scroll

Mobile I/O 2882 Expanded
Real mic pres for real recordists.

製品の説明

豊富な入出力と、リリースから年を経てもなお圧倒的なAD/DAのクオリティを誇る、18in/20out FireWireオーディオIO。

Mobile I/O 2882は、8基のマイク/ライン/インストゥルメント アナログ・インプット、8基のバランスド・TRS・コネクター・アナログ・アウトプット、8チャンネルのADAT I/Oを1Uラックマウント・サイズに搭載した、豊富な入出力を持つモデルです。

強力なDSPによるゼロ・レイテンシー内部エフェクト、80bitバス・プロセッシング、本体入力/DAW出力を混在させた自由な内部ルーティングに加え、新しい”2d Expanded”ではADAT純正チップにリプレイスされた8ch ADAT I/O、7.1サラウンドまでの対応、M/SDecorderやアナログ機器の特性を再現するCharacterプラグインなど9種類の専用プラグイン(+DSPモデルでは、72種類!)と、多くのエンジニアからのフィードバックに応えた膨大な機能を追加。

20150423_mh_2882_2d_Reflective

このDSPはご購入の後からでも、追加で購入が可能なオプション。永く使ってさらに、アップグレードが可能です。
+DSPライセンスの詳細はこちら>>

Mobile I/O 2882 2d Expandedは、Mac OS X専用にデザインされた12in/14out、FireWire 400接続のCore Audioオーディオ・インターフェースです。


 

Metric Haloから3つのThunderbolt to FireWireソリューションの公式サポートが発表

Metric Halo は、Apple® の27 インチThunderbolt ディスプレイ、Apple® Thunderbolt – Firewire アダプタまたはSonnet Technologies ™のEcho 34 アダプタとFireWire 800、Pro ExpressCard を経由して、ネイティブのFireWire ポートと同等のパフォーマンスでMetric Halo のI/O が使用できることを確認しています。

特徴

20150423_mh_2882backpanel

  • 24bit/96kHz、Mac OS X Core Audio対応の、高品位なオーディオ・インターフェース。
  • ファンタム電源付き8つのマイク/ラインアナログイン(4 XLR + 4 TRS)+8つのアナログアウト(TRS)。
  • 8ch ADAT I/O、AES/EBU、S/PDIFにより、他のI/O用AD/DAユニットとしても使用可能。
  • 独立ヘッドフォンアウト。パネル上でMute/Dim可能。
  • 内蔵DSPによるレイテンシーのほとんど無いミックス&ルーティング。80 Bit内部バス処理による比類なきクオリティ。
  • ミックス、DSPプラグイン処理、ルーティング設定を行うv.5 Mixer付き。設定のトータル・リコールも可能。
  • v.5 Mixerから、各チャンネルのトリムゲイン/レベルをリモート・コントロール可能。
  • BNCワード/スーパークロック端子付き(AES/EBU、S/PDIFからクロック同期も可能)。
  • 内蔵DSPによるミックス、ルーティング設定を、Logic、Cubase、dp、Pro Toolsのセッション情報内に保存する「Console Connect」AU/RTAS/VSTプラグイン付き。
  • 弦楽器収録など繊細なソースにはULN-2、ドラムには2882など、複数のMobile I/OをFireWireでカスケード接続し、1つのv.5 Mixerでコントロール可能。
  • 内蔵DSPによるレイテンシーのほとんど無いミックス&ルーティング。80 Bit内部バス処理による比類なきクオリティ。
  • FireWireバスパワーに加え、付属のACアダプタも使用可能。

 

 

将来性を保証したシステム

2001年、Metric HaloはFuture Proof(将来性を保証したシステム)として、Mobile I/Oを発表しました。それから他社がいくつもの製品を発表し、それらが捨てられ、使用されなくなっていく中で、Mobile I/O 2882は今でも業界で最高のFireWireインターフェースとして高く評価されています。

2003年には2基の高品位マイクプリアンプを搭載したMobile I/O ULN-2を発表。FireWireインターフェースでありながら”数十万円の単体マイク・プリアンプに匹敵するマイクプリアンプ”として高い評価を得ましたが、その地位は今でも変わっていません。

そして2008年。2882、ULN-2に増設/換装し、5倍ものDSPパワーを増強する2dカードと、数年に及ぶベータ・テストを得て完成されたMIO Console v5のリリースにより、トップクラスのサウンドと最先端の機能、そして柔軟性を、さらに長期に渡り提供します。Metric Haloの「Future Proof」な製品を作るというコミットメントの現れが、ここにあります。


 

Mobile I/O 2882 2d Expanded

通常価格
¥193,320

レビュー

Dave Davis, Media Designer & Mastering Engineer, Sound Images

デジタル・ハードウェア、ソフトウェアを問わず、購入後に価値が高まってくる製品なんてMIO以外に存在しない。2001年に購入したPro Tools Mixシステムは、新しいIntel Macでは全く動作しないし、古いマックでもTigerやLeopardでは使えない。同じ年に購入したMIO 2882+DSPは、最新のMacで起動するだけでなく、最新のHDシステムと同じぐらい音質もいい。Mixシステムの888/24よりずっといいのは、当然だけどね。

バージョンを重ねる毎にMIOは、仕様と機能を拡張してきた。2dの登場により、7年の歳月が経った2882+DSPが初回製造時よりパワフルになっている。しかも、Console v.5のおかげで、すべてのMIOがより柔軟に、簡単に使用出来るようになった。デジタル業界の奇跡だね!"

Marc Schonbrun, Guitarist - Author - Music Technology Educator, www.marcschonbrun.com

約8年前にMobile I/O 2882をリリースした時点で、Metric Haloには将来へのプランがあった。環境保護が流行する前から、Metric Haloはインターフェースそのものを買い替えなくても拡張可能な仕様を、設計に埋め込んでいた。オリジナルの2882は、いまでも時代の先を走っている。

今、2dのボードを装着すれば、最高の音質、最高のパワーを持ち、これまでで最も柔軟なFireWireオーディオ・プロダクトを手に入れることができるようになった。新しいMIO Consoleは本当に驚異的だ。Character機能のためだけにでも、アップグレード代を払う価値があるよ。これはただのアップグレードではない。まさに、生まれ変わりだ。

Steve Hilmy, composer, performer, music professor

7年前に私がMobile I/O 2882+DSPを購入したとき、すぐに一番使用頻度が高く、もっとも使いやすい機材になりました。さらに2dにアップグレードして以来、前より一層使いやすくなり、7年もの間、内在する価値を大きくできたオーディオ インターフェースは他に見たことがありません。

もしラップトップ、シンセモジュール、エフェクト ボックス、キーボード コントローラーが故障するか、盗まれた場合、性能が良かったり、より良い音質であったり、より早いプロセッサーを搭載した最新の機材に買い替えるでしょう。しかし、もし私の所有するMobile I/Oに同じことが起こった場合、定価の価格を払ったとしても即座に全く同じ物を購入します。この製品に変わるような製品はなく、またMobile I/Oの目立たない機能でさえ、同じことをできる他の製品はありませんし、それをエレガントにこなすことが出来る製品は、存在しないのです。

仕様・動作環境

MetricHalo Hardware動作環境

  • Mac: OS X 10.6.8-10.12
  • CoreAudio対応アプリケーション
  • FIreWireポートまたは対応カード/アダプタ経由でのFireWire変換ポート

*OHCIコンプライアントExpressCardまたはPCIe Card経由

*Apple Thunderbolt to FireWireアダプタ, Apple Thunderboltディスプレイ, Sonnet Technology Thunderbolt to ExpressCard アダプタ(およびFireWire Pro 800 ExpressCard/34)

*+DSPライセンスはMetric Halo Mio Console専用エフェクトのみ対応

同梱物

  • ACパワーサプライ
  • 電源ケーブル
  • FireWireケーブル(IEEE1394 9pin 4.5m)
  • FireWireケーブル(IEEE1394 9pin 0.5m)
  • 据え置き用ゴムパーツ
  • ラックマウントアダプター、ネジ
  • ドライバCD-R

 * FireWire 800ポートを搭載したPowerMac G4では、Mac側のFireWireの仕様によりMobile I/Oが正常に動作しません。該当機種での動作についてはサポート対象外となります。

* Mac Pro、MacBook Proなど一部のコンピュータでは、FireWireポートの仕様変更により、バスパワー接続時にMobile I/Oが起動出来ないケースが確認されています。これらのコンピュータでご利用いただく場合は、製品同梱のACアダプターをMobile I/Oに接続してご利用下さい。一旦Mobile I/Oの起動が完了すれば、その後はアダプターを取り外し、FireWireバスパワーでの継続使用が可能です。

TOPへ
Exact matches only
タイトルを検索
本文を検索
製品をさがす
Search in pages
ブランド名
コンテンツ
ソリューション提案
サポート情報