scroll

AE400 Active EQ
Flexible Dynamic Equalization

製品の説明

ダイナミクスに呼応する、アクティブ+スタティックのハイブリッドEQ。

20150304_McDSP_AE400

AE400は4バンドのアクティブ・イコライザーです。各バンドは他のバンドとオーバーラップさせることもでき、それぞれに固有のQ(バンド・ウィズ)とゲインのコントロールを装備しています。各バンドのキーフィルターにより、ゲインに呼応してアクティブになるレスポンスを調節することができます。入力信号またはサイドチェインの信号を、アクティブEQが働き始めるトリガー信号として設定できます。

ダイナミクスのグラフの下に表示される、各バンドに入るピーク信号の情報は、アクティブEQのスレッショルドを決めるのに役立ちます。入力と出力レベルの調整、バンド毎に設定可能なバイパス、バンド間のリンク、バンドのキーシグナルのモニタリング機能なども装備、高機能マルチバンド・イコライザーとしての完成度を高めています。

 

特徴

  • 4系統の固定またはアクティブ設定を選択できるEQバンド
  • バンド毎に設定可能なアクティブEQのパラメーター
  • AE400だけが持つレシオによるアクティブEQのコントロール
  • サイドチェイン入力
  • 192kHzまでのサンプリングレートに対応
  • 超低レイテンシー
  • モノとステレオのコンポーネントを用意

AE 400 Active EQ HD v6

通常価格
¥42,660

AE 400 Active EQ Native v6

通常価格
¥29,700

レビュー

Avid Blogsポスト: 『McDSPから登場した3つの新製品が32/64bit AAX DSP/Nativeに対応』

McDSPはAvid/Digidesignプラットフォームを、そのリリース当初から長年にわたりサポートしてきました。ソフトウェアおよびハードウェアのパワー、クオリティ、そして万能性を重視していたからです。TDM/RTASからAAXへ、このプラグイン・フォーマットの大きな進化はMcDSPにとってチャレンジであり、同時にチャンスでもありました。細心の注意を払い、コードとアルゴリズムを異なるフォーマットにポーティングする作業は、まさにチャレンジです。 しかし、それはAAXの仕様に秘められた可能性を探り新しいプラグインのアイデアへと繋がる、刺激的な機会でもあります。新しいAAXフォーマットがもたらす多くの素晴らしい機能と効率性がなければ、これから紹介する新製品をリリースすることはできなかったでしょう。

続きを読む

仕様・動作環境

McDSP 動作環境

  • Mac OS X 10.7.2-10.11
  • Windows 7-10
  • AAX DSP*、AAX Native、Audio Units(Logic 9,以降)、VST(各32/64bit: Cubase 7.x、 8.X、Nuendo 6.5以降)対応プラグイン・エフェクト
  • Pro Tools10.3.8以降または11.1.3以降。S3L(VENUE OS 4.1.3 以降)対応。
  • 最大サンプリング・レート:192kHz
  • *AAX DSPはHDライセンスが必要です。その他のフォーマットはNativeライセンスでご利用いただけます。

*CompressorBank、FilterBank、AnalogChannel、MC2000については、仕様変更によりV4以前の旧バージョン・プラグインを使用したセッションを再現できませんのでご注意ください。

その他基本的な動作環境は、ホストアプリケーションの動作環境に準じます。製品をご使用頂くにはiLok 2 USB Smart Key(別売)、無償で作成/ご利用いただけるiLok.comアカウント、インターネット接続環境が必要です(インストーラのダウンロード、およびオーサライズ時のみ)。製品の仕様・動作環境、および価格は、予告無く変更となる場合があります。

 

AE 400 Active EQ HD v6

通常価格
¥42,660

AE 400 Active EQ Native v6

通常価格
¥29,700

TOPへ
Exact matches only
タイトルを検索
本文を検索
製品をさがす
Search in pages
ブランド名
コンテンツ
ソリューション提案
サポート情報