scroll

SM9
The Reference

製品の説明

 *特別な記載がない場合、ラインナップの価格表記はスピーカー1本の価格となります。

ラージ/ニアフィールドを融合、相乗効果による高い性能と機能を実現したフラッグシップ・モニター・スピーカー。

SM9の発想は非常にユニークなもので、二つのモニターシステムを融合し、相乗効果により高い性能と機能を具現化しています。 現状、スタジオではトラッキング、ミキシングのクォリティあるいはミックスデータの最終再生音質をチェックするために複数のモニタリングスピーカーが設置されています。

しかし、厳密に言えば、スピーカーのスウィートスポットは1箇所しかありませんから、すべてのスピーカーを完璧なポジショニングで設置することは不可能に近く何らかの妥協を強いられているというのが実態ではないでしょうか。

高い音圧とダイナミックレンジを確保するためのいわゆるビッグモニターは、実は作業の10%程度でしか使用されていません。なぜなら、これらですべての作業をこなすのは耳の疲労を伴い、現実的ではないからです。よって、通常の作業はミッドフィールドまたはニアフィールドモニターで行う、というのが一般的です。これらは、大きなメインモニターより使いやすく、モニターとしての精度も高い傾向にあります。

さらに、NS 10やAuratone / Avantoneといったスモールモニターも多用されています。これらはカーオーディオや、ポータブルオーディオシステム、コンピューター再生など、特定の環境でのパフォーマンスをチェックするために使われています。

sm9_top500

Focal SM9は、このような現状を打破し、メインモニターとしてもミッド・ニアフィールドモニターとしても目的を叶えることができ、よりシンプルなスピーカー構成によるスタジオ構築を可能とするために誕生しました。

 

特徴

SM9の大きな特長は、3ウェイモニター (ベリリウム・ツィーター+ 6.5″ “W” ウーファー + 8″ “W” サブウーファー + 11″ パッシブラジエーター)と、2ウェイモニター(ベリリウム・ツィーター+ 6.5″ “W” ウーファー)が合体し、完璧にひとつのエンクロージャーに融合している点にあります。

3ウェイシステム・モードは再生周波数帯域30Hz~40kHzにおいて非常に高い解像度を実現すると同時に多様なアナログ信号制御機能を装備。レコーディング、マスタリングのほとんどの作業がストレスなく行えます。

また、2ウェイシステム・モードは周波数特性90Hz~20kHzというスペックで、TV、マルチメディアシステムなどを想定したミックスのモニタリング用に最適で、スモールモニターとしてご活用いただけます。特にEQやバランス調整の難しいミッドレンジの微妙なコントロールに威力を発揮します。

これら二つのモードの切替えは、サイドパネルにあるスイッチで簡単に操作できます。


 

 20150401_focal_18SM9に投入されたFocal独自のテクノロジー

 

ピュアベリリウム・リバースドームツィーター [TB872]

Focalのリバースドームツィーターは20年以上前よりFocalが一貫して採用してきた独自開発のツィーターデザインです。

ボイスコイルとドームの間のメカニカル結合の最適化によりコーンの表面全体を安定的かつ均一に駆動する結果、放射されるエネルギーはストレスも歪もなく均一に空気に変換されます。

カバーする帯域は5オクターブ(1,000~40,000Hz)にも亘り、最新のHDオーディオフォーマット環境においても、シームレスなモニタリングを可能とします。

SM9に搭載されている新開発のTB872ツィータードライバーは驚異的な磁気回路(2.1tesla)と新設計のボイスコイルを採用し、トランジアント、インパルス特性、ダイナミクスすべての面で歴代ベストのパフォーマンスを実現しています。


 

20150401_focal_19“W”コンポジット・サンドイッチ・コーン ウーファー・ドライバー

超軽量の構造材コアをガラス繊維シートでサンドイッチしたもので、ガラス組織の非常に長い繊維を驚く程精密に織り上げたことによる軽量でありながら、強度、剛性は抜群という利点を有しています。

同 サイズのアラミド繊維やケブラー織物に比較すると、より軽量に仕上がり、しかも高い剛性(約20倍以上)を実現することができます。また、樹脂とガラス の間の分子結合がアラミド繊維よりも大きいことに注目すべきで、それによってコーンの構造はより強固で均質なものとなるのです。

Focalがこのウーファーを開発して既に15年以上が経ちますが、質量、剛性、ダンピング性能というウーファードライバーにとって3つの重要な要素のパラメーターバランスが最も理想に近いものとして、現在も右に出るものがありません。


 

パッシブラジエーター

コンパクトなエンクロージャーで低域再生能力を向上させるために、パッシブラジエーターというソリューションがあります。SM9では、妥協を一切排除した”W”コーン採用のカスタムメイド・ラジエーターを搭載。エアフローノイズとは無縁のパワフルな低域再生を実現しています。


 

ハイパフォーマンス・テイラーメイド増幅回路

SM9では、低歪率のAB級パワーステージによりロー(400W)、ミッド(100W)、ハイ(100W)それぞれのチャンネル別にドライブしています。これにより、低レベルの音声信号のダイナミクスを損なわず、全帯域にわたりクリアかつ精細な再現力を実現します。

sm9impulsesm9frq_curvesm9frqcurve_focus


 

6つのアナログフィルター・パラメーター設定機能

sm9analoguesetting

  • ハイパス・クロスオーバー
  • 低域シェルビング
  • 高域シェルビング
  • 低域EQ
  • 中低域EQ
  • 中域EQ

SM9 L

通常価格
¥480,000

SM9 R

通常価格
¥480,000

仕様・動作環境

特性

   

周波数特性

3ウェイモード

30Hz – 40kHz (+/- 3dB) / 40Hz – 20kHz (+/- 1dB)

 

2ウェイモード[Focus]

90Hz – 20kHz (+/- 3dB)

最大音圧レベル

3ウェイモード

116dB SPL (peak @ 1m)

 

2ウェイモード[Focus]

106dB SPL (peak @ 1m)

クロスオーバー周波数

3ウェイモード

250Hz, 2.5kHz

 

2ウェイモード[Focus]

2.5kHz

 

トランスデューサー

 

パッシブラジエーター

11インチ(27cm) Focal “W”コンポジット・サンドイッチ・コーン・ピストン, エクストラワイド・リバース・サラウンド・ラジエーター

サブウーファー

8インチ(20cm) Focal “W”コンポジット・サンドイッチ・コーン

ミッドレンジ

6.5インチ(16.5cm) Focal “W”コンポジット・サンドイッチ・コーン

ツィーター

1インチ ピュアベリリウム・リバースドーム型 TB872

 

エレクトロニクス・セクション

 

入力

10kΩ バランスXLR

電源電圧

115V [6.3A fuse] IEC インレット100V駆動検査済

LF アンプ段

400W rms, class AB

MF アンプ段

100W rms, class AB

HF アンプ段

100W rms, class AB

 

ユーザー制御部

   

感度

リアパネル

+4dBu または -10dBu

ハイパスクロスオーバー

 

フルレンジ, 45, 60, 90Hz @-6dB

LFシェルビング(30Hz-250Hz)

 

+/- 3dB 0.5dB ステップ

HFシェルビング(4.5kHz-40kHz)

 

+/- 3dB 0.5dB ステップ

LF EQ

 

+/- 3dB 0.5dB ステップ @50Hz, Q fader = 2

Low-mid F EQ

 

+/- 3dB 0.5dB ステップ @160Hz, Q fader = 1

Mid F EQ

 

+/- 3dB 0.5dB ステップ @1kHz, Q fader = 0.6

電源スイッチ

 

パワー On/Off

スタンドバイ/ONスイッチ

サイドパネル

スタンドバイ On/Offスイッチ

モード切替スイッチ

 

Direct / Focus モード切替

インジケーター

フロントパネル

電源オン, クリッピング&デフォルト LED表示

 

   

キャビネット

22mm~30mm厚ブラックナチュラルウッド(トップ&ボトム)ブラックボディ (内部に補強構造あり)

サイズ

H320 W490 D390 mm

重量

35kg

TOPへ