scroll

Kick-Ass Brass!
THE ULTIMATE VIRTUAL HORN SECTION

製品の説明

ブラス専用インストゥルメント

Kick-Ass Brass!は、サンプル・ライブラリーの老舗、AMG社が自信を持ってお届けする、ブラス専用インストゥルメントです。ホーン・セクションの編成を自由に選べる8マルチ・ティンバー仕様のKick-Ass Brass!を使えば、さまざまなブラス・アレンジを行うことができます。

ジェームス・ブラウンのようなファンキーなホーンが欲しい時は、テナー、アルト・サックスとトロンボーンの3管編成。モダンなソウル・チューンの場合は、トランペット、テナー・サックスとトロンボーンの3管編成。勢いのあるロックには、フルの4管編成。そんな選択の自由があるだけで、アレンジの幅がずっとひろがりますね。

20150521_amg_KickAssBrass-Big

Kick-Ass Brass!を使ったCM

実際にKick-Ass Brass!を使ったCMです。そのリアルな表現をご確認ください。


 Kick-Ass Brass!のサウンド

それぞれの管楽器が生み出すことのできる音色には限りがありませんが、この製品には、真実味のあるホーン・セクションを再現するのに必要な素材を漏らさないよう、細心の注意をはらいました。

各楽器とも、ビブラート、スタッブ、フォール、トリル&シェイクなど、1楽器につき17種類のバリエーションを収めているので、「管楽器のソロフレーズは、いろいろなサンプルを組み合わせて構築する」といった、プログラミング技術のある方も存分に腕を振るうことができるでしょう。

Kick-Ass Brass!の8パートに、ビブラート、スタッブ、スウェルといった同じ楽器の奏法バリエーションを収めたパッチをロードすれば、まずメイン・パッチでフレーズをレコーディングして、奏法を切り替えたいMIDIノートだけMIDI Chを変更する、といったプログラミングで、表現力にあふれたトラックが実現します。

特徴

自然なフレージングを再現可能な、スラー・サンプル

20150521_amg_Legartほとんどのプログラムがヴェロシティ・スイッチを使っていますが、その中でも特徴的なのは、mf、ff、SLR (スラー) と3つのサンプルを用意しているプリセットです。

SLRは中くらいのヴェロシティで再生されるサンプルで、単体で演奏すると少し奇妙に聞こえるかもしれませんが、フレーズを演奏してみると、前の音と自然につながるスラー効果を発揮するようにプログラミングされています。この方式により、駆け上がりフレーズを演奏するとき、最初の音は強いヴェロシティでアタック音を強調し、2音目以降は中くらいのヴェロシティでスムーズにつながったレガート演奏を行う、といったことが簡単に行えるようになりました。

このスラー・サンプルの効果は、絶大です。サックスを1音1音サンプリングしたものをつなげると、どうしても「パパパパ…」とアタック音が各音に重なることになりますが、このスラー・サンプルをレイヤーしたプログラムを演奏すると、「パラララ…」と「フレーズを一息で吹く」管楽器ならではの表現力を再現することができるでしょう。


現代のホーン・セクションに欠かせないサウンドを網羅。

  • トランペット
  • ミュート・トランペット
  • アルト・サックス
  • テナー・サックス
  • バリトン・サックス
  • トロンボーン

表現力にあふれたブラスアレンジを可能にする、1楽器あたり17種類のバリエーション。

  • 20150521_amg_17Full:mf、ff、スラーをレイヤー。強ベロシティのアタックと、中ベロシティのスラーをつなげるだけで、「パラララ…」とフレーズを一息で吹く管楽器ならではの表現を再現可能。
  • Expression:ファンキーで生き生きとしたサウンド。
  • Vibrato:長めのビブラート・サウンド。
  • Slides:スライド・サウンド。
  • Stabs:長短スタッブ・サウンドをベロシティ・レイヤー。
  • Rips and Falls:リップと、2種類のフォール・サウンドをベロシティ・レイヤー
  • Swells:スウェル・サウンド。5種類の長さを収録。
  • Ends:エンディングに最適な、長めのビブラート・サウンド。
  • Trills + Shakes:トリル & シェイク。

特徴

  • 1楽器の各奏法を配置した、ソロ演奏用セクション・プリセット付き。
  • トロンボーン、サックスの1オクターブ上にトランペットが配置された2オクターブ・セクションなど、マルチ・セクション・プリセットも多数用意。
  • 各パラメーターにはMIDI CCを自由にアサイン可能。
  • ソロ演奏時に最適なモノ・モードと、グライド・モードを装備。
  • 各楽器は、Neumann U89、Neveプリアンプを使って、半音もしくは1音間隔でサンプリング。
  • スタンド・アローン、AU/RTAS/VSTプラグイン(32ビットのみ)として起動可能。

レビュー

- Chris M, Hollywood, USA

"ハリウッドの映画音楽仲間みんなに勧めているよ。Kick-Ass Brass!を使って作ったトラックを聴いた人は、一人残らず、「最高のセッション・プレイヤーだね。いったい、誰を雇ったんだい?」と聞いてくる。で、それがプラグイン・インストゥルメントだと知ると、みんな口をあんぐりさせて驚くんだ。市場には、AMGよりも有名なメーカーがたくさんあるけれど、ポップ・ブラスに関しては、Kick-Ass Brass!が抜きん出ているね"

- Sound On Sound, UK

"楽曲の中で使うと弱々しく、情けない感じになるブラス集が多いが、Kick-Ass Brass!を適切なハーモニーで重ねると、ソリッドでしっかりとしたブラス・セクションができる"

仕様・動作環境

AMG 動作環境

*KickAssBrass!

  • Mac OS X 10.6.8-10.11
  • Windows 7/8
  • AU、VST (2.4)、RTAS(Pro Tools 8~10)、スタンドアローン対応 各32bitのみ、64bit非対応

  • 1GB以上の空きメモリ

*スタンドアローン動作時にはCore Audio(Mac)/ASIO(Win)ドライバー対応のオーディオ・インターフェースが必要です。

その他、プラグイン起動時の基本的な動作環境は、各ホスト・アプリケーションの動作環境に準じます。製品をご使用いただくにはインターネット接続環境が必要です(インストーラのダウンロード約1GB、およびオーサライズ時)

(オーサライズには48時間ほどお時間がかかる場合がございます)

製品の仕様・動作環境、および価格は、予告無く変更となる場合があります。

TOPへ