きさの変更も可能です。

 

選べるフレーバー:ピアノからピアノ以外の楽器まで。

20150224_Modartt_instrument-fan

Pianoteq 6では、購入時にお好みのフレーバーを選択いただけます。Pianoteqのライセンス購入(ステージ、スタンダード、プロ)の段階で以下から、いずれか一つのフレーバーをお選び頂けます。

  • アコースティック・ピアノ(Steinway D + K2 grand pianos)
  • エレクトリック・ピアノ(Electric pianos + Hohner Collection)
  • クロマティック・パーカッション(Vibes + Xylophone/Marimba)

さらに音色を追加したいときは、アドオン(D4、Blüthner、Kremsegg Collection IとII、Electric pianosなど)をいつでもこちらのAdd-onページから追加購入することができます。*購入時に選択したフレーバーは、後から変更することができませんのでご注意下さい。

特徴

  • 物理モデリング・ピアノ
  • リアルタイムにサウンドを生成
  • フルダイナミクス – ベロシティのスイッチングなし
  • 抜群の演奏感で豊かな表現を実現
  • 実際のピアノと同様の動作原理をモデリングしたサウンド
  • ユニークなチューニング、ボイシング、デザインの調整
  • マイクのポジショニング、最大5本のバーチャル・マイクの使用が可能
  • 最大5チャンネルのマルチチャンネルに対応
  • ピアノ・ファクトリー – 自分だけのピアノを簡単に作成可能
  • 多数のエフェクト + コンボリューション・リバーブ
  • 高度なプリセットとパラメータの管理機能
  • 制限の無い視点設定が可能
  • 64ビット版の使用が可能
  • ネイティブLinux(x86)版の使用が可能
  • ラップトップPCでも快適に動作
  • 高速読み込み – サイズは50 MB未満

 

フィジカル・モデリング方式の特徴

  • ハンマー、弦、響板、ペダル、上蓋など、ピアノを構成する各部位の相互作用を再現して発音。
  • サンプル音源とは異なる反応、和音の響きによる、有機的な表現力。
  • 128段階のすべてで滑らかに反応する、ベロシティ・レスポンス。
  • 1連続的なペダルへのレスポンスにより、ハーフ・ペダル表現に対応。
  • 無音で押さえた弦を他の打弦で響かせる、「共鳴」奏法も再現可能。
  • PDFマニュアル(日本語版(バージョン6は現在作成中)、英語版)付属。

 

Pianoteq 6 Standard

通常価格
¥39,960

仕様・動作環境

MODARTT Pianoteq 動作環境

  • Mac OS X 10.7-10.12
  • Windows 7-10
  • Intel Core iシリーズ以上
  • RAM空き容量1GB以上
  • AU、VST (2.4/3) 各32/64bit、AAX64bit Native、スタンドアローン*

*要Core Audio(Mac)/ASIO(Win)ドライバー対応のインターフェース

製品のインストールには40MB以上のハードディスク空き容量が必要です。その他、基本的な動作環境は、各ホスト・アプリケーションの動作環境に準じます。製品をご使用頂くにはインターネット接続環境が必要です(インストーラのダウンロード、およびオーサライズ時)。製品の仕様・動作環境、および価格は、予告無く変更となる場合があります。 

Pianoteqのバージョンについて

Pianoteqシリーズには3つのバージョンが用意されています。異なるのはパラメーターの編集(または再現)機能のみで、すべてのバージョンで同じ音色、楽器(ピアノモデル)、演奏性を備えています。

88鍵盤それぞれのノートに対して膨大なパラメーターを個別に設定可能なPianoteq  PROから、フィジカルモデリングの編集やマイクポジションの調整が可能なPianoteq Standard、そして最もシンプルなPianoteq Stageまで、好みに合わせてお選びいただけます。

上位版へのお得なアップグレードも用意していますので、最もシンプルなPianoteq 5Stageからお使いいただいた場合も、それまで作ったプリセットを無駄にする事無く、より高機能なStandardやPROへステップアップすることができます。

Pianoteq 6 バージョン比較表

機能 PIANOTEQ Stage PIANOTEQ Standard PIANOTEQ PRO
登録時に2つのインストゥルメント・パックを選択可能
KIViRの歴史的な楽器を収録
VST、AU、AAX、スタンドアローン対応
プリセットの読み込み ● *1 ● *2
オーディオ・エフェクト
ピアノモデルの編集  
マイクロフォンの調整  
リバーブのインパルス解析データのロード  
88鍵各ノート単位の編集    
サンプルレート192kHz対応    

*1 上位版で作成したプリセットをPianoteq STAGEに読み込むことはできますが、Pianoteq STAGEのインターフェース上に表示されているパラメーターのみ適用され、ノート毎のエディット情報(PRO)、ピアノモデルの編集情報(Standard、PRO)などは再現されません。
*2 Pianoteq Standardでは、Pianoteq PROのみの機能(88鍵盤それぞれのパラメーター調整情報など)を使ったプリセットも完全に再現することができます。

Pianoteq 6 Standard

通常価格
¥39,960

TOPへ
Exact matches only
タイトルを検索
本文を検索
製品をさがす
Search in pages
ブランド名
コンテンツ
ソリューション提案
サポート情報